書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

字ばかりがギッシリと記載されていなかった。 解説がわかりやすく、英語を勉強する気がでた。
2016:12:08:10:51:59 2016.12.08更新
6年女子が 理科好き、本を読むのが好きな子なので、読書として使えそうなので購入。 解説→問題→得話と
2016:12:08:10:29:16 2016.12.08更新






明日香出版社について
TOP >>
 社長業!営々黙々とやっております >>
 2015年10月
社長業!営々黙々とやっております
2015年10月



■第24回明日香出版社著者大会が開催されました。
94名の著者の皆様をお招きしての著者大会です。今年もたくさんの先生方を表彰させていただきました。特に大きなトラブルもなく無事に終了することができました。参加くださいました先生方にも大変喜んでいただけたようでとてもうれしく思います。また来年も元気にお会いしたく思います。ご来場の皆様に心より感謝を申し上げます。
12191457_911658308883551_13023840634472104_n.jpgのサムネイル画像12108721_911658315550217_3133714935600847550_n.jpgのサムネイル画像








■全国小学生フェンシング選手権大会で入賞!
(息子ネタで恐縮ですが)やってくれました!仙台で開催された選手権大会で8位です。ベスト4への切符は優勝したサウスポーの選手に取られてしまいましたが、ここだけの話「勝てない相手ではなかった!」とはコーチの談。実のところサウスポー対策はまったく出来ていませんでした。所属クラブにサウスポーが沢山いれば対策も可能ですが・・・。一方のサウスポーは数ある右利きを練習相手に経験をたくさん積んでます。とはいえコーチが言うには「脇腹が狙い目だった」とか。弱点を探せる目を養い攻撃も出来るように対策をしていきます。
12190972_911669545549094_4201752336071045103_n.jpgのサムネイル画像12191029_911669542215761_4425607897632200268_n.jpgのサムネイル画像







 『L.A.小売業オムニチャネル視察ツアーに参加してきました。』を先日に書きました。今回の正式なツアー名は『米アマゾン見学とオムニチャネル体験視察会』です。その会には20代という若さで 外資系のアジア支社長になった青年が参加していました。英 国育ちで大変に礼 儀正しい彼は、空港でバゲージが出てこない老女に優しく声を掛けたり、参加メ ンバーに食後の散歩を企画してくれたり色々と気を使ってくれました。

 視察の全行程はあっという間に終了し、帰国の途に就く前のL.A.空港 で一 緒に 買い物をしました。アルマーニの香水を探すということで一緒に香水売り場へ。 私も香水はいくつか持っていますがめったに香水を付けることはありません。

「外資時代の上司(英国人)から、香りがない男はダメだと教わり、私に合う香水を選んでくれたのです。海外ではそれぞれが香りを持つのが普通なんですよ。」とのこと。日本の職場では香水を付けている人はとても少ないと思われます。とはいえ、わずかな香りを持つことはあってもいいのではな いかと思 うようになり、私はアルマーニのお試し5点セット(各5㎎)を購入しました(ドキドキですがな)。

 ところで香水の付け方って難しいですね。日本の職場でむせ返るような香りを振りまくのはエチケット違反です。なので本当にわずかな香り、 首元、両手首にポイントするように付けてみました。 

 最後に、大好きな映画のひとつ『セント・オブ・ウーマン~夢の香り~』の紹介 をします。この映画は、アル・パチーノが演じる偏屈な盲目の退役軍人(フランツ)が、身の回りの世話をするアルバイトに来た苦学生(チャーリー)への人生指導が見どころ。終盤、 チャーリーを守るために大学の講堂で演説を終えたフランツに一人の女性が声を 掛けます。その時にフランツは「あなたの香水、これでいつでもあなたを探せま す」と伝えます。グッとくるシーンでもあります。

 ということで、香りを持ってまだ5日目の男でした。
enter.gif



 最初にズッコケた話だが、私のパソコンでは「オムにチャネル」と変換された。つまり一度も使ったことの無い言葉。それでも興味があったこともあり今回のアメリカで行われる小売業オムニチャネル視察ツアーに参加することにした。

 視察したオムニチャネルについて。オムニチャネルとはネットで商品を購買をするだけではなく、概ね4つのサービスを行う。
①、ログイン時のポイント加算
②、レジストリー プレゼントの登録など
③、クーポンの発行と引き渡し
④、ストアロケーター(店の場所、商品の場所)

 店舗がオムニチャネルをするさいに必須なアイテム
①、Free Wifi(ノーログイン式が理想=近くに来れば勝手につなげてくれる)
②、お店(会社)のオムニアプリ
③、店頭でのバーコードやQRコードの表示 あなただけの特別価格の表示も

アメリカでは消費は伸びる傾向。ただ日本と同じく所得は二極化し つつあり(中流が少なくなる傾向)、人々の嗜好も健康・低価格など様々で、各お店のポジショニングがは っきりと分かれてきている。

 お店に共通しているのは「お客様が第一主義」である。日本でもよく聞く言葉だ が、その度をはるかに越えている。極端な例としてスーパーマーケットでは生鮮食品であっても返品を受け付ける。それがお客に利用された後でもだ。「多くの良識ある顧客に対するサービスを、悪用する数%の悪質な顧客のためにやめない。」「 また我々には食材への自信があるという意思表示にもなる」という。(訪問した)すべてと言っていいほどのお店で返品を受け付けていた。アメリカではクリスマスの翌日からお客様の返品対応に追われる。返品は大体10%~20%位の範囲だが商品によってはもっと高い数字にもなる。返品された商品をそのお店の商品券に変えはするが現金での返金はまずしない。 視察中、カスタマーサービスカウンターには有名大型店で10名ほど、中規模の店舗 で3名ほどが返品の列を作っていた。スポーツ量販店では母親がテニスラケットを3本も 紙袋に入れて持ってきていた。日本ではまず目にすることのない商品の返品光景が普通にある。これは店側によるサービスで「手軽に返せる」ということをあえてしているのだ。目的は商品の前に立った際にFMOTになることがないように、ZMOTのまま商品の前で考えることなく買ってもらう、購買されやすくするというのが狙いだ。返品された商品は再販売をするのか?売れるものであればプライスダウンをして販売する。店舗で売れないようなものは日本と同じく バッタ屋に販売する。その結果、80ドルの商品が3ドルなんていう値付けも起こる。

小売店が力を入れているのが「ワオ効果(驚きのWOW)」を出すこと。お値打ち、 相対的価値、臨場感、利便性。またPB化はとても盛んで、かつナチュラルオーガニックへの 関心が非常に高い。健康への関心が高く、今や典型的なアメリカ人のイメージである体重が150㎏以上もあるような人は少なくなってきている。背景には「高額な医療費」がある。ある人は医療保険に毎月500ドルも支払う。ひとたび感染症になれば数百万円の請求が来ることもあり、病気になれないという切迫感が健康意識を高め ている。

【アメリカの小売業を知るためのキーフレーズ】
マーケティングの変化
プロダクト   → エクスペリエンス
プロモーション → エンゲージメント/エバンジェリズム
プレース   → エブリウェア マルチチャネル
プライス   → エクスチェンジバリュー・イクエーション

消費の中心『ミレニアム世代』=経験世代 4E
2014年最大世代 8000万人
テクノロジーサビー
健康志向(中流以上はGMOやトランス脂肪酸のない商品しか買わない)
買い物経験重視
探究心旺盛
スーパーセンター(EDLP) ⇒ スペシャリティ 例:トレーダー・ジョーズ 3000点~4000点の限られた商品、特にGMOではない食品やPBを買う
グラブ&GO ⇒まとめ買いが少ない
クーポン、ロイヤリティ化されること、カードが嫌い ⇒ デジタルオファー
テイクアウト ⇒ 半調理済み食品

Webルーミング・Webルーマー  Webは見るだけで店頭で購入 10人中9人
ショールーミング・ショールーマー 店頭は見るだけでWebで購入 10人中6人
スマホユーザーの36%は価格満足をリクエスト
アメリカでのアマゾンプライムは99ドル
商品に触れていたい43%
返品ができることを37%の人が望んでいる

最後に、オムニチャネルとはいかにも飛び道具的な画期的なツールに聞こえるが、 まだ発展途上であり、店頭の店員ですら知らないなんてことも散見された。いず れにしても見ている方向は「お客様」であり、日本では検挙されるような悪意のあるお客であっても、それすらを包容してしまうくらいに善意のお客様に目を向 けている。いや、そうしなければお客様に来てもらえないほど競合相手も皆が顧 客主義であることが分かった。

※この日記は、視察中に見聞きしたことのメモ書き程度の文章を個人用としてまとめたもので、数字や事象などの裏付けや確認を一切行っておりませんのでご了承ください。

pregident.jpgのサムネイル画像



「うちの会社は色々やってますよ~」的な日記を書くのはどうも馴染めず、最近はまったく書いておりません(+_+)
・・・が、その実、結構いろいろな会を開催をしております。今回は簡潔に紹介します。

9月28日29日と千葉県長生郡にある『生命の森リゾート』にて会議を開催しました。『45周年プロジェクトのキックオフ!!』です。収穫物の多い会議となりました。
初日に開催された酒宴は、後に二次会となり、そして三次会まで続く「超」がつく盛り上がりをみせました!両日とも明日香出版社らしい会議になりました。
この成功はプロジェクト委員長の企画力の賜物と感謝する次第です)^o^(

IMG_0210.JPGIMG_0198.JPG

過去の情報

サイト内検索
google

今月の新刊
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
著者/横山 信治
定価/1400円+税

改訂版 はじめての会社経営100問100答
改訂版 はじめての会社経営100問100答
著者/出口秀樹税理士事務所:編著  出口 秀樹/福澤 康弘/中村 明博:著
定価/1600円+税


やり抜く技術
やり抜く技術
著者/伊東 泰司
定価/1500円+税

CD BOOK 超英語思考トレーニング
CD BOOK 超英語思考トレーニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1600円+税