<改訂増補>小学校6年間の理科が面白いほど解ける65のルール
<改訂増補>小学校6年間の理科が面白いほど解ける65のルールイメージ
著 者 倉橋 修
定 価 1,320円(税込)
初版発行 2022.8.5
ISBN 9784756922328
ページ 172
版 型 B5並製
YouTubeで視聴回数約900万回の実験動画付き!
さらに購入者だけの特典あり!

65のルールで理科が得意に変わる!

2016年発行の『小学6年分の理科が面白いほど解ける65のルール』がリニューアル!
実験+解説動画がつき、より分かりやすく楽しく学べるようになりました。
また、自由研究に役立つ実験の紹介や、問題が追加されています。


【こんな人におすすめ!】
・理科がニガテ
・理科をやり直したい
・中学受験に向けて学びたい
・親子で一緒に学びたい


(「はじめに」より抜粋)

小→中→高と学年が上がるにつれ、理科が嫌いな子が増えます。なぜでしょう?
アンケートによると、嫌いになる最大の理由は、「理科は覚えることが多いから」です。実際に、先生の中でも、「理科は暗記教科だ」「ここは覚えておきなさい」という方もいらっしゃいます。

しかし、理科は、暗記教科ではありません。筋道をたてて考え、謎を解いていく、面白いミステリーのような教科です。
「上弦の月が、日の入りごろに南に見える」のも、「コイルの間隔をせまくすると電磁石が強くなる」のも、すべて理由があります。

理由がわかれば、これまでバラバラに見えていたものが1つにつながり、「なんだ。そんなことなのか。」と霧が晴れるように見通しが良くなります。快感です。

本書では、よくある知識のまとめ本とは違い、質問が多いところは、すべて理由が書いてあります。この本を通し、「どうして?」と疑問を持ち、自分で調べて考え、「そうなんだ!」と解決する、そんな勉強の楽しさを伝えたいです。
目次を見る
編集部メッセージ
時間がないときは、65のルールで要点をさっと確認、
やる気が出ない時は、実験+解説動画を流しながら復習、といったように、状況に合わせていろいろな使い方ができます!

身近な疑問を解決してくれる、面白い話が満載なので、子どもも大人も楽しめる1冊です。
担当:畠山
この本を購入する
感想を書く
語学音声アプリ 公開中 閉じる