日本一怖いインターネットの本
日本一怖いインターネットの本イメージ
著 者 関口啓貴&株式会社コネクタス
定 価 1,500円+税
初版発行 2004.12.31
ISBN ISBN4-7569-0840-3
ページ 232
版 型 四六並製
私のパソコンには1日に10通以上の怪しいメールが来ます。添付ファイルに注意するだけでは不十分。またソフトで駆除もしますが、それもかい潜る偽装メールも来ます。メールだけでなく、ホームページを覗いただけでも、インターネットに常時接続しているパソコンを立ち上げただけでも、となるともうお手上げです。
毎年、クリスマスに始まって年末年始はウイルスが多発する時期です。パソコンも一番売れる時期であり、インターネットも一番活用される時期です。
インターネット・セキュリティの本はどれもパソコンorソフトの解説書(いわゆるパソコン書)ばかりですが、本書は読んだだけでわかる・できる、自分を守る防衛書で、読み物です。
来春からは個人情報保護法がいよいよ施行されます。いい意味でも悪い意味でも関係者は大変です。
目次を見る
この本を購入する
感想を書く

TOP