「できる!」ビジネスマンの雑学
2019年04月15日
[672]朝ドラ「なつぞら」受けに、農林水産省がんばる

 すっかり定着した「朝ドラ受け」。ドラマの後の番組で感想を述べ合うなごみのひとときですが、その受けを農林水産省が始めました。

農林水産省が公式HPで異例の「なつぞら」解説
酪農への関心高めるため"独自の視点"
 農林水産省がNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)について公式サイトで"独自の解説"を展開している。酪農への関心を高めるためで、中央省庁が朝ドラの解説を行うのは異例の試み。
スポニチ 2019年4月7日掲出)

 この受けつぶやきは、農林水産省の公式サイトで見ることができます。

 ●【農林水産省公式サイト】
ホーム>生産>畜産部ホームページ>牛と生きる!>今日の「なつぞら」畜産部解説
 今日の「なつぞら」畜産部解説」

2019041501.jpg


 ●農林水産省のTwitter はこちら
 @MAFF_JAPAN

2019041502.jpg
※農林水産省 Twitterより

 ●農林水産省のFacebook はこちら
 @maffjapan
 農林水産省 maff 

2019041503.jpg
※農林水産省 Facebookより

 ただ心配ごとがひとつ。「なつぞら」のストーリーでは、ヒロインはアニメーターを目指して北海道を出て行く展開だったと記憶しています。

 こののどかな酪農物語はいつまで続くのでしょうか。そして農林水産省の受けは、いつまでがんばれるのでしょうか。

 気になる方は、朝ドラ鑑賞と一緒に農林水産省のフォローをおすすめします。(水田享介)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
農林水産省
http://www.maff.go.jp/

コメントを書く
お名前
URL
コメント

TOP