トクする!情報成長術
2020年02月21日
第90回・同時配信  
simulcast.jpg


3月からNHKが、そして秋からは民放キー局も、テレビ番組をインターネットにも同時に配信するようになる予定だそうです。


このニュースを我が家では歓迎しました。
実は我が家では、食事の時間にiPadで動画を観ているので、観る動画の選択肢がこれで増えた、という感覚です。


テレビをリアルタイムで観る人が減っていると言われますが、それは、自分がテレビを観る時間に自分が観たい番組が流れていないというのが大きな理由だと思われます。私も観たい番組を録画しておき、後日時間が空いたら観ています。番組のためにわざわざスケジュールを調整してテレビの前で正座して待つというようなことは、よほど大事で待ちきれない放送でない限りしなくなりました。


食卓に置かれたiPadでは、映画などを観ています。最近はドキュメンタリー番組もよく観ます。番組が大抵30分ほどなので、食事をしながら鑑賞するのにはちょうどいいのです。


けれどiPadではテレビ番組は観ることができませんでした。なのでどうしても動画配信ばかりになっていました。テレビ番組は見逃し配信のTVerなどを観るしかなかったのです。


ここに生放送のテレビ番組が加わると、何を観ようかとさらに楽しく迷うようになるでしょう。それにしてももう何ヶ月も、テレビ番組表というものを目にしていません。昔は毎日眺めていたものなのに。時代は少しずつ変化しているのですね。(作家・内藤みか(@micanaitoh))

illustration...Kakky

コメントを書く
お名前
URL
コメント
語学音声アプリ 公開中 閉じる