トクする!情報成長術
2020年04月06日
第107回・便利な乾燥野菜
Dried vegetables_0.jpg


なかなかスーパーに行けない時の強い味方が、乾燥野菜です。
特に切り干し大根は優秀で、水で戻して油揚げもしくはちくわと一緒に煮るだけで、美味しい副菜が出来上がるのです。


最近は、フリーズドライの技術が上がっているのか、いろいろな乾燥野菜が販売されています。普通の野菜よりはお値段は高めですが、保存日数が長いので、備蓄するのにとても良いです。


切り干し大根の次にお手頃なのは、乾燥キャベツ。これはいろいろなおかずに使えます。焼きそばに入れてもいいですし、お好み焼きの具にもなるし、洋風の煮物にもいいですし、とても使いこなせます。


高いのでたくさんは買えないのですが、ものすごく美味しいのは、乾燥しめじ。スープや煮物に入れると、香りがとてもよくて、乾燥しめじであっても、トリュフを食べているかのような心地になります。


あと、野菜ではないですが、重宝するのが乾燥した豆腐。つまり凍り豆腐または高野豆腐と言われているものです。新鮮な豆腐が手元にないときは、これで代用することもできますし、煮物に入れると味がしみて美味しいのです。


食べられませんが、大根の葉っぱを乾燥させたものが、入浴剤として売られています。最初は自分が鍋の具になったかのような不思議な気分でしたが、体が芯からポカポカして、スッキリいい気持ちになれるのでオススメです。(作家・内藤みか(@micanaitoh))

illustration...Kakky

コメントを書く
お名前
URL
コメント
語学音声アプリ 公開中 閉じる