明日香出版社について
TOP >>
 注目の人 >>
 多岐川 恵理
注目の人


Takigawa for Asuka.jpg
“Look! They’re having a summer festival. Do we have time to stop by?”
もしも友達にこんな風に話しかけられたら、どう答えますか?
とっさにナチュラルな英語が口から出てこない原因は2つ。
1. 1つ1つの単語は知っているが、まとまって出てくると意味がとれない。
2. Do…? と聞かれたら、Yes, … do. かNo, …don’t. と答えるものと信じている。

どんな初級者も、まず1で悩みます。summerとサマー(夏)が頭でつながらない。日本語の語順にとらわれて、英語を聞いた順に理解していく「直聴直解」ができない。
2に関しては、初級者はもちろん、中級以上になっても悩む人が多くいます。「whyときたら答えはbecause」のような呪縛からいつまでも逃れられず、どこかカクカクしたぎこちない会話になってしまうのです。

冒頭の英文は、「見て! 夏祭りやってる。寄ってく時間ある?」というもの。
Oh, that looks fun.(おや、おもしろそうだね)
I knew you would say that.(そう言うと思った)
Do you know what time it is now?(いま何時だか分かってる?)
など、考えられる返答は無限にあります。

しかし、まじめな日本人学習者は、「時間があるか」と聞かれたら、あるなしを答えようとしてしまいます。質問されているのに質問で返すなど、タブーであるとすら思います。
日本語だったら、もっと柔軟に話せるのに。英語となると途端に型にはめてしまうのは、自然で多彩な会話例を聞いた経験が乏しいからに他なりません。

 今回の新刊『英会話ダイアローグブック』には、日常生活のあらゆるシチュエーションを想定した180個の会話例が、教材用ではない本物のナチュラルスピードでCD2枚に収録されています。冒頭の例文も、会話例の一部です。
ネイティブスピーカー2人が”so real(すごくリアル)”と言い、時にノリノリ、時にしみじみと読んでくれたCDは、(手前味噌で恐縮ですが)ミニドラマのような出来。
頻出の文法や表現、英語ならではの言いまわしには解説を加えており、お悩み解決のための徹底したリスニング素材にぴったりだと自負しています。まずは英文を目で追って理解しながら聞き、その後は徹底したリスニングをすることで、耳も会話力も鍛えられます。

 本書は、リアルな日常表現を求める方々に新鮮なフレーズをお届けしようと一昨年出版した『英会話フレーズブック』の続編といえるものです。
「店頭でCDを聞いて思わず買ってしまった」と言ってくださる方が多く、おかげさまで大好評をいただいているフレーズブック同様、多くの皆様が本書の会話例に大いに感情移入し、リアルな会話の楽しさに目覚めていただけることを願っています。

トランスメディア・ソリューションズ有限会社 代表
多岐川恵理
 
 書籍データへ
 

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
サイト内検索
google

今月の新刊
イラストでわかる 中学英語
イラストでわかる 中学英語
著者/河原 千夜子
定価/1400円+税

1分で打ち解ける! 戦略的な雑談術
1分で打ち解ける! 戦略的な雑談術
著者/伊庭 正康
定価/1400円+税


仕事ができる人の最高の時間術
仕事ができる人の最高の時間術
著者/田路 カズヤ
定価/1500円+税