図解 身近にあふれる「生き物」が3時間でわかる本
図解 身近にあふれる「生き物」が3時間でわかる本イメージ
著 者 左巻健男
定 価 1,400円+税
初版発行 2018.3.22
ISBN 978-4-7569-1959-5
ページ 232
版 型 B6並製
私たちの日常は、あまりにも生き物だらけだ!
本書は、身近にいる生き物を、
小さなものはウイルスから虫や鳥、
大きなものはクマやマグロまで、
そしてもちろん私たちヒトもふくめて、ぜんぶで63とりあげました。

生活の中にいつも登場する生き物の"おもしろい話"がいっぱいです!
そういえば疑問に思うこと、いわれてみれば気になること、そんな生き物のナゾにせまります。
・ゴキブリは3億年前から変わらない「生きた化石」?
・ミミズはなぜ夏の炎天下で干からびているの?
・地球史上最大の昆虫はトンボだった?
・伝書鳩はなぜ手紙を届けられるの?
・なぜウグイス色は黄緑色と思われている?
・多量の汗をかくのはウマと人間だけ?
・高級和牛はほぼ1種からつくられている?
・カルガモはなぜ春になると引っ越しするの?
・カエルは胃袋をはき出して洗うって本当?

思わずだれかに話したくなる!
教科書や図鑑のような解説ではなく、「どう身近なのか」「私たち人間との関係性」を軸にして、「へ~そうなんだ」と思える話がたくさん登場します。
暮らしに役立つ生き物の知識が、毎日の生活に彩りを与えてくれる、そんな1冊です!
目次を見る
この本を購入する
感想を書く

TOP