トクする!情報成長術
2020年01月29日
第80回・足に合う靴を優先する 
fit shoes.jpgのサムネイル画像


1日最低でも8000歩は歩くようにしています。数十分散歩をすれば達成できる数字です。今までは駅から少し歩く場所はタクシーやバスを使うことも多かったのですが、歩数を意識するようになってから、あえて歩くようになりましたし、駅でもエスカレーターよりエレベーターを使います。


例えば東京駅で中央線に向かう階段は登る前に「かなり段数があるので注意してください」などと表示されているほどハードなのですが、それをあえて選んでもいます。これだけ歩くようになると、靴も、たくさん歩いても足が疲れないものを探すようになりました。


疲れないために設計している靴は、検索でいくつもヒットしました。その中で気に入って利用しているのはpansyというお店です。価格もほとんどが5000円以下とお手頃なのもありがたいですし、何より、本当に疲れないのです。足底にクッションが付いていることや、きつすぎないフィット感など、疲れにくくする工夫があちこちに感じられます。


私の娘はこちらの靴を履いてヨーロッパに行ったのですが、現地ではかなり歩いたそうです。お友達が皆、足が疲れたと悲鳴をあげているなか、娘は全くそれを感じなかったというのですから、それほどに歩きやすく、足に負担がかからないのです。このヨーロッパ旅行の一件から、娘もpansyの靴を愛用するようになりました。


今では、私がヒールを履くのはパーティーの時くらいです。しかも現地までは普段の靴で行き、パーティー会場最寄りの駅でヒールに履き替えています。ヒールは特に足の先が痛くなるので、今後は疲れないヒール靴の登場を待ちたいところです。(作家・内藤みか(@micanaitoh))

illustration...Kakky

コメントを書く
お名前
URL
コメント
語学音声アプリ 公開中 閉じる