書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

入院中でもスラスラとすぐに読んでしまいました。 もう一度読みながら、メモをしていこうと思っています。
2017:07:24:17:22:25 2017.07.24更新
タイプ別に解決策が記載されていてシンプルに読みやすくなっていて、とてもわかりやすかったです。
2017:07:24:14:12:24 2017.07.24更新








明日香出版社について
TOPページ >>
 ビジネス書 >>
 企画・マーケティング >>
 そろそろWeb3.0
企画・マーケティング
そろそろWeb3.0
そろそろWeb3.0
この本の感想を書く
著 者
Team Weboook
定 価
1500円+税
初版発行
2007.6.30
ISBN
ISBN978-4-7569-1094-3
ページ
版 型
A5並製

・紹介文

Yahoo!やGoogle、mixiなどを生んだ、Web社会の立役者とも言える大学生世代が、豊かな発想力と膨大な研究材料を基にWeb3.0社会を日常生活や社会学を見地として図版やイラストと共に述べていく。IT関連のビジネスに携わる人、また、インターネット世界の今後に着目している人にとっては、興味をそそる本であることは間違いない。

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次

"
はじめに

第1章 Web2.0がもたらした15の可能性 ―― What was Web2.0
 1.ロングテール
 2.Google検索
 3.ターゲット広告とパーソナライズ
 4.SEO
 5.ブログ
 6.SNS
 7.CGM
 8.集合知
 9.フォークソノミー
 10.RSSとAtom
 11.オープンソース
 12.ブロードバンド化
 13.Ajax
 14.ウェブアプリケーション
 15.マッシュアップ

第2章 Web2.0の先へ行くために求められる14のもの――What is needed to be Web3.0
 1.ネット上商取引への信頼
 2.情報への信頼性
 3.有機的な知識の情報化
 4.悪意を持つユーザーへの対応
 5.インターネットへの常時接続
 6.一部での匿名性の『喪失』
 7.フォークソノミーの進化
 8.ページランクへの信頼性・ユーザーの介入
 9.言語の壁・国境の壁・用語の壁
 10.ページごとの互換性、システムの統一性
 11.メジャーでないページへのたどり着きにくさ
 12.“信頼”の価値
 13.リッチユーザーインタフェース
 14.文書の要点や構成の分かりにくさ

第3章 Web3.0によってつくられる15の世界――What is to be Web3.0
 1.ネット上に別世界
 2.“信頼”と言う名の世界通貨
 3.ネット上研究所で共同開発・研究
 4.SNSやブログからの電子出版の書店
 5.ネット上情報を用いた同時翻訳システム
 6.持たざる者へ""信頼""を投資する
 7.情報は賞金首、専門家は賞金稼ぎ
 8.アーティストが困らないポッドキャスティング
 9.どんなものでもピンポイント検索
 10.ネットが自分で情報を構成・構造化
 11.現実の友人にネット上で遭遇
 12.ネット上で里帰り・旅行
 13.学校も会社もネットの中!?
 14.絶対に迷わない地図
 15.そして、現実世界も変わる

さいごに"

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/1146
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊
松下幸之助のことがマンガで3時間でわかる本
松下幸之助のことがマンガで3時間でわかる本
著者/吉田 浩
定価/1500円+税

ビジネスマンのための、いつも「ぐっすり」眠れる本
ビジネスマンのための、いつも「ぐっすり」眠れる本
著者/著:岡本 八大  監修:白濱 龍太郎
定価/1400円+税

CD BOOK 台湾語が1週間でいとも簡単に話せるようになる本
CD BOOK 台湾語が1週間でいとも簡単に話せるようになる本
著者/著:趙 怡華  監修:陳 豐惠
定価/1600円+税

相続のことがマンガで3時間でわかる本
相続のことがマンガで3時間でわかる本
著者/西原崇/山内亘/山田麻美
定価/1500円+税