書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

字ばかりがギッシリと記載されていなかった。 解説がわかりやすく、英語を勉強する気がでた。
2016:12:08:10:51:59 2016.12.08更新
6年女子が 理科好き、本を読むのが好きな子なので、読書として使えそうなので購入。 解説→問題→得話と
2016:12:08:10:29:16 2016.12.08更新






明日香出版社について
TOPページ >>
 ビジネス書 >>
 雑学 >>
 自衛隊のことがマンガで3時間でわかる本
雑学
自衛隊のことがマンガで3時間でわかる本
自衛隊のことがマンガで3時間でわかる本
この本の感想を書く
著 者
深川 孝行
定 価
1300円+税
初版発行
2004.2.29
ISBN
ISBN4-7569-0752-0
ページ
232
版 型
A5並製

・紹介文

日本は自衛隊派遣という歴史的な決断をしました。これは日本が今後、国際政治を行う上での重要なキーワードとなります。賛否両論ある政策ですが、本書は中立な立場で改めて自衛隊について考えるきっかけを与えます。

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次

● 第1章:自衛隊はイラクになぜ、何のために、何をしにいくのか
 灼熱のメソポタミアで汗をかく
101:「日本を守る」がモットーの自衛隊なのに
    人道復興支援が目的の"軍服"を来た平和の使者
102:「PKO」ではない?水色の帽子も被らない?
    国連のではなく、米英の要請で派遣した日本
103:「人道復興支援」って何をするのか。
    「修理」「水道」「治療」「輸送」が作業の中心
104:政府が強調する「非戦闘地域」とは
    要するに、危険が沢山ある「安全な場所」
105:派遣先はイラク南部の荒涼たる田舎
    選んだ決め手は「安全だから」
106:「イラク特措法」がないと自衛隊は派遣できない
    法治国家だから隊員の「箸の上げ下げ」も法律に描き込む!?
107:持っていく武器は海外派遣史上最強!
    手榴弾連続発射銃搭載の装甲車に対戦車砲、バズーカ砲より強力なドイツ製ロケット
108:それでも戦車、戦闘機といった重武装で身を固めない
    自衛隊はドンパチに行くわけではない
109:派遣される隊員の数は1000人以上
    でも陸自隊員は「600人以内」と決められている。
110:自衛隊にとって初体験の「砂漠戦」だけに個人装備も大変更
   「迷子防止」の携帯式カーナビは必需品

●第2章:派遣部隊がイラクに到着し、日の丸を掲げる!:任務の中身
求められる国際貢献と日米同盟
201:派遣部隊全員が一度に行くわけではない
    まずは現地の安全と受け入れ状況をナマで確かめる
202:ゲリラより恐い?不発弾や放射能
    戦争中に米軍が使った弾には「ウランのかす」が詰まっている。
203:「医療」まずは現地住民の健康管理で人心掌握
    "軍服"を着たお医者さんたち
204:「水道」1日2万人分の飲料水を「汚水」から製造
     自衛隊が作る「サマワの天然水」?
205:「修理」崩れた学校、穴だらけの道路の補修
    PKOで実績を上げた日本人お得意の「丁寧な仕事」
206:「輸送」大型輸送艦や輸送機をフルに動員
    梅干から「エロ本」?まで空輸
207:戦闘が激しくなったら「撤退」
    「危険度」を4つのレベルに分けて避難する
208:日本の新聞記者が助けを求めに来たらどうする?
    かなり微妙だが、PKOでも使った「情報収集」で出動か
209:隊員がイラクで死亡交通事故を起こしても無罪!?
    「業務上過失致死」で罰せられない
210:では住民を間違えて射殺したらどうなるのか
    "兵士"という職業のプレッシャー

●第3章:まだあるイラク人道復興支援大いなる疑問
賛否両論結構だが、実際に神経すり減らすのは自衛隊員
301:自衛隊を「後方支援」する民間企業
    「日本株式会社」の機動力は軍隊以上?
302:"戦死"した場合は2億円以上の補償金
    政府支払い額は1億円の大台突入
303:特別手当は最高1日2万4000円
    3ヶ月満了で150万円は、安いか高いか
304:派遣隊員の1日は?土日はあるの?
    "戦地"だからこそ休養は必要
305:非番の街中見物にも銃を携行?
    ゲリラは常に狙っている
306:タンクトップの女子隊員がビール片手にトンカツ
    絶対にやってはいけないイスラム社会のタブー
307:イラク派遣で得られるもの
    米国への忠義と国連安保常任理事国への切符
308:支援経費は国連や米国に請求する?
    一部はイラクの石油でバーターというが
309:期限は"一応"2004年のクリスマス前まで
    派遣部隊は3ヶ月ごとに交代
310:サマワ住民が望むものは「働く場所」と「特需」
    自衛隊員が「サンタクロース」に見えてきた

●第4章:最悪シナリオ「イラクで自衛隊が攻撃されたらどうなる」
考えたくはないが考えなければならない問題
401:ゲリラは「孫子の兵法」に従い、待ち伏せ攻撃
    防御の弱い輸送部隊を狙うのが軍事の常識
402:初陣飾る「8輪装甲車」も敵の対戦車ロケットには無力
    本格的な防御策もせずに「見切り発車」か
403:自衛隊は、撃ち返せるが「追い討ち」はご法度だ!
   「正当防衛」の理念は国内の警察と全く同じ
404:自衛隊を守るのはオランダ軍
    でも武装した「味方」を運ぶと「集団的自衛権」に引っかかってダメ!
405:自衛隊員がゲリラの捕虜になった
    現地部隊は自力奪還を要望、政府は判断に苦慮
406:笑顔で近づいてきた男の体には爆薬がびっしり!
    ベトナム戦争では米軍も悩まされた究極のゲリラ戦
407:基地は「アパッチ砦」のように厳重に取り囲む
    トラック自爆テロへの対応は万全か
408:空自輸送機を狙う「女性でも撃てる対空ミサイル」
    急上昇、急降下、急旋回、そして「火の玉」。曲芸飛行で振り切れ!
409:「サムライの国」から来た"軍隊"ついに反撃
    不審者の逮捕や尋問、特殊部隊による奇襲や情報収集は
410:島国育ちの武器は砂漠で役に立つのか
    心配される砂ぼこりの目詰まり

●第5章:自衛隊とは何だ。その歴史と体質
日本最大の国家公務員組織
501:自衛隊はなぜ「軍隊」ではないのか?
    憲法が禁止しているために編み出した「軍隊に似た武装公務員」
502:憲法では戦力保持を禁止しているのに存続・増強される
    国土を守ることは独立国として当然の権利
503:自衛隊の生みの親は「マッカーサー」?
    朝鮮半島で戦争起こり本土防衛の部隊が必要に
504:すでに50年前に海外派遣を経験していた!
    朝鮮戦争に海上保安庁が"出陣"、後の海自発足につながる
505:「防衛庁」と「自衛隊」の違いは?防衛施設庁って?
    基本は同じで、「お役所」と「実戦部隊」で言い換えただけ
506:自衛隊の最高指揮官は内閣総理大臣
    これぞ「シビリアンコントロール」そのもの!
507:陸海空、実は犬猿の仲?
    アメリカナイズの空自、旧海軍以来の伝統誇る海自、地元意識強い陸自
508:「防衛大学校」はエリート養成学校
    政府がお小遣いまでくれる、れっきとした「国家公務員」
509:防衛庁内で幅を利かす警察OB「背広組」
    シビリアン・コントロール(?)で「制服組」をチェック
510:日本の守る主役は自衛隊、それとも米軍?
    日米安全保障条約の中身

●第6章:自衛隊の組織と生活
わが国最強の体育会系組織の朝・昼・晩
601:1万人もいる花の女性自衛官
    過去の最高位は?出産休暇は?銃を持って突撃するの?
602:自衛隊の給料は世界一!?
    世界で戦う米軍より高い
603:落下傘降下は1回6650円、爆弾処理1時間110円
    「安い」のから「高い」のまであるさまざまな「特別手当」
604:選挙権はあるの?
    現職自衛官がそのまま大臣や市長になれない
605:入隊は今や競争率10倍の狭き門
    モー娘。まで動員して若者にアピール
606:敵前逃亡した隊員は「銃殺」?
   「軍隊」ではないから、かなり緩め
607:日頃は訓練に明け暮れ、災害時にはすぐさま出動
    昔は田植えの手助けもしていた
608:「空自エアライン」が全国に定期便
    入間基地を本拠地に自衛隊の「羽根」を演じる
609:PKO以外にも世界約40カ国に隊員を派遣
    「防衛駐在官」は世界公認の"スパイ"
610:何とか3曹までたどり着けば、53歳まで悠々自適?
    自衛隊のユニークな昇進制度

●第7章:巨大な自衛隊の各組織拝見
やはり一般の役所とは訳が違う
701:「普通科」「特科」「施設科」って一体何だ?
    軍隊色を薄めようと知恵を絞って造語を乱発
702:選りすぐりのエリート部隊「空挺団」は陸自最強部隊
    敵前に落下傘で舞い降りる勇者達
703:陸自の柱、普通科部隊は創設以来の体質改善まっしぐら
    「旧ソ連軍との戦い」からテロ・ゲリラ対応重視へ
704:普通の役所と変わらないデスクワークの人たちも結構多い
    防衛庁職員
705:「軍艦マーチ」を演奏したり、自衛隊内部のスパイを捕まえたり
    ちょっと「変り種」の部隊たち
706:現代の忍者が登場!空挺部隊からさらに選りすぐった「対テロ・チーム」
    教育は米英軍じこみ。陸、海それぞれが持つ
707:放射能漏れ事故では「自衛隊反対」の野党さえ出動を望んだ
    核;細菌;化学戦の専門部隊;化学防護隊
708:出動要請に備えて常に臨戦態勢の海自航空隊
    1分早ければ1人助かる
709:格納庫で日向ぼっこ
    スクランブル発進待機の空自パイロット
710:敵に負けない武器を造れ!
   「ハイテク日本」の威信を懸けて研究開発する技術研究本部

●第8章:自衛隊の装備する武器はどれも世界超一流
経済大国だからできる「正面装備豪華主義」
801:8億円!?「戦車のロールスロイス」90式戦車は世界最高
    大砲は120ミリ。北朝鮮の戦車の弾など跳ね返す!?
802:ひと月にたった1両しか造らない90式!
    注文生産で職人が丹精こめて仕上げる
803:戦車とどこが違うの?巨大な大砲を積んだ「自走砲」
    直径15センチの弾を30キロも飛ばして援護射撃だ
804:"歩兵"の恋人、「98式小銃」の弾の大きさは約5ミリ!
    隊長の身の安全を考えて、サブマシンガンもわざわざ国産で新調
805:先進諸国さえヨダレをたらす空自の豪華絢爛な航空機たち
    世界最強のF-15に、空飛ぶレーダーE-767
806:国産F-2戦闘機は「米国にセクハラされたようなもの」
    独自開発に横槍された挙句の妥協作
807:米海軍に次いで世界第2位!?海自の実力
    イージス艦やP-3C100機体制
808:海自悲願の航空母艦いよいよ登場か!?
    空母ではない。新型護衛艦だ、と叫ぶが…
809:テポドンを叩き落す「ミサイル防衛」MD
    現代版「万里の長城」に数兆円を注ぐ
810:戦闘機は100億円、潜水艦280億円…そもそも武器っていくらするの?
    どれもこれもみんな世界のトップクラス

●第9章:自衛隊が戦ったら強いのか弱いのか
カタログ上は立派だが、戦争が長引けば補充が続かない
901:自衛隊はただ今24万人の大所帯なり!
    それでも中国の10分の1、北朝鮮の4分の1、韓国の半分
902:日本の防衛予算は何と年間5兆円
    札束で戦えば米国に次いで世界第2位の強さ
903:日本防衛の"かなめ"!陸自の"兵力"は15万人
    11コの「師団」を核に全国くまなく配置
904:宿敵ソ連がいなくなっても北海道には戦車師団が配備
    広い演習場が他にはないというお寒い事情
905:すわ戦争!しかし補充できる"兵力"はたった5万人足らず
    予備自衛官の拡充を急ぐ
906:北海道から急いで戦車は来られない
    主さ50トンの"クルマ"では通過する橋が落ちてしまう。
907:「大艦巨砲主義」の海自が逃げ足速い不審船対策に四苦八苦
    「巨象」が「ネズミに」になめられないために
908:敵機は撃墜できても意外と爆弾攻撃は苦手
    専守防衛の"空軍"は海を越えた爆撃作戦などもってのほか
909:貧弱な自衛隊の輸送部隊
    「後方支援」は戦いを続けるための生命線だが
910:「偵察衛星」がようやく打ち上がる
    軍事情報の「のぞき見」には効果あるが、肝心なのは分析力

●第10章:日本の緊急事態に太刀打ちできるのか
北朝鮮のゲリラ侵入、不審船、イスラム急進派テロ
1001:武装した不審船が日本の領海に侵入してきた
     海自が海保と協力しながら強力な武器で一気に解決する
1002:原発にハイジャック犯が突っ込もうとしたら
     ゲリラの上陸侵入よりも怖いが、より現実的
1003:逃げ惑う住民と進撃する自衛隊で溢れかえる国道をどうさばく
     いまだに解決されない難問
1004:周囲を普通科部隊が包囲し精鋭部隊がゲリラを締め上げる
     戦車、対戦車ヘリも動員するが、最後は接近戦
1005:対馬や隠岐にゲリラが立てこもる
     警察力では無理。ヘリや艦艇を駆使して掃討作戦
1006:今までは道路に陣地を造ったり、野戦病院で負傷者を治療すると罰せられた!?
     法律の手直しで自衛隊は自由に動き回れる
1007:戻ってみたら我が家が陣地に様変わり!
     補償するとはいうけれど…
1008:機動隊でも手に追えない大暴動には自衛隊だって出動するかも
     「防衛出動」「治安出動」は伝家の宝刀
1009:「北朝鮮」よりも「ビン・ラディン」に用心?
     陸自が急ぐ第1師団の「市街戦専門部隊化」構想
1010:首都を「人質」にゲリラが大暴れ!
     第1師団が主力に立ち、空挺団、ヘリ空中旅団が加勢

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/1033
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
著者/横山 信治
定価/1400円+税

改訂版 はじめての会社経営100問100答
改訂版 はじめての会社経営100問100答
著者/出口秀樹税理士事務所:編著  出口 秀樹/福澤 康弘/中村 明博:著
定価/1600円+税


やり抜く技術
やり抜く技術
著者/伊東 泰司
定価/1500円+税

CD BOOK 超英語思考トレーニング
CD BOOK 超英語思考トレーニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1600円+税