元刑事が教える ウソと心理の見抜き方
元刑事が教える ウソと心理の見抜き方イメージ
著 者 森透匡
定 価 1,650円(税込)
初版発行 2016.9.11
ISBN 978-4-7569-1854-3
ページ 224
版 型 B6並製
主導権を握って有利に進める。

営業現場や、採用面接で相手の本音・本質を見抜けずに間違った判断をしてしまう。
部下の深層心理を理解できず、退職者を出してしまう。
このようなことが起こらないように、元刑事が相手のしぐさや反応から本心を見抜く方法を学びます。

警察官として約28年、うち知能・経済班担当の刑事を約20年務めた著者が、
その経験の中から生み出した「ウソや人間心理の見抜き方」を公開。
相手がウソをついたときのサインの見方や、
ウソつきかどうかを見極める質問の仕方がマスターできます。

刑事に必要なスキルは言うまでもなく「ウソを見抜く力」。
刑事が相手にするのは犯人、目撃者、情報提供者など多種多様ですが
すべて正直に話をしてくれる人ばかりではありません。
つまり刑事は「この人は本当のことを言っているのだろうか?」
「この事件の真実はどこにあるのだろうか?」
「この証拠は本当に事件と結びつくのだろうか?」
などと常に真実と向き合いながら仕事をしているのです。

このスキルは、商談相手が本当のことを言っているのかを知りたいとき、
採用面接で応募者の本質を見抜きたいとき、部下の本音を知りたいときなどに利用できます。
さらに、交渉が上手くなります。その結果、良い結果が生まれます。
この本を読んで刑事のスキルを学び、ビジネスを発展させましょう。

◎目次
第1章 刑事のスキルはビジネスに使える!
第2章 刑事が現場で使う人間心理の見抜き方
第3章 刑事が使うウソの見抜き方
第4章 採用面接でウソを見抜く
第5章 商談でお客様の心理を見抜く
第6章 部下の心理・本音を見抜く
第7章 ウソつきや詐欺師に騙されないために

◎著者紹介
株式会社Clearwoods 代表取締役
コミュニケーションコンサルタント
セミナープロデューサー

全米NLP協会・日本NLP協会認定NLPプラクティショナー
LABプロファイル(R)プラクティショナー
日本メンタルヘルス協会基本心理カウンセラー

警察の元警部。主に知能・経済犯担当の刑事を約20年経験。
刑事課長、県警本部課長補佐、警察庁(管区)課長補佐などを歴任。
刑事時代には国政選挙などの選挙違反事件、首長や公務員による贈収賄事件、
数十億円被害の大型詐欺事件や業務上横領事件など、多数の事件捜査に従事。
政治家、詐欺師、横領犯、銀行幹部や行員など多種多様な人物の取調べや事情聴取を行い、
人間心理やウソの見抜き方を体得。

27年勤めた警察を退職して独立し、刑事時代に培った知識、
スキルをビジネスで役立ててもらうために「刑事塾」という学びの場を開講。
「ウソ(人間心理)の見抜き方」を主なテーマに、一部上場企業、大学、商工会議所などから依頼を受け、全国で200回に及ぶ講演・セミナー・企業研修を行う。
「究極の心理学だ!」「おもしろい!」と人気を博している。
テレビ朝日「モーニングバード」、フジテレビ「ノンストップ」、読売新聞、日経新聞などメディアへの出演、掲載も多数。
目次を見る
この本を購入する
感想を書く

TOP