書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

字ばかりがギッシリと記載されていなかった。 解説がわかりやすく、英語を勉強する気がでた。
2016:12:08:10:51:59 2016.12.08更新
6年女子が 理科好き、本を読むのが好きな子なので、読書として使えそうなので購入。 解説→問題→得話と
2016:12:08:10:29:16 2016.12.08更新






明日香出版社について
TOP >>
 社長業!営々黙々とやっております >>
 2008年12月
社長業!営々黙々とやっております
2008年12月



明日香出版社では毎年恒例「10大ニュース」を作成して社内に配布します。 
今年から日記を書き続けているので一緒に「自分ログ」も作ってみました。 
 
会社の10大ニュースは社内だけの秘密ですので公開は出来ません。今回は今年から始めた日記による「自分ログ」より導き出された来年の課題を書きます。 
 
今年は良く飲んだ年でした。自分ログによると自宅の晩酌も含めて、2日に1回は飲んだ計算になり、飲んだうちの1/3ほどが翌日に影響を与える悪い飲み方でした...。妻より「飲み過ぎです」ということで2009年は「①酒量を減らす」が目標にあがりました。 
 
子供が3人おりまして、にぎやかな日々を過ごすわけですが、言うことをなかなか聞いてくれなくなった最近では、声を荒げて叱ることも多くなりました。自分ログによると叱った回数は増える傾向にあります。「こんにゃろ~!(ちょっとふざけて)」ということもあり、妻より「言葉遣いが下品です」と。ということで2009年は「②丁寧な言葉遣いを心がける」ということになりました。 
 
そして今年は、一家でよく病院へ掛りました。妻が熱で寝込んでいても、仕事上の予定はキャンセルをせず実行、酔って帰る、帰って食事を要求するなど極悪非道(?)の行いをしてきたようです。妻より「お友達の旦那さんはみな優しいですよ」ということなので、2009年は「③労りの気持ちを持つ」ということになりました。 
 
①酒量を減らす 
②丁寧な言葉遣いを心がける 
③労りの気持ちを持つ 
 
以上が個人的な3大目標となります。 
 
すべての目標設定に「妻」の文字を出していることで優しい夫を演じている訳ではありません(笑い)本当は優しいのです! 
 
さて、自分をログることは、反省点を浮き彫りにする意味ではいいものですね。そもそも日記が1年間続いたことは自分でも驚いています。 
 
来年も継続をし自分ログも作成したいと思います♪


 2008年の新春早々のアナリストの予想は「緩やかな上り坂」という感じでしたが、中を覗けば地獄絵巻のごときひどい状況のようです。誰も予想できない状況に経済が動きはじめました。「この世界規模の経済不安の原因と解決策は神様しか分からないよ」が最近では「神様でも分からないんじゃない?」という言葉に変わりました。神様でも分からないのであれば、私ごときで知る由もない!「ならば目先の経営に精進するのみ」と足元ばかり見てしまいます(笑い) 
 
 さて、12月度は何とか前年をほぼ維持して終えることが出来そうです。感謝です。改善する数値もあれば減る数値もあり、売れる本もあれば売れない書籍もありました。良い数字ばかりを追いかけると足元がすくわれそうな気がしてしまいます。すべては適正な数字の中で上手にバランスをとることが必要なのかも知れません。 
 
 数字をより意識した強固な組織体制にするべく「経営企画室」を創設したり、各プロジェクト(インスパイア・クラウド)のチームを作ったりと新春を見据えた動きをとりました。そして新年からは組織変更を行います。年末のレイアウト変更で2本部7タスク(7人の侍の誕生です)が誕生します。詳細はいずれ日記で触れるとして、中小企業としてはそれなりに大きな行動であるといえます。 
 
 飲食店を経営している友人の話。「この業界は景気の影響をもろに受けてね、3割・5割売上げ減のお店もあるとか」とのこと。景気が悪くて財布の紐が固くなったということだが...。単純に財布の紐が固いだけではなく「このご時勢に飲んでる場合じゃない」という世相も反映しているとも。だからこそ、このタイミングで書籍や雑誌を読んで勉強しようという世相にしないといけないと本気で思います。出版界に集う企業が少しずつでも出資をして、そういった世相を共同で作るような広告を新聞に出せないものか?とも思います。 
 
 来週末に「新春の挨拶」を早々と掲載し年内の日記は最後といたします。


081208.jpgネットの世界のことについてなど興味深い(恐れる)記事がありました。 
まだ手元に折込紙を持っている方は読んでみてください。


もう12月です。あっという間に年越しです。 
久しぶりの諸事雑感です。 
 
■年末ジャンボ宝くじを購入しました。毎年社員さんへ配っております。ささやか(当たればビック!)ながらの一年間の御礼です。購入にかかる時間は1分、領収書が出てくるまでの時間...。クジ売場では発行できないそうで、窓口業務となっているとかで、外で待つことおよそ10分、寒い!それでも出て来ない...。金融機関は窓口サービス向上を目指しているはずなのに、これはまずいのではないでしょうか。珍しく「もう結構ですから~」と小言をもらして帰ってきました。 
 
■インフルエンザ予防接種終了。12月は売上目標だけではなく、インフルエンザ対策完了も目標にしております。最も注意すべきは予防の効かない鳥インフルエンザのパンデミックです。総務部では早速ですが対策行動をとりました。個人でも対策をしておりまして、ほぼ完了しました。以下がその明細です。 
 
・会社で購入するもの。 
1、アルコール消毒ボトル   
2、医療用手袋 
3、医療用マスク(WHO推奨)  
4、イソジン 大型ボトル   
・個人で購入を強く要請するもの 
1、ゴーグル 一人一ゴーグル(花粉対策用) 
2、タミフル 1日2カプセル × 5日 × 人数 
3、非常食カップラーメン箱単位 × 人数 
4、水 箱単位(2L6本) × 人数 
5、ガスコンロ 箱単位(3本) × 人数 
6、プレパンデミックワクチン 
 
8週間は外出できない。厳密には8週間×余波(3回)とも言われております。ある研修会で「パンデミックがいつ起きるのか心配しております」といいましたら、全会員が「はぁ?」というような顔をしておりました。つまり無関心。私が考えすぎなのか...?迷いましたが、多少の費用で社員を自宅まで無事に帰せるのであれば安いではないか!と思いました。 
パンデミックが実際に発症した場合は、医者は逃げ、私立病院は閉鎖され、国立病院でも医者が逃げるか嫌々ながら政府系の役人が医療に携わり、死亡予想の80万人をはるかに超える数百万単位の死亡が確認されると予想されています。企業は2社に1社が倒産するという大再編です。そして先日、恐るべきニュースを発見しました。 
・・・・・・・・・・・・・・・・ 
インドネシア、鳥インフルエンザの疑いで17人が入院【ジャカルタ=代慶達也】インドネシアの保健当局は13日、スラウェシ島南部のマカッサルでH5N1型の鳥インフルエンザの疑いで地域住民17人が入院したことを明らかにした。患者の血液などの検体を採取、検査結果は14日以降に判明する。インドネシアでは鳥インフルエンザで全世界の4割強の112人が感染死しており、保健当局は警戒態勢を強めている。 
マカッサルの保健当局によると、地元の空港周辺で11月に入って鳥インフルエンザによって大量の鶏が死んだ。このため当局は同地域で高熱を出している患者17人を国立病院に隔離、検査に着手した。仮に集団感染が確認されれば、人から人へ感染する新型インフルエンザが発生した可能性もある 
・・・・・・・・・・・・・・・・ 
余談ですが。みずほ証券の方から「社内でもパンデミック対策を急いでいるようです」との話を聞きました。大手企業さんはしっかり対策を検討しているのですね。さすがです。ついでに領収書を早く出せる体制もお願いします(苦笑) 
 
■組織図の大幅な変更を実施します。大きな配置転換と挑戦です。2007年が暮れる時に私は社内で次の説明をしました。「来年は業界、業界外を含め厳しい年となる。心して新年を迎えましょう!」年明けて、ある雑誌2008年2月号の付録CDを聞きなおしました。見事に景気楽観論が展開されておりました。そして誰もが2008年の景気を読み間違えました。最近では「サブプライムから端を発した今回の金融不安の行く末は神のみぞ知る、いや神様でも判らないかもしれない」と表現されるように、読むことは不可能なのですね。誰もが先を読むことは出来ません。ただ体制を強化する行動は出来ます。2009年どんな年になろうとも対応が可能になります。 
 
■業界プレスの方と飲みました。さすがに色々な情報をもっています。何度「エーッ!そうなんですか」と言ったことでしょう。ご縁で新春号に私のコメントを紹介をしてくれることになりました。その際に使う最新の写真を撮りにいきました。お楽しみに~! 
 
■年初よりアメリカ発のレポートを毎月もらっております。社内建学を目的としたもので一切公開をしておりません。しかし、その内容は業界がまさに求めている、しなければならないこと、目指す未来へのヒントが書かれております。そして社内から「今回も非常に参考になりました」という声が届きます。アメリカの書店・出版・流通・マーケット・著者などの話を聞けるのは、忙しい合間でレポートを書いてくれている著者のお陰なのです。感謝です! 
 
 
久しぶりの諸事雑感でした。
過去の情報

サイト内検索
google

今月の新刊
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
著者/横山 信治
定価/1400円+税

改訂版 はじめての会社経営100問100答
改訂版 はじめての会社経営100問100答
著者/出口秀樹税理士事務所:編著  出口 秀樹/福澤 康弘/中村 明博:著
定価/1600円+税


やり抜く技術
やり抜く技術
著者/伊東 泰司
定価/1500円+税

CD BOOK 超英語思考トレーニング
CD BOOK 超英語思考トレーニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1600円+税