書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

字ばかりがギッシリと記載されていなかった。 解説がわかりやすく、英語を勉強する気がでた。
2016:12:08:10:51:59 2016.12.08更新
6年女子が 理科好き、本を読むのが好きな子なので、読書として使えそうなので購入。 解説→問題→得話と
2016:12:08:10:29:16 2016.12.08更新






明日香出版社について
TOP >>
 社長業!営々黙々とやっております >>
 2011年05月
社長業!営々黙々とやっております
2011年05月



2007年より諸事雑感という言葉を使ってWeb日記を書いてきました。ふと気が付くと「諸事雑感」という言葉があふれているようにも思い、誰も使っていない言葉を作りました。その名も「諸事悠々」です。

P1100006.JPG■泊まり込み会議を開催しました。
時之栖(ピーターラビットの部屋)での開催でした。半分会議で半分懇親会となり、日頃話せないようなことも話せたように思います。ヒット本を連発する出版社に学ぶ会も開催しました。


P1100013.JPG分析リーダーによる分析発表も行われました。なんとこの分析リーダーはその出版社社長へ突撃インタビューを敢行しました。受けてその社長さんも応対をしてくれたことに懐の深さを垣間見ました。分析発表を通じて感じたこと、それは社長と部員の、企画・業界・仲間への関心の高さが伺えることです。日々成長を遂げている、成長が止まらないように努力しているという事でした。勉強になりました♪

■放射線を見る実験をする。
子供と一緒に放射線を目測する実験を行いました。特別に用意するのはエタノールとドライアイスのみ。あとは家にある計量カップ(透明)とカップ中敷きに使う黒い紙とスポンジの一部。放射線の素となる線量源はランタンのマントルもしくはその辺の塵を集めること。結果、放射線の飛跡を見ることが出来ました。1分間に2~3本の飛跡が雲のような感じで観測できました。都内では放射線の影響が危惧されています。当地で被曝しながらも対応に追われている人を考えず、都内で「放射線が心配よね」という声はさもしげです。

■明日香パート会が開催されました。
椿山荘「カメリア」にて開催されました。「されました」そうです、ご招待を受けました。毎度ですがお招きに預かっておりまして、この度もおいしい食事をご馳走になりました。元気なパートさんに会社は支えられていると思います。もちろん社員さんもパートさんの支えで日々稼働が出来ているのです。今回はパートさんの退院祝い、アルバイトさんの入社祝い、相談役の古希の御祝いも兼ねての開催でした。これからもよろしくお願いいたします。

■営業部の泊まり込み会議を開催します。
編集部とまったく同じ予定で動きます。とはいえ打ち合わせをする内容は販売についてです。「
ストーリーとしての競争戦略」に深く感銘を受けておりまして、思わず人に言いたくなる、楽しくなる販売戦略とは何か?などを話し合いたいと思います。

■いよいよ決算月です!
売上努力をしながらもいい形で利益が出せそうなところまで来ました。あとひと月頑張って第40期の総仕上げを行います。 気合だ!気合だ!いや愛だ~♪

 



4月度の編集部採算達成をうけ、箱根の研修所にて泊まり込み会議を開催することにしました。場所は「時之栖」という施設になります。宿泊はバンガローなのですが、すべてピーターラビット仕様となっているそうで、室内の装飾から備品に至るまでピーターラビットで統一されているそうです。

当日の私にはささやかな楽しみがあります。それは編集部の男性諸君がピーターラビットの恰好をして寝ている姿を撮影することです。冗談はさておき、最大のミッションは企画を検討する事です。これまでの範疇を超えた企画を話し合う事になっております。また売れ筋を連発している出版社さんに学ぶ会も開催することになっています。

どんな研修会になるのでしょうか?しっかり計画を立てておきます。



jyi3p.jpg気が付くと36歳。10年前はサーフィンをしてたりで引き締まった体を持っていたのですが、今や見る影もなく...、とそんな話をするのではなく今日は人口についてです。

18歳は120万人、28歳は140万人、38歳は190万人、63歳は230万人います。私の代は188万人もいます。小学2年生のkiichiくん年代は109万人です。
※「kiichiくん」とは私の息子の事です(笑い)。

kiichiくん年代は大雑把にいえば我々の半分です。しかも価値判断の基準が想像もできない程に乖離(ぶっとんでいる)しています。この年代が社会人になった時の価値基準に会社のサービス照準器をセットしておかないといけません。また彼らが社会人となりビジネス書を読んでくれるようになったと考えても今の半分です。15年後の事であり、すぐにその時代が来ます。人口一人当たりの図書購買率を上げるか、各世代の読書人口を増やすことに専念をしないと業界規模は半分になってしまいます(どの業界もそうでしょうが)。


経営長者は「長期的視点にたった経営ビジョンを考えよ」とよく言われます。長期的視点にたった経営者の心中はかなり複雑であろうと思います。ストーリーとしての経営戦略に「誰に嫌われるかを決めよ」という件があります。多くの会社でこの選択を迫られるものと思います。また大前研一さんは「共有することを覚えよ」と言います。経営者の感覚、価値基準も大きく変わっていないといけないと思いました。

でもワクワク感を感じている自分もいます。どんな時代が来るのだろうかと。
ドラッカーさんは言います。「将来を予測できる者は残念ながらいません。経営者が出来ることは、明日判断をすることになる経営管理者の育成を今日急ぐことです」と。沁みる言葉ですね。

過去の情報

サイト内検索
google

今月の新刊
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
著者/横山 信治
定価/1400円+税

改訂版 はじめての会社経営100問100答
改訂版 はじめての会社経営100問100答
著者/出口秀樹税理士事務所:編著  出口 秀樹/福澤 康弘/中村 明博:著
定価/1600円+税


やり抜く技術
やり抜く技術
著者/伊東 泰司
定価/1500円+税

CD BOOK 超英語思考トレーニング
CD BOOK 超英語思考トレーニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1600円+税