明日香出版社について
TOPページ >>
 ビジネス書 >>
 雑学 >>
 山内一豊のことがマンガで3時間でわかる本
雑学
山内一豊のことがマンガで3時間でわかる本
山内一豊のことがマンガで3時間でわかる本
この本の感想を書く
著 者
津田 太愚
定 価
1300円+税
初版発行
2005.10.31
ISBN
ISBN4-7569-0927-2
ページ
224
版 型
A5並製

・紹介文

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康・・・で、山内一豊って? 戦国時代の武将は数あれど、この人物について語れる人はどれだけいるでしょうか? そして今なぜ「功名が辻」なのでしょうか? 一豊を知ることでその謎はとけるかも・・・しれません。

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次


●第1章
山内一豊と千代の人生をまるわかり【華やかではないが、味わい深い人生だった】

●第2章
若き日の山内一豊の活躍は…?【金ヶ崎城の戦いで、顔に矢が刺さった!】

●第3章
千代と結婚して、家臣を食べさせる貧乏時代【大きな活躍もできず、貧乏のまんまだった】

●第4章
内助の功だ。千代のヘソクリで名馬を買う【馬を誉めた信長が本能寺の変で死す】

●第5章
秀吉の天下取りへ道につき従うが…【山内一豊もついに掛川6万石の城主となる】

●第6章
戦国時代を飾った武将たちをご紹介!【ここでちょっと小休止。登場人物コーナー】

●第7章
朝鮮出兵で世の中が混乱の中、秀吉、死す
【石田三成の台頭と家康の天下取りの秘策】

●第8章
小山の軍議で山内一豊の決断は?【千代の知恵と一豊の起死回生の発言】

●第9章
両軍のメンバーと配置を紹介しよう【山内一豊は毛利への警戒と予備隊だ】

●第10章
意外に善戦する西軍に、家康は苦戦する【山内一豊はやっと出番が来るが…】

巻末付録 戦国時代年表

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/780
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊

人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
著者/鳥谷 朝代
定価/1400円+税

西郷隆盛その生涯
西郷隆盛その生涯
著者/不破 俊輔
定価/1500円+税

世界標準の仕事の教科書
世界標準の仕事の教科書
著者/福留 浩太郎
定価/1400円+税

CD BOOK 超英語思考リスニング
CD BOOK 超英語思考リスニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1650円+税