明日香出版社について
TOP >>
 社長業!営々黙々とやっております >>
 2015年04月
社長業!営々黙々とやっております
2015年04月



表題の通りですが、社内レイアウトの変更の為、社内LANおよび電話回線が切断されます。
お客様、お取引先様にはご不便をおかけするかもしれませんが、ご了承ください。
28日の夕方にはすべての回線が復旧がされる予定です。
どうぞ引き続きよろしくお願い申し上げます。
                          有限会社 明日香出版社
                          代表取締役 石野 栄一



 私は小学生の時にヨットを習っておりました。切っ掛けは当社相談役のヨット好きが高じてのことです。最初の練習艇はダックリングという箱型のヨットです。ヨットの操船からセーフティについて徹底的に学びました。クラスアップして次に乗船したのがミニホッパーという一人乗りの本格的なヨットです。所属していたスクールはヤマハで、母港は聖地である葉山マリーナです。当時は「こんな厳しいスクールになんで親は通わせるのか!」と自分の不運を嘆いたものですが、今となっては感謝しかありません。体で身に着けた技術は、何年たっても忘れません。今でも普通に操船できますから。
 一昨日に息子の誕生日会がありました。私の姪も駆けつけてくれましたが、その姪も同じヨットスクールで学んでおります。しかも本格的に上を目指して努力をしているようで、日本各地でのヨットレースに参戦をしております。一見するとイマドキJKですが、その実、努力家でもあります(外見で判断してはいかんね)。
 その姪が、母親(私の姉)であればヨットで勝てる自信があるが(ここから重要)「ニィニには勝ってないから、近々レースをしよう!」と挑戦状をもらいました。「ほう、どうやら大阪北港で遊んだプチレースが忘れられない様子じゃの~」と、得意げに挑戦を受けるわけですが、もう勝てないでしょう・・・、はい。 http://www.osakanight.com/night_view/hokko_yacht.htm ※素敵な写真のURLをリンクします
 昨日のバッチテストの様子が送られてきました。「まあ、写真は普通じゃの~」と、また余裕をかますわけですが、もう勝てないでしょう・・・(2回目の敗北宣言)。 ガンバレ!そして2020年オリンピック選手をめざせ!!とエールを贈り、挑戦状は有耶無耶にしちゃいます)^o^(
image1.jpeg



ビジネス書の企画創作会議を開催しました。その名も『ざっくばらん企画会議』です。
普段、出版企画は編集担当者と著者とのクローズドな空間で誕生しております。
この会では、オープンな場で著者の先生方の見識も加えつつ、忌憚のない意見をまじえて企画を創作するのが目的です。本日も今後につながる企画の種が生み出されました。
あとは企画書が出来上がってくるのを待って、ブラッシュアップをして、新しいナレッジとして世に送り出すのみとなります。
次は読者にご参加いただく『読者100人委員会』を年内に開催する予定です。
日頃のご愛顧に感謝しながら交流できればと考えております)^o^(

写真 20150410.JPG
写真 1.JPG




弊社WEBの「できる!」ビジネスマンの雑学」にあるように、写真を検索してみました。

社員旅行の写真。プライバシーに配慮して顔ではないオーロラの写真を適当に選びだし、アップしてみたところ・・・、なんとビックリ仰天!
フォトコンテストで私の写真が銅賞をもらっておりました。

『第15回 AIE オーロラ・フォトコンテストの結果発表』
http://www.aietours.net/contest/gallery2014.html

えらいこっちゃ!です。すっかり忘れてましたがな!

確かに皆が寝静まっている中でも、一人でオプションツアーに出かけて、零下40度の世界で凍てつくカメラと共に頑張ってきました。
「入賞していることを教えてくれればいいのに~っ」、という思いもありますが、まあ銅賞ですから嬉しい限りですよ♪

それにしてもGoogleは最高!です。いやー、すごい!
一方でコワイという感覚もちょっぴりありますが)^o^(



昨日、出版クラブで開催された『本はまだまだ売れる!!―2015年出版業界はこうなる 文化通信社:星野渉さん』に参加してきました。この会には全国から80名もの学生さんが参加していました(その熱意に感心!)。当初、夕方から別な用事があり、セミナー後の懇親会は欠席する予定でした。ただ学生さんの質問熱を受けて、縷々話を聞きたく、懇親会にも参加してきました)^o^(
懇親会では6人の学生さんと話をしましたが、皆さんそれぞれが概ねやりたいことを定めて就活をしているように見受けました。志望先を聞きますと、これまた概ね、否、ほぼ全員が大手志望とのこと。これはこれで良し。とはいえ、中小出版社の代表としては弱者の魅力も伝えてきました、はい。雑な言い方ですが、大手以外の出版社は新卒採用がなく、中途採用が目立つのもこの業界ならではなのでしょう。弊社で言えば、来春は院卒の学生さんが入社予定ですが、一般採用活動を経てということではなく、熱意ある申し出による採用でもあります。
学生さんの声を聞くと、出版社の採用情報・『出版社のお仕事』・求める人材像などの情報を求めているようでした。ということで昨日は、出版社が求める人材像というものを伝えてきたつもりです(しつこいですが、中小出版社の魅力も!)。
ということで、少しでも求めている情報を伝えたく、2014年大晦日に掲載した日記を再度掲載しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(2014/12/31『営々黙々』掲載)
『出版社に入るあなたへ (『文化通信 1/1号』寄稿文)』 
この業界に興味を持ってくれたあなたへまずは感謝をします。この業界に20年間、特に小規模な出版社を経営している私が自分なりの求めている人材像というのを語ってみたいと思います。

 まず弊社は「Be Strong! Be Small!」を標榜しております。その意味は少数精鋭を目指すということです。恐らくどの出版社もこの流れで経営をしております。あなたが将来どの部署でどのジャンルの出版に携わるのかは知りません。でも大切なのは「あたりまえのことをこなせる」かどうかです。

 ベストセラーを生み出している出版社で話を伺うと″飛び道具"的な施策はなく、あたりまえのことを地道に飽くことなくやっているということが分かります。働き始めて3年も経つと慣れることができますが、一方で飽きという病にも掛かります。大手では異動もあり新しい業務に触れる機会もありますが、小規模な出版社では10年そして20年と同じ業務を続けることになります。日々の業務の中で飽くことなく業務を遂行できるかがあなたの成長に関わってくる重要なことになります。

 例えば採用時に編集者になりたいという声をよく聞きます。ですが編集者になりたいという「職」に憧れ拘る人が作った本は愛情のない作業本になってしまいます。ですから編集者ではなく、企画を愛してほしいと思います。自分で企画を立てて、それを市場に問う。結果が悪ければ編集者は自分の価値を毀損していきます。スリリングでもあり、やりがいのある仕事です。では営業職はどうでしょう。営業部は自社の商品の販売が主ではありません。もちろん自社の利益を度外視はできません。でも弊社のトップ営業マンは、まず書店さんの売上がどうすれば上がるのか?を必死で考えています。ここに愛を感じます。寝食惜しんで稼働する姿に私は尊敬の念を覚えます。ぜひあなたの無限の可能性をもって業界の一翼を担ってほしいと思います。

過去の情報

サイト内検索
google

今月の新刊

人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
著者/鳥谷 朝代
定価/1400円+税

西郷隆盛その生涯
西郷隆盛その生涯
著者/不破 俊輔
定価/1500円+税

世界標準の仕事の教科書
世界標準の仕事の教科書
著者/福留 浩太郎
定価/1400円+税

CD BOOK 超英語思考リスニング
CD BOOK 超英語思考リスニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1650円+税