書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

この本一冊で、理科が面白いほど解ける65のルールで子どもに教えたくて。 実験や身近な例でとてもわかり
2017:06:29:14:48:21 2017.06.29更新
発音に関して私が出会った最高の教材です。 まさに明晰!学校で教科書として使用すれば子どもたちの英語力
2017:06:29:14:29:13 2017.06.29更新







明日香出版社について
TOPページ >>
 ビジネス書 >>
 経済・業界 >>
 トヨタのことがマンガで3時間でわかる本
経済・業界
トヨタのことがマンガで3時間でわかる本
トヨタのことがマンガで3時間でわかる本
この本の感想を書く
著 者
森田 慶子
定 価
1400円+税
初版発行
2008.4.8
ISBN
ISBN978-4-7569-1183-4
ページ
228
版 型
A5並製

・紹介文

「がぶり! トヨタ」(03年9月発行)の改訂版。トヨタは2007年3月期に日本企業初の営業利益2兆円超企業になり、最新の2007年第3四半期(10~12月)でも、営業利益・純利益とも四半期として過去最高を出し記録を塗り替えている。

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次


第一章 強さの秘密、トヨタの「DNA」を徹底解明
 1. 官公庁も教えを請うトヨタの「DNA」
 2. 企業文化のグローバル化「トヨタウェイ2001」
 3. 発明家から引き継ぐ精神「Challenge=挑戦」
 4. 決して現状に満足しない「Kaizen=改善」
 5. 机上の空論を嫌う「Genchi Genbutsu=現地現物主義」
 6. 人間の可能性を信じる「Respect=尊重」
 7. 全体を見る者がいるから可能「Teamwork=チームワーク」
 8. 税金で日本を支える五十年以上の黒字経営
 9. 苦い経験から生まれた強い財務体質「トヨタ銀行」
 10. 失敗こそが財産。失敗を伝承する企業文化
 11.「自前主義」で生み出す、国と会社の誇りや資産
 12. 買える客をつくりだせ! 営業の環境づくり
 13. つくり手都合を控えて「一にユーザー…」
 14. 品質劣等生が工夫を重ねて「品質のトヨタ」
 15. 先を行ける自信があるから、惜しみなくノウハウを公開
 16. 普及こそ力。量産化で時代を動かす
 17. 現場のひとりひとりを大切に「モノづくりは人づくり」
 18. 役員が率先する「全員参加」
 19. 大企業ながら風通しよく情報を共有して「ヨコテン」
 20. 不可能を可能にするネバー・ギブ・アップ

第二章 企業も人も勝ち残る術は「改善」
 21.「改善」成功のポイントは現状観察と具体的な目標
 22. 問題を知らないほうが問題。「問題の顕在化」
 23. 経営を意識した改善「もうけるIE」
 24.「原価を丸裸に」すれば見つかる改善の余地
 25. 価値を生まないものは要らない「七つのムダ」
 26. ムダを生み、隠す「つくりすぎのムダ」
 27.「在庫のムダ」を生む「見かけの効率と真の効率」
 28.「目のある省人化」で人材を有効活用
 29. 仕事の増減に柔軟対応「省人化」から「少人化」へ
 30. 削れるムダが見えてくる「手待ちのムダ」
 31. 人の能力を最大限に生かす「多工程持ち」
 32.「動き」を「働き」に変えて、なくせ「動作のムダ」
 33. せずに済ませたい「運搬のムダ」
 34. その作業は本当に必要か?「加工そのもののムダ」
 35. 企業の命取りになりかねない「不良をつくるムダ」
 36. 本質的解決のために「『なぜ』を五回繰り返せ」
 37.「目で見る管理」問題と解決法をみんなで認識
 38. 試さずに除外するな「タブーの排除」
 39. 安全と迅速化を生む「四S」。整理・整頓・清掃・清潔
 40. よく話し合うことが生む、仲間意識と改善への向上心

第三章 個客の時代に応えるには「トヨタ生産方式」
 41. 右肩下がりの時代には「トヨタ生産方式」
 42. 儲かる価格で売らず、売れる価格で儲けろ!
 43. 必要なものを必要なときに「ジャスト・イン・タイム」
 44. 逆転の発想から生まれた「後工程引き取り」
 45. 現場による現実的な生産指示書「かんばん」
 46. 変化への対応力をつくる「一個流れ」生産
 47. 在庫のたらい回しをなくす「平準化」
 48. 多種少量生産に不可欠な「段取り替え」の短縮
 49. ムダに動かさずに止めろ! 機械の「稼働率」と「可動率」
 50. 生産効率向上のよりどころは「標準作業」
 51. 標準作業の時間要素は「タクト・タイム」
 52. 標準作業の作業内容は「作業順序」
 53. 標準作業の仕掛品数は「標準手持ち」
 54. 手待ちオーバーを規制するフルワーク・システム
 55. ラインの工夫で、かかる時間と人を減らす
 56.「バトンタッチの妙」を邪魔する「離れ小島」
 57. スムーズな動きのサポーター「水すまし」
 58. 人の判断力でムダをストップ「ニンベンのある自働化」
 59.「ラインストップを恐れるな」。「アンドン」で異常を知らせよ
 60. 一人一人が検査員。「品質は工程でつくりこむ」

第四章 右肩下がりの時代に逆に飛躍した「革新トヨタ」
 61. バブルに踊らず、改革へ向けて第一歩
 62.「なにも変えないことが最も悪いこと」変革のリーダー立つ
 63. 非効率的な体質の改善「ハンコ三つ運動」
 64. クビを切るなら自らも。それがトヨタ流経営
 65. 逆ピラミッド時代に先駆け「組織のフラット化」
 66. 常に痛みは上から「チャレンジプログラム」
 67. 新たな人材像づくり「T字型人材」
 68. 働き方の意味を問い直した「いきいき委員会」
 69. 社内を刺激した社長直轄ベンチャー組織
 70. 若者とヨーロッパを魅了した、トヨタらしくないトヨタ車
 71. 新しいトヨタのイメージをつくる、F1への挑戦
 72. 客との新たな接点、ウェブサイト「GAZOO」
 73. 売る時代から客に選ばれる時代へ
 74. 販売店に変革を迫る、新たな販売網戦略
 75. 未来のインフラ整備、ITS研究
 76. 遅れながらも間に合った中国進出戦略
 77. 環境への取り組みはみんなが認めるナンバーワン
 78. 部品調達から販売まで隅々まで考え抜いた環境貢献
 79. 環境問題への対応はビジネスチャンス!
 80. 地元と地球を愛して「愛知万博」支援

第五章 世界を驚かせたハイブリッド車 「プリウス」開発物語
 81. ハリウッドスターを魅了した次世代車「プリウス」
 82. 夢を追う血が騒ぐ、二十一世紀の車開発プロジェクト
 83. 車両開発は未経験。意外なチームリーダー誕生
 84.「開発の仕方から開発せよ」新たな車づくりの模索
 85. メーリングリストも活用、スピード重視の即決
 86. 地球の未来を見据えて、テーマは環境
 87. 燃費二倍を目指したハイブリッド選択
 88. いいとこどりのハイブリッドシステム
 89. ピクリとも動かない、コンピュータだらけの車
 90. 一日二十四時間、眠らないテストコース
 91. 未来の形を求めて二十一世紀デザイン
 92. 一度は捨てられた好燃費エンジンの復活
 93. 次世代の主役、モーターづくりに燃える
 94. もう進むしかない、九ヵ月も早い技術発表
 95. これならいける! 自信の試走
 96.「二十一世紀に間に合いました」鮮烈なデビュー
 97. 力をアップして、世界へデビュー
 98. 大型車をも動かせる、次なるシステムへの挑戦
 99. 自信のパワー、常に余裕のバッテリー
 100. 二代目プリウスでトヨタが開く地球の明日

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/278
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊
松下幸之助のことがマンガで3時間でわかる本
松下幸之助のことがマンガで3時間でわかる本
著者/吉田 浩
定価/1500円+税

ビジネスマンのための、いつも「ぐっすり」眠れる本
ビジネスマンのための、いつも「ぐっすり」眠れる本
著者/著:岡本 八大  監修:白濱 龍太郎
定価/1400円+税

CD BOOK 台湾語が1週間でいとも簡単に話せるようになる本
CD BOOK 台湾語が1週間でいとも簡単に話せるようになる本
著者/著:趙 怡華  監修:陳 豐惠
定価/1600円+税

相続のことがマンガで3時間でわかる本
相続のことがマンガで3時間でわかる本
著者/西原崇/山内亘/山田麻美
定価/1500円+税