明日香出版社について
TOPページ >>
 語学 >>
 英文法 >>
 英文法 急所総攻撃
英文法
英文法 急所総攻撃
英文法 急所総攻撃
この本の感想を書く
著 者
石井隆之
定 価
1700円+税
初版発行
2004.12.31
ISBN
ISBN4-7569-0822-5
ページ
288
版 型
A5並製

・紹介文

英文法はだいたいわかるけど、あと一歩のところをもっと知りたい! そんな方に、<新しい視点と斬新な切り口>で解き明かします。特に学習者が苦手な項目(前置詞・冠詞・助動詞・時制・否定など)に集中して解説します。

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次


はじめに
本書の特長と使い方

序章 英文法は奥深い
   切れ目を科学する文法
   「文」は単なる「語」の集合体ではない
   「力」と「方向」と「経済性」――文法の三大原理
   2つの「力」を理解する
   2つの「方向」を理解する
   「経済性」を理解する
   「力」と「経済性」が「移動」を制限する

第1章 英語の「森」を学ぶ
 第1節 英文に流れる法則を理解する
 (1) 英文の特徴は何だろう
 (2) 文は話題の部分と強調の部分で成り立つ

 第2節 英文を飾るルールをつかむ
 (3) 修飾には方向性がある
 (4) 意外に活躍するハイフンとコンマ

 第3節 英文を作る単語の成り立ちを悟る
 (5) 「数えられるか」と「決まっているか」の2つの視点
 (6) 単語の生まれ方を探る

第2章 英語の「木」を学ぶ
 第1節 英語の品詞に強くなる
 1.英文と品詞の不思議な関係
 (7) 1つの単語の多義性と多品詞性
 (8) 前置詞と品詞の関わり
 (9) 語順と品詞の関係
 2.動詞と助動詞は英語の心
 (10) 他動詞にはパワーがある
 (11) 自動詞と間違えやすい他動詞、他動詞と間違えやすい自動詞
 (12) 日本語の発想と動詞の選択
 (13) 動詞や助動詞と省略
 (14) 助動詞の曖昧性
 (15) 動詞と準動詞の関係における法則
 3.名詞と代名詞は英語の体
 (16) 不可算名詞の見分け方
 (17) 物質名詞と固有名詞
 (18) oneの用法
 (19) itの仮主語構文と「難易構文」
 (20) 再帰代名詞の用法
 (21) 数量詞の使い方
 4.形容詞と副詞は英語を彩る
 (22) 形容詞の種類と語順
 (23) 形容詞の前位修飾と後位修飾
 (24) muchの使い方
 (25) 副次的陳述の用法
 (26) 副詞の種類と位置
 (27) 全否定と部分否定
 5.冠詞は名詞の「監視」役
 (28) 冠詞の使い方
 (29) 冠詞の有無で意味が違う
 (30) 冠詞の差と前置詞
 (31) 冠詞と名詞と動詞の呼応
 6.前置詞は英語らしい英語を創る
 (32) ofを用いた表現
 (33) on‚ about‚ over‚ ofの使い分け
 (34) 前置詞の違いによる意味の差
 (35) 前置詞の有無による意味の差
 7. 英文の論理を微調整する接続詞
 (36) 接続詞と接続副詞、順接と逆接
 (37) 等位接続詞の色々
 (38) andの研究
 (39) asの研究
 8. 英文に感情を吹き込む間投詞
 (40) 間投詞と擬音語・擬態語

 第2節 英語の文法概念に強くなる
 1.「時制」と「相」を制覇する
 (41) 意外と難しい現在時制の役割
 (42) 「~している」とingの違い
 (43) 現在完了と曖昧性
 (44) 未来完了の用法
 (45) 過去、過去完了と大過去
 2.「態」を制覇する
 (46) 受身構文が生じる条件
 (47) <動詞+前置詞>と受身構文
 (48) 受身と意味役割の関係
 (49) 受動構文の過去形の曖昧性
 (50) 準動詞の受身形
 3.「法」を制覇する
 (51) 命令文の条件
 (52) 直説法と仮定法の違い
 (53) if節における時制
 (54) 仮定法の応用
 (55) 推量と譲歩の意味
 4.「節」を制覇する
 (56) that節を攻略する
 (57) 強調構文が強調できるもの
 (58) if節とwhether節の使い分け
 (59) 関係節と関係代名詞の省略
 (60) when節とwhile節の使い分け

終章 英語の心を知る
   コミュニケーションの本当の意義
   「曖昧さ」が「はっきり」分かる人が真の英語達人
   ホルモンの冠詞(肝詞)
   血液の前置詞(全血詞)
   「私」と「1つ」と「はじめ」が肝心の言語――英語

索引 重要文法事項索引
   重要語彙索引


●○●○●○●○コラム「なるほどボックス」テーマ早見表●○●○●○●○

その1 何故日本語は省略が多いのか?
その2 何故、pick up itが不自然なのか?
その3 文を名詞にする方法は4つある
その4 コンマとハイフンの役割はちょうど逆
その5 英語は何故1つとそれ以上を峻別するのか?
その6 英語の最長語を分析する
その7 どの単語が最も多くの品詞の機能を持つか?
その8 前置詞は最も多くの品詞と関わりあう
その9 「6大品詞」と「六大」
その10 文型と動詞のパワー
その11 goの奥深さとmakeの凄さの話
その12 何故「影響を与える」がgive influenceでない?
その13 代不定詞が可能な場合と不可能な場合
その14 oughtとneedとdareの用法
その15 sureの準動詞と意味上の主語
その16 「研究」の意味のstudyとresearchの研究
その17 どんな固有名詞に定冠詞がつくのか?
その18 疑問文とoneの関係
その19 中間構文と難易構文
その20 oneとoneselfの奥深さ
その21 数量詞の中心に君臨するsome
その22 何故He is a mere child.が言えるのに、He is mere.と言えないのか?
その23 “Did you see the statue nude?”はOK?
その24 more、too、soとmuchの不思議な関係
その25 様態を表す不思議な構文
その26 副詞の位置は7種類
その27 否定文に副詞をつけると部分否定的になる
その28 a noiseとnoiseとnoisesの違いは何?
その29 dinnerと冠詞について考える
その30 関係詞の前の先行詞につく冠詞の違い
その31 drink a cup of coffeeとbreak a cup of coffee
その32 前置詞ofの奥深さ
その33 前置詞の数の不思議
その34 前置詞が入った表現における曖昧性
その35 by carとin one's carの本当の違いは?
その36 becauseにコンマがいる場合はどんな場合?
その37 複数扱いと口語
その38 A and A の構文の意味
その39 unlessとif notは意味が異なる
その40 LとRの音感の不思議
その41 時制を超越する事実関係
その42 現在時制と現在進行形の違い
その43 現在完了が使えない場合
その44 「未来完了進行受身」を考える
その45 時制は奥が深い
その46 目的語が2つある文の受身の方法
その47 受身になる意味と受身にならない意味
その48 前置詞によって意味が異なる受身の例
その49 副詞の位置は受身構文を曖昧にする
その50 sayの語法と受身形の不思議
その51 否定命令文の奥深さ
その52 if節の3レベル
その53 仮定法と口語表現
その54 I couldn’t be happier.の意味は?
その55 「推量」と「譲歩」はつながっている
その56 say S Vとsay that S Vの違い
その57 否定の特徴と注意点
その58 if節とthatの省略節が似ている!
その59 省略不可能と省略可能と省略義務
その60 時の副詞節を大局的に理解する

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/912
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊

人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
著者/鳥谷 朝代
定価/1400円+税

西郷隆盛その生涯
西郷隆盛その生涯
著者/不破 俊輔
定価/1500円+税

世界標準の仕事の教科書
世界標準の仕事の教科書
著者/福留 浩太郎
定価/1400円+税

CD BOOK 超英語思考リスニング
CD BOOK 超英語思考リスニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1650円+税