「やり抜く子」と「投げ出す子」の習慣
「やり抜く子」と「投げ出す子」の習慣イメージ
著 者 岡崎 大輔
定 価 1,650円(税込)
初版発行 2021.05.20
ISBN 978-4-7569-2150-5
ページ 248
版 型 B6並製
非認知能力が、子どもの人生の豊かさ、幸福度を高めていく!

・新しいことに挑戦しようとしない
・言いわけばかりする
・自分に自信がない
・何をしても続かない

お子さんに当てはまるものはありませんか?

対して「非認知能力」の高い子にはこんな特徴があります。
・失敗を恐れず挑戦する
・自己肯定感が高く、自分ならできると思える
・決めたことを最後までやり抜く

「非認知能力」とは、学校のテストでは測れない、目に見えない能力のことです。先の見えない時代で自分らしく力を発揮して生きていくには、この能力がとても大切です。
本書では、「非認知能力」を4つの能力に分類しています。
①自分とつながる力
②人とつながる力
③夢を実現する力
④問題を解決する力

そして、非認知能力は親の関わり方次第で、どの年齢からも高めることができるのです。

本書では、非認知能力を高めるための習慣を、考え方から実践する際の具体的な方法まで含めて紹介しています。
1つ1つの習慣は決して難しいものではなく、お子さんとの日常生活の中で、少し見方や行動を変えてみることで実践できるものです。

お子さんとの関わりにより幸せを感じられるようになり、親も子も自分らしく過ごせるようになるために本書を活用していただければ幸いです。
目次を見る
編集部メッセージ
本書では、非認知能力を高めるための習慣を、考え方から実践する際の具体的な方法まで含めて紹介しています。
1つ1つの習慣は、お子さんとの日常生活の中で、少し見方や行動を変えてみることで実践できるものです。
子どもの幸福度にもつながる非認知能力(=やり抜く力)を高めるために、本書を活用していただければ幸いです。
担当:朝倉
この本を購入する
感想を書く

TOP