書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

字ばかりがギッシリと記載されていなかった。 解説がわかりやすく、英語を勉強する気がでた。
2016:12:08:10:51:59 2016.12.08更新
6年女子が 理科好き、本を読むのが好きな子なので、読書として使えそうなので購入。 解説→問題→得話と
2016:12:08:10:29:16 2016.12.08更新






明日香出版社について
TOP >>
 社長業!営々黙々とやっております >>
 2010年01月
社長業!営々黙々とやっております
2010年01月



アップルよりiPadが発売されるというニュースに驚いた。また時代が変わるのか・・・。

つい2日前に弊社の語学タスク長に頼んでKindleを手に入れてもらいました(ちなみに語学タスク長はとっくにユーザーである)。「薄い・軽い・見やすい!」という印象を持った。アマゾンはキンドル著者に対しての印税を70%も支払うというニュースもあり、これから時代がどのように動くのかモアモア~っと空想してしまう。

この話題で、数名の社員さんとメールをやり取りしております。

■どこかの記事にありましたが、「iPodが音楽業界を変えたように、iPadも出版業界の常識を変える」かもしれません。
■『そういえば昔、ノートパソコンってものがあったね~』なんて時代が来たりして(笑)

というコメントにもなるほどと思えます。。(本当はかなり突っ込んだメールの内容なのですが、そこは伏せます・・・)

1月度の課題図書はNHK出版の「フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略 」だったので、色々なことに対しての考えが浮かぶ・・・。いずれにしてもiPadも即買い間違いなしです!変化について行くためにも勉強する必要があるのですね。

フリーには「万有引力に逆らうことは出来ない!」というフレーズがあり、とても気になるものですから。



日曜日に免許の更新に行ってきました。
講習時間はなんと2時間!その間みっちり勉強をしました。さすが教官、手際よく重要な部分を説明してくれております。その指導ぶりに感動しました。朝10時に試験場に入って出てきたのは昼過ぎの2時ということで4時間も掛かりました。講習よりも大変だったのは、受付を済ませるまでの長蛇の列に並ぶことでした。

午後2時に免許を受け取った際の番号は51500番ということで、先頭の5を除いた1500人が午後2時の免許取得までに試験場を訪れていた人数のようです。

免許証は身分証明書として使用するためにも必要です。必要と思われる資格を更新するというビジネスは不況の影響を受けないと改めて感じました。更新料金4500円は商売をしている感覚から言えば安すぎる金額と思えました。仮に料金が2倍となったとしても必要なものであれば更新をせざるを得ませんし・・・。もちろん値上げには断固反対ですが(笑い)。資格における更新は大きな安定収入ですね。



■1月度の課題図書はNHK出版の「フリー」だが・・・
難攻不落で大変!これからの新しい経済学として、知識として絶対に必要であると感じ、現物を見ないままに購入をし、社内へ配布しました。自宅に帰り書籍を開いた瞬間に「しまった!」と感じました(笑い)。そうです、明らかに理解しながら読了するに骨が折れるのです(難攻不落)。でも読み終えた自分は必ず読んでいない人と差がついているはず!という思いで読んでおります(ひぇ~)。

■「Outlook Express」メーラーの故障
年始早々に数年分のメールが飛びました。といいましてもメーラーは自宅PC・ノートPCなどに共有しているので大きな問題にはなりません。ただ不安定な状態は変わらなかったので「shuriken2009」というメーラーをインストールしてテスト的に使用をしております。まだまだ判らないことが多いのですが注目しているのは『スパムメール排除性能』です。性能がよければ本格導入も検討したいですね。

■アークンというマルウェア対策ソフトの導入を検討
マルウェア対策にも乗り出しております。マルウェアチェッカー(テスト版)を使用したところ、トロイ等々の弩ヤバイものがゴロゴロと検閲されました。セキュリティーソフトを入れていたので安心をしていましたが、もう一歩踏み込んだ対策が必要なのですね。まだまだ慎重な検討が必要ですが・・・。

■ファイルメーカーの各種台帳の整備を開始
明日香出版社の社内台帳はファイルメーカーを使用しております。ただこの台帳はPCに強い社員さんにより作られ、それを歴代の社員がその時々に応じてカスタマイズなどをして台帳として成長をしてきました。そしてそろそろプロによる見直しが必要な時期(他の台帳との統合のため)になりました。IT系なお話でした。

■心に突き刺さる弔辞
本日、ロータリークラブでお世話になった会員の告別式が執り行われました。新宿区中山区長や新宿医師会元会長も参列していた。生前、社会に大きく貢献した方であることは容易に想像できた。その告別式での弔辞は、寒さと悲しみに冷え込む式場に参列している皆の心に突き刺さるほどの温かさと感謝に溢れていた。弔辞は読み上げられた瞬間に、適当に作られたものか(秘書が作ったもの等)どうかすぐに判る。「私はどれだけ貴方にお世話になったことか」という人の感謝が滲みでるからだ。だから故人が人に感謝されていなければ、弔辞を頼まれた人も大変と思われた。人に感謝され惜しまれながら締めくくる人生こそ最高の人生なのですね。私は故人の書籍を読んでその死生観に感銘を受けております。その著書(非売品)の中で、徒然草第155段「死は序でを待たず、死は前よりしも来たらず、かねて後に迫れり」や藤原業平の「ついにゆく 道とはかねて聞きしかど 昨日今日とは思わざりけり」など多くの死生観が紹介されていた。恋愛小説の原稿もあるとのことで故人から「一度、原稿を見て出版を検討してくれ」といわれておりました。自社の出版物とのジャンルの違いから戸惑っている私を見て「ふっ、冗談だよ」と笑ってくれました。先生はご自身が医師ということもあり自分の余命を計ってらっしゃいました。会合でお会いしお話をする機会には「今日で俺もおしまいだ」とボソッとつぶやき、ニヤリと笑って肘で私をつついてくれました。ありし日のお姿を偲びつつ、先生のご冥福を心よりお祈りいたします。合掌



妻が息子へ囲碁を教えております。岳父は囲碁の有段者ということで、その流れを伝授しているのでしょう。

私は、詳しくはないので囲碁を教えている姿を横目に、携帯電話で将棋ゲームをやってみました。これが結構おもしろいのです!

最初は「易」から始めましたが、あっさり圧勝しました(自慢になりませんが・・・)。そして「普通」で勝負をしますと、敵も然る者なり。しっかり嫌な所へ駒を進めてきます。

苦戦・・・。負ける。悔しい・・・。
そしてはまりました。

現在、「普通」も勝てるようになったので、いよいよ「難」へ挑戦をしてみようと思っております。まだ一度も挑戦していないので楽しみです。

ふと思えば結構、脳みそに汗をかいているように思います。
老化を抑えるにはもってこいだと思いました。

さて、業界新春の会が一通り終わります。
取次さんの会、いつも多くの関係者を招いていただき感謝です。ただ弊社では3年前の市会よりお酒を飲まないようにしております。業界が厳しい環境下にあり、お酒をいただいてよいものだろうか?と遠慮をしておりました。

そして書店さん、取次さん、知人・友人より多くの問い合わせがありました。「年賀状戻ってきたよ~」というものです。

大変、失礼をいたしました。

子供が3人になり部屋が手狭になったので、2年前に同じマンション内で広い部屋で移動をいたしました。個人情報なので詳細は書けませんが、17階から14階へ移動となります(17●●号→14●●で、●●は同じです・・・。同じ方角ということですね。笑い)。
折角のお年賀を無駄にしてしまった方々へ、この場を借りてお詫びと新住所報告をさせていただきます。



激動の2009年が締まり、更に激動の2010年が明けました。

今年も業界は大きな変化が起きると心しております。ですが20年前、30年前の業界紙のスクラップ記事を読んでいますと、いつの時代も「激動」だったことが伺えます。

2010年は「激動が常態である」ということをしっかり認識をして社業に臨みたいと思います。
お蔭様で2009年は前年対比を超えることが出来ました。新刊点数をかなり削減しての数字ですから、社員一同喜びを感じております。

2010年も業界のために何か貢献が出来るように精一杯の背伸びをして取り組みます。
読者様・書店様、取次様の更なるご支援とご指導をお願い申し上げます。

有限会社明日香出版社
代表取締役 石野 栄一

過去の情報

サイト内検索
google

今月の新刊
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
著者/横山 信治
定価/1400円+税

改訂版 はじめての会社経営100問100答
改訂版 はじめての会社経営100問100答
著者/出口秀樹税理士事務所:編著  出口 秀樹/福澤 康弘/中村 明博:著
定価/1600円+税


やり抜く技術
やり抜く技術
著者/伊東 泰司
定価/1500円+税

CD BOOK 超英語思考トレーニング
CD BOOK 超英語思考トレーニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1600円+税