トクする!情報成長術
2020年02月07日
第84回・歩くほどにトクする保険
3D95E594-A9F7-439B-AE52-E2600A9814B3.jpg


先日、40代の男性が「あるく保険」というものに入ったと話していました。
平均1日8000歩以上歩いていれば、還付金がある保険なのだそうです。還付金は2年間保険をかけて数千円ほどなので、すごいボーナスというほどではありませんが、1回焼肉に行くくらいにはなりそうです。


保険会社から渡された万歩計を付けて、毎日せっせと歩くようになったと彼は嬉しそうに言っていました。少し歩数が足りない時は一駅分歩いてみるようにもなり、歩くことが嫌ではなくなったそうです。


以前、非喫煙者が割引になる保険が売り出された時も思いましたが、このように、健康であることで報酬が得られるのはいいことだと思います。自分で努力して健康を維持していることは病気を予防することにもつながるのだから、ごほうびがあってもいいはずです。


これと同じように、もう少し人生にもごほうびがあってもいいのではと思うのです。例えば長寿のかたは敬老の日に役所から何かいただけることがあります。銀婚式を迎えたご夫婦や、子どもを成人させたシングルマザーにもこうしたごほうびがあったら素敵だなと思うのです。


幸せというのは、日々の努力あってこそ成り立っているものです。けれどそれについて誰かが褒めてくれるわけではありません。けれどAIに仕事を代行してもらうことが増え、人々の心により余裕ができた頃には、ささやかだけれど大切なことを褒め合う時代がやってくるような気がしてならないのです。
(作家・内藤みか(@micanaitoh))

illustration...Kakky

コメントを書く
お名前
URL
コメント
語学音声アプリ 公開中 閉じる