書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

1つの日本語に、今まで知らなかった単語の英語もあるのでながめていても楽しいです。こういう意味がこめら
2017:03:07:17:58:27 2017.03.07更新
とても分かりやすい解説で、使いやすかった。 中学・高校で習ったことを思い出せた。
2017:03:07:17:48:48 2017.03.07更新






明日香出版社について
TOP >>
 「できる!」ビジネスマンの雑学 >>
 2016年03月
「できる!」ビジネスマンの雑学
2016年03月



 皆さんは読書をしている時に、文章が声として聞こえていますか。もちろん実際に耳で聞くわけではありません。頭の中でそれらしい音声が流れていますか、という質問です。

 海外の調査によると、黙読している8割もの人が、頭の中で文章が声として聞こえていることがわかりました。

本を読むときに頭の中で「声」が聞こえる人と聞こえない人がいることが判明
 本などの文章を読む際に、声に出さずに黙読していても頭の中で文章を読み上げる「声」が聞こえる、という人が8割以上を占めていることが調査から明らかになりました。「読書中の内なる声」については、これまでほとんど研究が行われていない分野であり、幻聴障害の研究にも役立つのではないかと見られています。
Gigazine 2016年2月25日掲出)

 筆者はまったく聞こえない派なので、目で文字を追う時に、音はいわば無色透明、存在しないものと思って、これまで生きてきました。

 おそらく誰もがそうなっているはずと思っていた筆者は、これまで疑ったことすらありませんでした。自分の読書スタイルと同じように他人もやっているはず。読書中は頭の中がどんな様子か、人と話した経験がありませんが、誰もが自分と同じだろうと考えてきました。

 それだけにこの調査結果にはとても驚いています。うかつでした。しかも手紙やメールになると、それを書いた差出人の声色が、頭の中に湧いてくる人もいるとか。

 ここまで念入りな演出付き黙読があるとは、筆者の想像をはるかに超えています。

20160330.jpg
■紙芝居は声色を使い分けた演出が欠かせない

 調査は「Yahoo Answer」(英語圏)の投稿から、136件の回答をまとめたものなので、厳密な研究ではなさそうです。それにしても、心の中で声が聞こえる人がこんなにいるとは驚きました。

 読書スタイルは、ひとによって全く違うということでしょうか。それともスマホの読み上げ機能の影響でしょうか。ひょっとして英語圏の人だけの現象なのか。日本に読書研究会に類する組織があるなら、ぜひとも国内でも実態調査してほしいですね。

 そういえば、筆者の知り合いで、根を詰めて読書するとのどが疲れるという人がいました。この方は黙読していても、どうやら音読のときのように自然と喉が動いてしまうようでした。

 この話を聞いたときは変わった人だと思ったのですが、いま思い返すとそれがその人の読書スタイルだったのですね。

 読書は身近な体験ですが、よくよく聞いてみないと、人は体の内側でどんなことをしているのか、心の中はどんな状態なのか、実はまったくわかってはいなかったのです。
 そのことを知ることができた、興味深いニュースでした。

 さて、皆さんの読書スタイルは、どんなスタイルでしょうか。(水)



 いまや恒例となった皇居内の一般公開。今春は「乾通り」が3月25日(金)から3月31日(木)まで一般公開されています。

桜の皇居・乾通り一般公開 31日まで、もうすぐ見頃
 桜の見頃を目前に控え、皇居・乾通りの一般公開が25日、始まった。東京駅側の坂下門から宮内庁の庁舎前を通り、乾門に抜ける約750メートルの並木道を、75本の桜を見ながら歩くことができる。(中略)
 一般公開は今回で4回目となり、期間は31日までの7日間。入門時間はいずれの日も午前10時から午後3時までとなっている。宮内庁は毎朝ホームページで最新の開花状況を公表する。
共同通信 2016年3月25日掲出)

 筆者は27日の日曜日に家族と出かけて参りました。

 地下鉄の大手町駅下車、D7出口から歩くこと15分。たくさんのDJポリスに励まされ、荷物チェックとボディチェックを受けて、ようやく「坂下門」にたどりつきました。ペットボトルは持ち込み禁止のようです。また長い砂利道がありますので、下駄やハイヒールよりシューズの方が楽でしょう。
 途中、親に連れられた小学生の男の子が「東京は城が多い!」と感嘆してました。あれは城ではなく城壁の櫓ですけどね。
 筆者もニュースなどで何度も見せられた「二重橋」を、生まれて初めて見ることができました。

 桜の満開にはまだ早いと言うことで、思ったほど人も多くはなく、行列に並ばずにすんなりと坂下門をくぐることができました。
032801.jpg
(坂下門の入り口付近)
 乾通りに入ると、お正月の一般参賀でよく見る宮殿がちらりと見えます。宮内庁の庁舎を左に見ながら、乾通りのそぞろ歩きが始まります。
 家族の話では、伊豆の山奥のようにウグイスがしきりに鳴き交わしていたそうです。乾通りは広大なお堀沿いに続く一本道。お堀を谷のように挟んだ右手は皇居東御苑と面しています。起伏の多い皇居は野鳥にはうっけつけの住み処のようです。

 残念ながら、満開の桜を楽しむことはできませんでしたが、噂に聞く道灌堀や古い長屋など、歴史的な遺構を存分に堪能することができました。

032803.jpg

032804.jpg

(道灌堀に咲く桜)

032802.jpg
(古びた佇まいの長屋と枝垂れ桜)

道の途中、右手のお堀を渡る橋があります。この橋を渡ると、江戸城の天守台跡の巨大な礎石を見ることができます。

032805.jpg
(右の石垣奥に天守台跡。お堀越しに竹橋、一橋方面を見る)

 桜を楽しまれるなら、「乾門」を抜けた後は、左折して「千鳥ヶ淵」の桜を楽しまれるか「北の丸公園」から日本武道館を目指されると良いでしょう。(水)

-----------------
■参考リンク先
宮内庁(皇居乾通り一般公開について)

■朗報!一般公開が4月3日まで延長
 平成28年3月25日(金)から3月31日(木)までの開催予定期間で実施中の皇居乾通り一般公開について,乾通り沿いの桜の開花状況にかんがみ,実施期間を4月3日(日)までの3日間延長します。
(「皇居乾通り一般公開について」より引用)



 昨年末のニュースですが、小学生のスマホ利用について警告した新聞記事がありました。

小6の7割がスマホ利用 LINEのやりとりはまるで高校生
「指導せねば1人で歌舞伎町に行かせるのと同じ...」
 国内の世帯保有率が6割を超え、急速に普及したスマートフォン(スマホ)。東京都の調査では小6の4人に1人が自分用の端末を持ち、親ら家族の端末も含めると普段スマホを使用している小6は実に7割に上る。いつから持たせれば良いのか、トラブル回避にはどうすべきか、親の心配はつきない。中高生だけでなく小学生にも適切な使用方法の指導が急務となっている。
産経新聞 2015年12月1日掲出

2016032401.jpg

 この記事を読んで筆者が感じたことは、小学生にはツィッターが危険を呼び込む入り口になることを、家庭や教育の場で教え込む必要があることです。また女子高校生が平日にスマホを使う時間は7時間を超えていることにも驚きました。SNSを使ったメッセージ交換に時間を費やしているのでしょうが、ひとりで物事を考える時間がほとんどないことになります。
 成長期から思春期にこうした状態を過ごして成人するとしたら、どんなコミュニケーション能力を身につけることになるのでしょうか。

 スマホはその小さなボディにもかかわらず、他のITツール、たとえばパソコンやテレビなどと比べても遜色ない情報収集能力を備えています。手のひらにパソコンやテレビ、音楽プレーヤー、高性能カメラを同時に持っていることになります。

 数年前には数十万円はかかったはずのITツールが、月に数千円の使用料で手のひらに現れたのですから、誰しも使いたくなるのは当然です。

 ただ、スマホにはひとつ難点があります。この一点がために筆者は、スマホを通話とショートメッセージにたまに使う程度で、ITツールとして使うことはほとんどありません。

 筆者がスマホを積極的に使わない理由。それは、スマホはただの情報ビュワーにすぎないという点です。コンテンツを制作する能力を備えないスマホは、何時間触れていても、コンテンツを生み出すことはありません。
 コンテンツクリエーターは、情報を見ることでなく、湧き起こるイメージを文字や画像、映像などの形にすることで生きています。

 制作する楽しみのないツールほどつまらない道具はありません。それがスマホです。

 筆者のこの意見は偏った見方と、賛成できない方も多いことでしょう。最近、新作が発表された映画「スター・ウォーズ」。その監督であるJ.J.エイブラムス氏はこう嘆いています。

J.J.エイブラムス監督 『フォースの覚醒』をスマホで観るのは「ホントにやめて!」
 4月1日、『スターウォーズ / フォースの覚醒』のデジタル版が本国アメリカではリリースされる事が公式に決定している。
デジタル版をダウンロードすれば、PCはもちろんタブレットやスマートフォンの画面上でいつでもどこでもフォースの覚醒を楽しめるようになるわけだが、J.J.エイブラムス監督はスマホ上での視聴を快く思っていないようだ。テキサスで開催中のポップカルチャーとテクノロジーの祭典『SXSW』の講演でこう語った。
「映画を作ってる人はみんなこう言います。"頼むから僕の映画をソレ(スマホ)で観ないでくれ"ってね。自分の作品をあんな小さな画面で観られてしまうなんて、ストーリーテラーにとっては悪夢ですよ。」
 いつでも好きなときに好きな作品を鑑賞できるのは嬉しい事だが、スマホの小さい画面ではその真の魅力は伝わらないだろう。とりわけ初めて観る作品については、やっぱりちゃんとした環境で観るのが一番だ。
ORIVER 2016年3月20日掲出

 なんでもスマホ、そろそろ止めにしませんか。

 筆者はとりあえず、ツイッターは庭に来る野鳥とだけやり合ってます。(水)



 どうやらシジュウカラは言葉を話しているらしい、ということを日本の研究者が10年がかりで突き止めました。

シジュウカラ 鳴き声組み合わせ意思疎通 文法も
 小形の野鳥「シジュウカラ」には異なる鳴き声を組み合わせて複雑な意味を伝える能力があり、その組み合わせには「文法」もあることが、総合研究大学院大学の研究で分かりました。ヒト以外の動物で、文章で情報を伝える能力が明らかになったのは、これが初めてです。
NHK NEWSWEB 科学・医療ニュース一覧 2016年3月21日掲出)

 シジュウカラとは頭が黒、頬が白く塗り分けられた、ちょっと見はパンダのような姿をした野鳥です。大きさは雀より少し小ぶり。
 言葉で文章を作るという行為は、人間だけができる能力と100年前にダーウィンが提唱して以来、定説となっていました。今回の発表はその定説を覆す大発見と評価されています。

20160322.jpg
(筆者の庭に訪れるシジュウカラ 撮影:筆者)

 ではシジュウカラはどんな言葉を話しているのでしょうか。

【プレスリリース】『単語から文をつくる鳥類の発見』
 総合研究大学院大学の鈴木俊貴氏を中心とする研究チームは,野外での詳細な行動観察と実験によって,鳥類の一種シジュウカラにおいても,異なる単語を組み合わせ,より複雑な意味を伝える能力が進化していることを発見しました。シジュウカラは,仲間に警戒を促す声(「警戒しろ」)と仲間を集める声(「集まれ」)を組み合わせ,「警戒しながら集まれ」というメッセージをつくります。さらに,鳴き声の組み合わせには文法規則(語順)が存在し,その規則に反すると情報がうまく伝わらないことも,野外実験によって明らかにしました。
総合研究大学院大学「NEWS 最新情報・トピックス 一覧」 2016年3月9日掲出)

 筆者の唯一のTwitter(さえずり)仲間であるつがいのシジュウカラも、しょっちゅうヂヂヂ、ツーピーなどと鳴き交わしています。言葉の中には『「ヘビ」や「タカ」の存在を示す名詞のような鳴き声まで存在』(プレスリリースより)するそうですから、あなどれません。あの小さな頭の中で文章まで作っているとは、想像すらしていませんでした。

 筆者としては、

「ピーナッツを食べ過ぎるな」とか、

「明日から留守にします 留守番頼む」とか、

「Tweet、書き込んどいて」とか、

実用的なシジュウカラ語を知りたいものです。

 なぜならこのつがいのシジュウカラ、我が家に日参するようになって以来、クルミ1袋とピーナッツ3袋を平らげていますから。(水)



 日本でも音楽を聴くときはストリーミング配信が主流となりましたが、意外なことにアナログレコードが復活しているそうです。

【レコード】デジタルにはない存在感で音楽を実感する
 CDでさえ販売不振が続く中、ここ数年でアナログディスク、いわゆるレコードの人気が再燃しているという。一般社団法人 日本レコード協会の調査によると、レコードの総生産数(邦楽・洋楽の合計)は、2013年度は26万8千枚だったのに対し、2014年度は40万千枚まで増加した。
日経トレンディネット 2015年11月30日掲出)

 パナソニックではターンテーブル(レコードプレーヤー)の再発売を決定しています。ソニーもハイレゾ対応のモデルを、今年発売予定です。
アナログレコード人気復活を受けて、パナソニックからTechnics SL-1200ターンテーブルが完全復活
BLOGOS 2016年1月6日掲出)

20160316.jpg

 CDの登場で一度は廃れたアナログレコードですが、なぜ今になってと不思議に思う人も多いことでしょう。

 と言うのもアナログレコードは音楽の曲数でいえば、ストリーミング配信とは比べることもできないほど不利だからです。毎月数百円で聴き放題の配信サービスに比べ、アナログレコードは表裏の十数曲でそれ以上の値段か、新盤なら数千円はします。

 しかもレコードプレーヤーやスピーカーを揃えるなど機材費もかかります。盤にほこりやカビが付かないよう注意も必要です。聞き続けていくうちに溝は摩耗して音質は劣化します。
 手間や音が劣化する点を嫌われて、あっという間にCDに取って代わられました。音質が良く劣化もしないといいとこづくめのCDでしたが、同じデジタル音源という土俵ではストリーミング配信に敗れ去っています。音楽に便利さを求めた結論がストリーミング配信だったというわけですね。
 便利さから一番遠い存在だったアナログレコードは、なぜ今になって支持を集めることができたのでしょうか。

 アナログレコードはデジタルとは違う音質であったことに復活の可能性が残されていたのかもしれませんね。カセットテープもその独特のアナログ音質と相まって、同じように再生のきざしを見せています。

 ところで、この降ってわいたようなアナログ人気ですが、本当に喜んでもいいのでしょうか。
 この現象の正体は人と違うものを所有したい、聴いてみたいという、興味本位の一時的な流行ではないか、と疑いたくなりました。
 アナログオーディオこそ、ピンキリ。いい音を出すには苦労と手間とお金がかかるからです。

2016031602.jpg

 レコード盤「Penguin Cafe Orchestra」に針を落とし、中古真空管アンプの柔らかな音を聴きながら、筆者はひとり考え込んでいます。(水)



 羊の色は白からうす茶色と相場が決まっていますが、青森県で黒い羊、ブラックシープ(black sheep)が生まれました。

突然変異?真っ黒子羊誕生/おいらせの牧場
 子羊の出産シーズンを迎えたおいらせ町のカワヨグリーン牧場で、真っ黒な毛の子羊が生まれ飼育員たちを驚かせている。同牧場によると突然変異とみられるが健康状態に問題はなく、他の子羊たちとじゃれあう愛らしい姿を見せている。
(Web東奥 2016年3月13日・青森のニュース) ※1

 以前、アメリカ人の友人にブラックシープの意味をたずねたところ、
「家族の中でひとりだけいる問題児」
と返されました。

 本当は地域や集団にいる厄介者らしいのですが、家族と言い切った彼には思うところがあったのでしょうか。

 筆者がブラックシープを知ったのは、敬愛するボイントンさんのおかげでした。

 ボイントンさんとは、太平洋戦争中に活躍した米海兵隊(マリーン・コー)の戦闘機パイロット。米パイロットが活躍したと言えば、そうです。ボイントンさんはゼロ戦キラーだったのです。

 日中戦争時には傭兵としてフライングタイガースにも参戦した歴戦のつわものでしたが、何しろ酒癖が悪すぎました。上官をポカリとやっては後方にさげられ、日米開戦の頃には、田舎でガソリンスタンドの給油ボーイをやらされていました。

 一念発起した彼は、海兵隊の上層部とかけあい、「ブラックシープ(baa baa black sheep)」なる名称の航空隊を編成し、太平洋を暴れ回ります。しかし、そんな彼も1944年1月、日本軍機28機目撃墜の直後、自身も撃墜されます。
20160314.jpg

 あやうく南太平洋の藻屑(もくず)となりかけますが、通りかかった日本軍潜水艦に救助され、神奈川の海軍施設で捕虜となります。そこで彼を待ち受けていたのは・・・。

 なぜか、日本料理の板場修業でした。ボイントンさんは日本酒の熱燗をつけるのが得意で、人の目を盗んで飲酒することが楽しみだったとか。アメリカ人の目を通して、戦争中の日本人の様子を描いた、貴重な記録となっています。

 捕虜時代のエピソードは、彼の自叙伝に詳しく出ています。
『海兵隊撃墜王空戦記 零戦と戦った戦闘機エースの回想』(光人社刊・申橋昭(訳))※2

 そんなボイントンさんですが、アメリカではエース・パイロットとして有名人で、戦後にはテレビドラマ「Black Sheep Squadron」も作られました。日本では対ドイツ戦線を描いた「コンバット!」は知られていますが、さすがにゼロ戦キラーのドラマは日本では放映できなかったようです。

 このドラマを見たかった筆者は、ベトナム・ホーチミン市にてホテルのテレビでようやく視聴することができました。なぜ、ベトナムで放映していたのか。理由は定かではありませんが、それなりに楽しめました。もちろん、熱燗をつける捕虜時代のシーンはありませんでした。

 映画監督か誰かが、日米合作でボイントンさんの捕虜時代を映画化してくれないかな。(水)

----------------------
※1 「Web東奥」のサイトへはこちらから3月13日に進んでください。
too_l.gif

※2=2013年には文庫版が出ています。
『海兵隊コルセア空戦記―零戦と戦った戦闘機隊エースの回想』
(光人社NF文庫)



 3月9日の朝、9時半(那覇)~10時半(札幌)頃から、日本各地で太陽が欠ける「部分日食」を観測できます。
 欠け始めた太陽が元に戻るまで、おおよそ2時間近くの天体ショーです。

20160224-eclipse.jpg
『提供 国立天文台』

3月9日は部分日食
 2016年3月9日、日本全国で部分日食を見ることができます。
日食は太陽が月によって隠されて欠けたように見える現象です。今回の日食は、インドネシアなど東南アジア地域の一部では皆既日食として、日本では部分日食として観察できます。日本国内(人が居住している場所)で見られる日食としては、2012年5月21日の金環日食以来およそ4年ぶりとなります。
(中略)
 日食が見られる時間帯は、東京では、月が太陽を隠し始める部分食の始まりが10時12分、食が最大となるのが11時8分、部分食の終わりが12時5分となります。各地の日食の予報の詳細は、国立天文台 暦計算室の「日食各地予報」をご覧ください。
国立天文台 トピックス 2016年2月24日 より引用)

 前回は2012年5月21日の金環日食でした。地面に落ちる木の葉の影が欠けたように見えました。この不思議な現象が記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。

 その昔、筆者が小学生の頃は、下敷きやススをつけたガラスで見るのが流行りましたが、実は目にはとても良くないことでした。サングラスや雪山用のゴーグルも危険です。

詳しくは下記のリンク先をご覧ください。
「日食を観察する方法」

 量販店やネット通販で「日食グラス」を用意するのが一番無難のようですね。他に使い道のない日食グラスですが、大事に取っておけば3年後にも使えます。
 3年後の2019年1月6日に、再び日本全土で部分日食を見ることができます。(水)



 「くさいはうまい」の名言を吐き、自著にも『くさいはうまい』(文春文庫)という臭い本を書いたのは、発酵学の権威である小泉武夫氏です。
 先月、大津市で地元の名産「ふなずし」の品評会が開かれたそうです。ふなずしと言えば、お値段の高さもさることながら、その強烈な臭さでも有名です。

失神するほど臭い!「ふなずし」の品評会...滋賀県職員が"家庭の味"競う恒例イベントの狙いは
 全国広しといえど、こんな品評会を開いているお役所は滋賀県庁だけだろう。2月初めに開催された県職員有志による「ふなずし品評会」。職員らが家庭で漬けた発酵食品「ふなずし」を持ち寄り、できの優劣を競う。滋賀名物のふなずしは強烈な臭いが特徴で、手作りの約40品が集まった会場は独特の臭いが立ち込めたが、それもご愛きょう。ワインや日本酒を飲みながら臭いふなずしをつまむうちに、知らず知らず職員同士の交流も深まるのだ。(江森梓)
「家庭の味」で勝負
 2月2日夜、大津市内のビルの一室。テーブルの上には切り分けられたふなずしを載せた紙皿が所狭しと並び、職員らはそれを一切れずつ口に入れては考え込む。
産経WEST 2016年2月16日掲出

20160307.jpg

 ふなずしには先祖から受け継いだDNAも一緒に漬け込まれているようです。
ハレの日のごちそう究極のスローフード ふなずし
産経WEST 2016年1月3日掲出

 老舗の女将さんが語る「(ふなずしは)食べるとほっと落ち着く」味。それがその人にとってのソウルフードなのでしょう。

 幸か不幸か、筆者は臭いものに抵抗がありません。その生育環境に負うところが大きかったようです。というのも、母の意思で実家には羊と山羊がいました。羊はウールを採り、山羊は生乳を絞り、筆者兄妹はそのセーターと乳で育ちました。
 後年、撮影の仕事でフランスの田舎町にあるチーズ市場に行ったときは、ふるさとに帰った懐かしい気分になりました。市場の中は強烈な山羊のにおい、シェーブルチーズの臭気に満ちていたのです。
 おかげさまで少し疲れ気味だったはずが、チーズの臭いで体調もすっかり回復しました。

 日本では誰も手を出さないシェーブルチーズに元気をいただくとは、母の導きのたまものですね。(水)

------------------
※チーズについてはこちらのコラムもご覧ください。
[011]カンタン手料理2-賞味期限切れのチーズをおいしく食べる方法



 お祭りといえば、出し物あり歌舞音曲ありで、人が集まりそこいら中が賑やかになるものです。

 岡山にそんな既成概念をくつがえすお祭りがありました。しかも鎌倉時代から600年以上続く由緒正しいお祭りなのです。

引きこもって過ごす奇祭「かいごもり祭」
 地区の人たちがそろって家に閉じこもり、火を使うことも慎んで静かに過ごすという岡山県新見市の伝統の祭り、「かいごもり祭」が23日行われました。
 この祭りは新見市唐松で毎年行われている地区の伝統行事で、祭りの名前の「かいごもり」には皆が籠もるという意味があります。鎌倉時代末期に後醍醐天皇が隠岐に流される途中にこの地で休んだ際に、女性や子どもらが家に閉じこもって静かに過ごしたことにちなんで始まったとされていて、祭りが行われた23日は、地区の人たちが外出や火を使うことを控えて、昼すぎには店じまいや戸締まりをする姿が見られました。(NHK NEWS WEB 2016年2月24日)
20160302.jpg

 家に引きこもって過ごすだけでお祭りになるとは、まさに奇祭。火を使えないので、ご飯の支度はできず、昔は暖房もなかったはず。お湯もわかせませんので、午後のティータイムを楽しむわけにもいきません。
 そもそも外出を控える祭りですからティータイムは禁止でした。いやはやちっとも楽しくなさそうです。
 それでも600年も続く「かいごもり祭り」。長続きの秘訣を聞いてみたいですね。

 日本のハロウィン祭りも、今年からかいごもり方式に変えたらもっと賑やかに、いえ静かに過ごせるのにと、筆者は思いました。(水)


サイト内検索
google

今月の新刊

ミス・ムダがゼロになる「集中力」
ミス・ムダがゼロになる「集中力」
著者/須﨑 恭彦
定価/1500円+税

改訂増補 一人前社員の新ルール
改訂増補 一人前社員の新ルール
著者/黒川 勇二
定価/1300円+税

部長の仕事術
部長の仕事術
著者/川井 隆史
定価/1500円+税


誰とでも仲良くなれる敬語の使い方
誰とでも仲良くなれる敬語の使い方
著者/松岡 友子
定価/1400円+税