日本語で理解する英文法
日本語で理解する英文法イメージ
著 者 川村 健治
定 価 2,200円+税
初版発行 2020.08.27
ISBN 978-4-7569-2108-6
ページ 488
版 型 A5並製
本書は、第1章~第5章の各課とも、まず「日本語の例文」から始まります。日本語から読むことにより、これから学ぶ文法事項を、まず耳で体感し、感覚的に理解することができます。文法事項の解説に必要な文法用語も、基本から丁寧に説明しています。
名詞・形容詞・副詞・動詞の4つの品詞の働きを学べば、英文法は半分理解できたも同然です。不定詞・関係代名詞・分詞構文・時制も、日本語をフィルターにすれば直観的に理解することができます。

本書では既存の英文法の枠組みに囚われない全く新しいアプローチを紹介しています。他の英文法書と違う角度からアプローチすることで、新たな視点から英文法のポイントを理解できます。
目次を見る
編集部メッセージ
本書の特長は4つあります。

「1 英文法を耳で体感できる」
各課とも、まず日本語の例文から始まります。これから学ぶ英文法を、一度、日本語のフィルターを通すことで、何が学ぶべきポイントなのかを耳で体感し、感覚的に理解できます。(日本語文法の説明もしていますが、日本語文法を理解・学習する必要はありません)。

「2 最初から順に読み進められる」
一般的に文法書は、項目ごとにまとめて書かれているので、「調べ物」をするのには便利です。しかし、最初から読んでいくと、まだ習っていない(=読んでいない)文法事項でも平気で出てきます。本書では、まだ習っていない文法事項は一切出てきません。そのため、小説のように最初から順に読み進めることができます。(逆に、最初から順に読んでください)。

「3 文法用語を基本から説明」
多くの文法書では、文法用語を当たり前に使っています。しかし、例えば、補語と目的語の違いとは何でしょうか? その説明がないまま、文型の解説をされては、分かるものも分からなくなります。本書では、文法事項の解説に必要な文法用語も、丁寧(ていねい)に説明しています。

「4 英文法への全く新しいアプローチ」
名詞・形容詞・副詞・動詞の4つの品詞の働きを学べば、英文法は半分理解できたも同然です。不定詞・関係代名詞・分詞構文など、既存の英文法で扱う多くの項目は、単に、ある品詞を別の品詞に変換する作業にすぎないのです。そして、英文法の残るもう半分は時制です。これも日本語をフィルターにすれば直観的に理解することができます。
担当:石塚
この本を購入する
感想を書く

TOP