図解 身近にあふれる「気象・天気」が3時間でわかる本
図解 身近にあふれる「気象・天気」が3時間でわかる本イメージ
著 者 金子 大輔
定 価 1,400円+税
初版発行 2019.8.10
ISBN 978-4-7569-2044-7
ページ 232
版 型 B6並製
雲のうまれ方から、異常気象のナゾまで 丸わかり!

多くの人が毎日欠かさずやっていることのひとつに「天気予報をチェックすること」があることでしょう。
そのくらい私たちの身近な存在である『気象・天気』を総まとめで解説する1冊です。
気象の勉強は中学校以来やっていない、という方でも楽しみながら読めるやさしい書き口で、あなたを「天気」のめくるめく世界にお連れします。

雲や前線、台風がどうやってできるのか? といった基本的なことから、
・雷はなぜジグザグに落ちてくるのか?
・雪の結晶はなぜ六角形なのか?
・台風はなぜ進行方向 “右側” で風が強まるのか?
・なぜゲリラ豪雨が増えているのか?

といった気になることまで網羅。

また気象災害や温暖化に関連した下記のような疑問もやさしく解説します。
・フェーン現象って何?
・エルニーニョとラニーニャのちがいって?
・温暖化になると大寒波がやってくる?
・そもそも地球温暖化は進んでいるの?


あなたもぜひ、身近な天気について 全54項目+6コラム で楽しく学んでいきましょう!


◎関連記事
|News| 著者に訊く! なぜ台風の「右側」は暴風が吹き荒れるの?(2019/10/10)

◎目次
第1章 『天気の基本』を学ぼう
第2章 『雲・雨・雪』を学ぼう
第3章 『四季と天気のしくみ』を学ぼう
第4章 『台風』を学ぼう
第5章 『気象災害・異常気象』を学ぼう
第6章 『天気予報のしくみ』を学ぼう

◎著者紹介
生き物と占いが大好きな気象予報士。東京都江戸川区出身。
幼稚園から高校までの教員免許を持つ。東京学芸大学教育学部卒業後、千葉大学大学院自然科学研究科環境計画学専攻修了。株式会社ウェザーニューズでの予報業務、千葉県立中央博物館、東京大学大学院の特任研究員などを経て、現在、桐光学園中学高等学校で理科を教えている。油絵(抽象画)も描く。
著書に『こんなに凄かった! 伝説の「あの日」の天気』(自由国民社)、『世界一まじめなおしっこ研究所』(保育社)、『胸キュン! 虫図鑑 もふもふ蛾の世界』(ジャムハウス)などがある。
日本気象予報士会会員、気象キャスターネットワーク会員。
目次を見る
この本を購入する
感想を書く

TOP