書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

字ばかりがギッシリと記載されていなかった。 解説がわかりやすく、英語を勉強する気がでた。
2016:12:08:10:51:59 2016.12.08更新
6年女子が 理科好き、本を読むのが好きな子なので、読書として使えそうなので購入。 解説→問題→得話と
2016:12:08:10:29:16 2016.12.08更新






明日香出版社について
TOP >>
 社長業!営々黙々とやっております >>
 2009年09月
社長業!営々黙々とやっております
2009年09月



 

小社では不定期ではありますが見学会を開催しております。前回はANA整備工場を視察しました。今回、久しぶりの工場見学会を開催いたしましたので報告いたします。

 

今回はバスをチャーターして視察ツアーを企画しました。視察場所は①TOYOTA L&F ロジスティクス&フォークリフト②サッポロビール千葉工場です。 そして今月は祝勝会をサッポロビール園で行いました。

 

TOYOTA LF ロジスティクス&フォークリフト

http://www.toyota-lf.com/

 

 

L&F.JPG物流ソリューションに触れてきました。明日香出版社には別会社ですが出荷倉庫があります。今回の見学で触れた各社の物流での問題点は我々にもオーバーラップしているものが多く大変参考になりました。物流改善までの写真や映像は、いつか見ていた、いまも見ている映像そのものでした。最先端の物流技術に触れてきたわけですが、今度は倉庫の担当者も一緒に再度見学をしたいと思っております♪

 

サッポロビール千葉工場

http://www.sapporobeer.jp/

 

 

SAPPORO.JPG言わずもがなですがビールの出来るまでを見学してきました。我々の実務に直接影響するものではありませんが、品質管理という点においては参考になる部分も多かったです。缶ビールで1200/分、瓶ビールで500/分が生産されているようです。品質管理においては機械が高品質な管理をしているようです。およそ1分間に1本ほどの割合でしょうか、超高速で流れているラインからはじかれる瓶ビールがあります。高速ラインからはじかれ、ゆっくりとしたラインで不良品処理場へ向かう瓶ビールの後ろ姿が寂しく見えました。面白かったのは工場見学最終コースには「おいしいビールまであと150m」と試飲会場までの距離が各柱に刻まれていたことです。

 

明日香出版社祝勝会

 

 

beer.JPGサッポロビール工場に併設されているレストランで祝勝会を行いました。ジンギスカン90分食い飲み放題!のコースです。大変厳しい業界ではありますが、ここでしっかりと栄養を摂り明日への稼働の活力としたわけです。

 

久しぶりの見学会でしたが、また機会をみて開催したいと思います~♪



20090924191745.jpg会社の冷蔵庫でお酒がたんまりと冷やされております。
一体全体なにを考えているんだ~?と思われるかもしれません。

明日香出版社は飲める人が多く在籍しております。しかも伝統的に飲兵衛が多いのです。



社内でお酒が飲める理由は唯一。
売上目標の達成です。

今月は売上を達成することが出来ました。先日は7月-8月度の数字が締まり、結果は100.1%という数字が出ました。

そして今月も昨年対比を大きく
伸ばす数字になったと思います。
まずはこの成績をいただけたことに感謝です。

これからもご支援のほどよろしくお願い申し上げます。



MPD.JPG今週は、今日のために日記を書いてきませんでした。
今日は明日香出版社の記念すべき日になったと思います。

MPD様とこれからはじめる秋の施策について取材を受けて参りました。出版社ではサンクチュアリの社長さんも同席しての取材。早ければ来週より記事が新聞・業界紙に載ります。いずれにしてもとても緊張します(ドキドキです。)


秋の施策とは何か?

【既刊本インセンティブ】という企画をすることになりました。
この1年以内の売れ筋商品で少し売れ行きの落ち着いた商品、つまり在庫が少したまってきている商品を中心に特別販売報奨金を設定して、再び拡販をお願いするというものです。出版社にとっては在庫を販売するチャンスが生まれます。一方で書店様にとっては販売をいただければ1冊あたりで40%以上の粗利を確保できるという施策です。

大手出版社が業界の粗利改善のために動きました。中堅8社も35ブックスという取り組みで業界の粗利を改善しようとしております。その動きを見て小社も何かできないか?ということを考えてきました。でも何をして良いのかが見当もつきませんでした。

今回、MPD様より本施策のお話を頂戴し「これだ~!」と、これから取り組むべき方向性を示していただいた思いです。

とにかく我々は小社は小社です。色々とご指導をいただきながらも今後も挑戦をしてゆきたいと思います。

今後ともご支援ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
           

 



syodai.JPG

 

 




明日香出版社も加盟している日本書店大学の皆さまに会社に訪問いただきました。
本日ご来社いただいた方々です。

田辺企画     田辺 聰 様
一清堂書店   清宮久美子 様
天真堂書店    小菅一徳 様
ブックスなにわ  猪俣和孝 様
丸善書店     永井久仁明 様
オクショウBOOKSアコート  奥 則夫 様
日本書店大学  田中茂雄 様

まずは田辺様よりご挨拶を賜りました。明日香出版社の社長(私)以上に明日香出版社のことを知ってくださり脱帽です。小林二郎様との対談のお話なども紹介をしてくださいました。感謝です。

続いて会社を代表して来社のお礼を私から述べました。
【変化の時代において、ともに協力をしあい共存共栄をしていきたい】という趣旨をお伝えしました。今後の明日香出版社の重要な経営の施策に特約契約機構と販売報奨機構があります。「特約販売と同時に返品率も下げる」取り組みにもチャレンジをします(しています)。

とにかく勉強熱心な皆さんで、明日香出版社の営業社員にも業界の現状や問題点などのご指導をいただけました。

本日いただいたご意見をそのままにするようでは駄目な社長です。必ずや皆様のお役に立てる施策にして貢献をさせていただければと思いました。

本日のご来社に心より感謝を申し上げます。



 
今日はわが社の若手社員さんの日報を紹介します!お許しください。(いや、良いものは勝手に掲載しますがな!)

 
Oさんの日報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の日曜から、Tくんと朝の勉強会を開始することになりました。
今も平日はお互い場所は違えど勉強してから出社して、休日も
たまに午後から合流して勉強会を開いたりしているのですが、
なかなか休日の朝にモチベーションを維持できないのが悩みでした。
 
そんな時彼が「朝4時起きですべてがうまく回りだす!」を読んで
『休日の朝起きるには、外せないアポイントを入れればいい!』という
行を発見し、早速実践しよう、と。
問題はお互いを『外せない』と認識しているかどうかですが(笑)、
それにしても良い相棒が帰ってきたと感謝しています。
 精進いたします。
宜しくお願いします。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よいと感じた書籍をはお互いに共有し、そして共感共鳴する。
「いくつになっても自分の意志で勉強する人はすばらしい!」という明日香出版社語録があります。若手の、その実行力とやる気には敬服しつつ、自らの動かぬ体を省みて嫉妬心すら感じるほどです(その機動力=起動力、羨ましいぞ!)。そしてそのT君の日報(常に示唆に富む内容を送ってくれます)を紹介します。

 Tくんの日報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Oさんの真似をしているわけでもなんでもないのですが、
僕も朝の早起きをしています。目標は4:30です。
(5:00のOさんに対抗しているわけではありません笑)

朝の時間は、過ぎるのが遅いと思います。
勉強等集中が必要な事柄にはもってこいです。
どういうわけか、夜だと気になることが色々と浮かぶこと極めて多く、
気づいたらやろうとしていたことがほとんど進んでいなかったりという有様。

よって、22:30に就寝目標を置き、その分早朝の時間にシフトします。
夜の時間を捨てるには、最初は結構な「意志」が要ります。
でも、朝の時間の流れ方がクセになると、しめたものです。
ようやく生活スタイルが固まってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日報からもお互いが切磋琢磨し伸びてゆこうとする姿勢を感じます。
当然そんな二人を社長は応援したいと思います。

恐るべし!若手のやる気と実行力!



明日香出版社編集部による更なる良書作りを目指して「ビジネス書意見交換会」を開催いたします。

この機会に忌憚のないご意見をお聞かせいただければと思います。
些少ですがお礼もご用意いたしております。

以下、ご案内をいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日頃は明日香出版社のビジネス書をご愛読たまわり、まことにありがとうございます。

さて、編集部一同、良質のビジネス書作りに精進しておりますが
よりいっそう、読者のニーズにマッチした書籍を作るため
読者の方々から、直接お話をお伺いする会を持ちたいと思っております。
この度は30代(付近)の働くビジネスマンの皆さんのお力を借り、
弊社・他社のビジネス書へのご意見・ご感想・ご希望・職場でのお悩み事など
伺いたく存じます。

未熟ながら、より役に立つ本作りを目指す私たちのために
お力をお貸しいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

日時:2009年11月28日(土) 午後1~5時予定
場所:
明日香出版社 会議室
   (文京区水道2-11-5、東京メトロ有楽町線<江戸川橋>駅の
3番出口から徒歩3分)
募集:28~38歳の働く男女

お申し込み方法:
下記のフォーマットにしたがい、
コメント欄に投稿していただくか
asukaweb@asuka-g.co.jp (「@」を小文字にしてください)
あてにメールをお寄せくださいませ。

1.お名前
2.メールアドレス
3.ご職業
4.年齢
5.性別
6.明日香で読んだ本

なお、応募者多数の場合は抽選とし、参加決定者の方にのみご連絡を差し上げます。
あらかじめご了承ください。

お問い合わせ:編集部 ビジネス書担当(藤田、金本、久松)



あたりまえだけどなかなかできない 33歳からのルール」「働く女(ひと)!  38才までにしておくべきこと」の売れ行きが良いということもあり、さらなる売り伸ばしを支援する意味でオトバンクによるプロモーションを開始しました。

詳しくはこちらをご覧ください ↓ ↓ ↓ 。
http://sinkan.jp/special/33rule/yomidokoro.html

TOPページにも紹介されております。
http://sinkan.jp/top/index.html

ウェブでのプロモーションは初めての取り組みとなります。
さっそくですがアマゾンさんでのランキングも上がってきております。

ご担当の久保田さんに改めて感謝を申し上げます。


現在のシステムに切り替えて10年ほど経っていると思われます。

この10年間の流通革新は目覚しいものがありました。明日香出版社としても変化する流通に対応するために、システムの基本ソフトウェアにカスタマイズを続けてきておりました。

IBMのAS400はこれまで安定して運用ができておりました。流通システム上のトラブルは自社には関係ないものと思っていました。ところが、ここ数ヶ月はトラブルが頻発しており、解決の糸口がまだ見えない状況です。

かつて相談役がシステムを入れ替えた際の理由は「迅速な見積もり対応に、その後の運用サポートの安心を垣間見た」でした。

その時の迅速な対応(解決!!)を今はただ待つばかりです。

過去の情報

サイト内検索
google

今月の新刊
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
著者/横山 信治
定価/1400円+税

改訂版 はじめての会社経営100問100答
改訂版 はじめての会社経営100問100答
著者/出口秀樹税理士事務所:編著  出口 秀樹/福澤 康弘/中村 明博:著
定価/1600円+税


やり抜く技術
やり抜く技術
著者/伊東 泰司
定価/1500円+税

CD BOOK 超英語思考トレーニング
CD BOOK 超英語思考トレーニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1600円+税