図解 身近にあふれる「放射線」が3時間でわかる本
図解 身近にあふれる「放射線」が3時間でわかる本イメージ
著 者 児玉 一八
定 価 1,600円+税
初版発行 2020.2.22
ISBN 978-4-7569-2076-8
ページ 328
版 型 B6並製
今もあなたのまわりを飛んでいる!

「放射線」と聞いて、皆さんは何を思うでしょうか?
「原発事故でもれ出した、恐ろしいもの」——。
きっと多くの方はこう思うのではないでしょうか。

ところが放射線は、ずっと昔から、今もあなたの目の前を飛び交っている、「身近にあふれるもの」なのです。宇宙からも地面からも、あるいは食べ物からも、あなたの体からだって、放射線は飛んでいます。

ではいったい、「放射線」って何なのでしょうか?

放射線は目に見えず、においも味もないから、なんだか奇妙なものと思えてしまいますよね。
でもだからこそ、しっかりとした知識を身につけ、“正しく恐れること” が大切なのです。

本書では、
・そもそも放射線と放射能の違いって何?
・どのくらい被ばくしたら危険なの?

といった素朴な疑問から、
・放射線でどうやって病気を診断するの?
・ゴーヤーは放射線のおかげで食べられる?
・放射線で大気汚染物質が分解できる?

といった放射線の活用例を取り上げ、そのうえで
・原発はなぜ「危ない」っていわれるの?
・福島とチェルノブイリの原発事故はどう違うの?

といった原発と放射線の問題を取り上げます。

私たちは日本人は、これから次の世代にかけて、長く放射線や原発の問題と向きあって過ごしていかなければなりません。
そのために求められるのが、正しい基礎知識です。
本書は、誤解に満ちていて、ときに不必要な不安や恐れをもたらすこともある「放射線」の世界を、前知識なしの読者でも読める内容で構成しました。
ぜひあなたも「身近にあふれる放射線」について学んでみてはいかがでしょうか。


◎目次
序章 「ほうしゃせん」って何?
第1章 放射線と放射能のきほんを学ぼう
第2章 身近にあふれる放射線と放射性物質
第3章 放射線を浴びるとどうなるのか
第4章 放射線と放射性物質のいろいろな利用
第5章 原発のしくみと福島第一原発事故
第6章 原子炉と放射線の事故・事件


◎関連記事(朝日新聞web論座 2020/3/1)
進行中の原発をめぐる問題の解決のために必要なこと/上
進行中の原発をめぐる問題の解決のために必要なこと/下


◎著者紹介
核・エネルギー問題情報センター理事
1960年福井県武生市生まれ。1980年金沢大学理学部化学科在学中に第1種放射線取扱主任者免状を取得。1984年金沢大学大学院理学研究科修士課程修了、1988年金沢大学大学院医学研究科博士課程修了。医学博士、理学修士。
大学2年の時のウランを皮切りに、本書にも登場する水素3(トリチウム)、炭素14、リン32、イオウ35などの放射性物質を取り扱ってきた。
北陸電力志賀原子力発電所を対象に、事故の分析、原子力防災計画の分析と訓練の視察、事故の際の屋内退避施設や避難路の調査などをおこない、わかりやすく知らせる活動をしてきた。福島第一原発事故の後には、各地の講演会やシンポジウム、学習会などで200回以上、講師やシンポジストをつとめている。

◆著書
単著は『活断層上の欠陥原子炉 志賀原発―はたして福島の事故は特別か』(東洋書店)、共著は『放射線被曝の理科・社会―四年目の「福島の真実」』『しあわせになるための「福島差別」論』(以上、かもがわ出版)、『福島事故後の原発の論点』(本の泉社)など多数。
目次を見る
この本を購入する
感想を書く

TOP