明日香出版社について
TOPページ >>
 ビジネス書 >>
 経営実務・経営戦略・経営論 >>
 『経営』が数字で理解できる本
経営実務・経営戦略・経営論
『経営』が数字で理解できる本
『経営』が数字で理解できる本
この本の感想を書く
著 者
新井 輝洋
定 価
1400円+税
初版発行
2004.3.31
ISBN
ISBN4-7569-0737-7
ページ
196
版 型
A5並製

・紹介文

会計や財務という学問的な表現ではなく、“数字”という誰にでもイメージがやさしい表現に置き換え、資金繰りや決算書、売上、利益、コストなど、経営における会計・財務を解説していく。

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次


まえがき

序章 7つの患部
ポイントを正しく絞る
7つの患部

1章 被写体は会社
舞台は会社
会社が価値とお金を創り出す
会社を動かす人々
ステークホルダーたちの心配
会社をどう見分けるか
会社と会計

2章 “ピーエル”をマスターする
身近な損益計算書
売上、利益、段階利益
式の修正 収益-費用=利益
収益と費用の分解
段階利益
営業利益まで
経常利益
金の貸し借りはあって普通
ステークホルダーと損益計算書
儲けの上手さ 売上高利益率
儲けの上手さ 売上高費用比率
販売量の増加で費用比率を下げる

3章 収支と比較すれば、損益がわかる
ほんとうはわかっていない損益計算書
収支は役に立たない?
損益データは優れもの
範囲が違う
タイミングが違う

4章 ストックとフローの違いを知る
ストックとフロー
ストック決算書とフロー決算書
フロー利益とストック利益

5章 簿記というテクニック
簿記というテクニック

6章 「ヒト」が動かす「モノ」と「カネ」
会社の資産
営業利益
資産利益率
総資本利益率
総資本利益率に差がつくのはなぜか
資産発、売上経由、利益行き
資産ごとの回転率
有形固定資産の働き具合
売上債権
棚卸資産

7章 株主の満足度
株主にとっての会社
会社にとっての株主
利益はどうなるか
ROE

8章 潰れないかどうか
儲かっていることと潰れないこと
資本
負債
自己資本比率
債務超過
攻めるか引くか
長期資産の購入にふさわしい資金
目先の資金繰り

終章 キャッシュフロー
損益データにも弱みがあった
工夫して作ったキャッシュ・フロー計算書
全体のバランスをみる

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/1039
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊

人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
著者/鳥谷 朝代
定価/1400円+税

西郷隆盛その生涯
西郷隆盛その生涯
著者/不破 俊輔
定価/1500円+税

世界標準の仕事の教科書
世界標準の仕事の教科書
著者/福留 浩太郎
定価/1400円+税

CD BOOK 超英語思考リスニング
CD BOOK 超英語思考リスニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1650円+税