トクする!情報成長術
2020年04月13日
第110回・ライブビューイングが恋しい時は
live viewing.jpg


ライブビューイングというものが映画館で上映されていることがあり、なんだろうと気になった人もいるのではないでしょうか。


ライブビューイングとは、劇場で行われている舞台公演やコンサートを、映画館で視聴することができるサービスです。劇場が満員で千秋楽を観届けることができない人のためにあるサービスだと思うのですが、最近はいろいろな用途で使われている気がします。


なにしろ映画とほぼ変わらないような料金で舞台を観劇できてしまうので、一度観てみたいけれど雰囲気がよくわからないというものをお試し視聴するにはちょうどいいのです。


けれど、最近はウイルス蔓延防止のため、残念ながら劇場も映画館も休館しているところが増えました。私は舞台が好きなのでとても残念です。


ライブ感を求める人は、SHOWROOMなどでタレントのライブ配信を視聴し、そちらにある投げ銭システムで課金をしているようです。けれど演劇ではなくトークがメインなので、演劇好きな人にはつらい時期です。


せめてもの楽しみは配信されている舞台映像の視聴です。そこには生き生きと汗をかきながらステージを駆け回る役者さんたちの姿があります。「dTV」がいちばん舞台映像は多いですが、「amazonプライムビデオ」にも「演劇」と検索するといくつかあり、私が観た「時をかける206号室」(企画演劇集団ボクラ談議)も入っています。「観劇三昧」には無料配信の作品も多いです。これらを眺めながらまた舞台観賞できる日が来るのを待ち望むばかりです。
(作家・内藤みか(@micanaitoh))

illustration...Kakky

コメントを書く
お名前
URL
コメント
語学音声アプリ 公開中 閉じる