明日香出版社について
TOPページ >>
  >>
 ビジネス書 >>
 会計が世界一シンプルにつかめる本
ビジネス書
会計が世界一シンプルにつかめる本
会計が世界一シンプルにつかめる本
この本の感想を書く
著 者
竹村 純也
定 価
1500円+税
初版発行
2010.9.7
ISBN
ISBN978-4-7569-1406-4
ページ
304
版 型
A5並製

・紹介文

教科書的に簿記的知識を説かれても、いまひとつ自分の生活や知識とリンクしないから理解しづらい。そんな人に向けて、本書では身のまわりのお金や自分のことなど身近な話題から理解を広げてもらい、会計が理解できるようにしています。具体的な数字は極力控えまつつ、「会計的思考」になれるよう易しく解説します。

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次

会計が世界一シンプルにつかめる本
目次

第1章 カイケイってなに? 017
未来はどこにある? ~会計で未来を読む~ 018
● 2つの扉があるとすると・・・ 018
● 未来は過去の延長か? 019
● 会計は変化している! 020
カイケイって何? ~回るマネーを説明する~ 022
● 子どもだって「会計」してます 022
いくつかの会計を整理する ~企業会計、財務会計~ 024
● 目的で2つに分ける 024
● 誰向けかで2つに分ける 026
● 「ガッチリ儲ける」派で「外の関係者」向け 027
経営者は株主に説明する ~株式会社~ 028
● 株式会社はすてきな出会い 028
● 現実は一人芝居 030
マネーを増やしたい! ~資本主義での自由~ 031
● 自由になるために 031
● 株主がマネーを預ける理由 032
● だから経営者にマネーは集まる 033
マネーは増えたか? ~決算書~ 034
●結果と原因が知りたい 034
● 決算書から未来が見える 036
● 経営者の3つの活動 039

第2章 経営者の活動はこの3つ 041
モノを売って、マネーを回す ~営業活動~ 042
● 売って回す 042
● 「仕入」とはモノを買うこと 044
● モノの受取りとマネーの支払いが同時でない 046
● 「売上」とはモノを売ること 049
● 売上でマネーは大きくなる 050
儲けとは何か ~売上高と利益~ 052
● 売上は儲けではない?! 052
● 儲けの泉 053
● 儲けを残すために経営者は考える 055
● 株主の心配 057
設備を使って、マネーを回す ~投資活動~ 058
● 投資活動といえば設備投資 058
● 使って回す 059
● 設備にいくらマネーをつぎこむか? 061
● 忘れてはいけない経費 063
回すマネーを用意する ~財務活動~ 065
● マネーが足りなければ借金 065
● もしもマネーが止まったら・・・ … 066
● 倒産の危険信号 068
● マネーの観点でこのように整理する 070

第3章 右脳も使うぐるぐるチャート 071
回るマネーはこうして絵に描く ~ぐるぐるチャート~ 072
● 新登場、「ぐるぐるチャート」 072
● この縦軸がマネーの大きさになる 073
● この横軸が時間の流れになる 075
● この真ん中はぐるぐる感 076
ぐるぐるの2つの観点 ~効果、効率~ 079
● 効果的なマネーの回り方とは? 079
● まったく効果的ではないマネーの回り方 081
● 効率的なマネーの回り方とは? 082
● 信用取引も考慮するなら 083
値引きして売ると、もっと働くことになる ~値引き販売と経費削減~085
● 値引きして1円にしても買わない理由 085
● 効果的でないマネーの回り方 086
● ゴールのラインを引き上げる対応 088
● スタートのラインを引き下げる方法 090
● なぜ経費を削減するのか? 092
売れないと、もっともっと働くことになる ~なかなか引渡しできない~094
● マネーが寝ているとは? 094
● 売れないと、もっと売れなくなるカラクリ 096
入金がないと、もっともっともっと働くことになる ~なかなか入金されない~ 099
● 信用している期間が延びるとは? 099
● 現金取引とはここが違う 100
● 儲けがないどころではない 102


第4章 これが会計のモノの見方 105

会計ワールドの扉を開けたなら ~会計のモノの見方~ 106
● いよいよ会計ワールドへ 106
● これが会計のモノの見方だ! 107
これが会計のモノの見方 ~会計期間、「発生」~ 109
● その都度、説明が欲しい 109
● 会計では時間をこう区切る 111
● あなたがビジネスを始めたら 112
● お小遣い帳ワールドでは誰がトク? 114
● 会計ワールドでは誰がトク?… 116
「発生」で読み取る方法 ~黒字倒産、クレジットカード~… 119
● 儲かっているのに「マネーがない!」 119
● クレジット・カードはどうやって記録する?… 121
ぐるぐるマネーを説明するための書類 ~貸借対照表と損益計算書~123
● 法が求める決算書とは 123
● 「楽しい」感情は「またデートしたい」意思になる …… 129
BSでバランスする3つの項目 ~資産、負債、純資産~ 131
● バランスしている2つの項目 131
● マネーはこうして会社で回る 132
● 左、「資産」をご覧ください 134
● 右上、「負債」をご覧ください 136
● 右下、「純資産」をご覧ください 137
● 純資産をさらに見ていくと… 139
PLには利益がいっぱい ~売上総利益、営業利益、当期純利益~ 141
● PLは左右ではなく上下の構造 141
● 経営者の活動の集大成はPLのどこにある? 146
● 財務活動の項目は「支払利息」だけ 147
● 投資活動の項目は「減価償却費」… 149
● モノに付け加えた価値もPLにはある… 151


第5章 営業で回るマネー 155
営業活動のぐるぐるマネー ~売上高・売掛金・商品・売上原価・売上総利益~156
● 営業活動のポイント 156
● ぐるぐるチャートを逆から読む 156
● 決算書で押さえる5つ項目 158
売上高 ~ブレークダウンして将来を占う~ 160
● STEP1:右側の縦軸 160
● 売上高がアップダウンした理由は? 161
● 喜ばれたのはどのコースか? 163
● 喜ばれたのは値段か、数か? 165
● 将来も続いていくか? 166
売掛金 ~入金されるかどうかがポイント~ 169
● STEP2:「信用からマネーへ」のエリア 169
● 売掛金が膨らんだら? 171
● 売掛金がしぼんだら? 173
商品 ~今後も売れるかどうかがポイント~ 175
● STEP3:「モノから信用へ」のエリア 175
● 買った分ではなく、売れ残った分 176
● 商品が膨らんだら 178
● 商品がしぼんだら 180
売上原価 ~売れた分だけ記載される~ 182
● 売上原価とぐるぐるチャート 182
● 売上原価がアップダウンした理由は? 184
売上総利益 ~なぜお客様から価値を認められたか?~ 187
● 売上総利益とぐるぐるチャート 187
● 経営者は価値を上手に生み出しているか? 189
● 粗利がアップダウンした理由は? 193


第6章 投資で回るマネー 195
投資活動のぐるぐるマネー ~有形固定資産、減価償却費~ 196
● 投資活動のポイント 196
● 決算書ではここを見る! 196
設備の特徴 ~長く使ってマネーを回収する~ 199
● ぐるぐるチャートが描きづらい 199
● 使ってマネーを回収する 199
● マネーを回収する期間がとても長い 203
これがなくては会計とはいえない! ~減価償却費~ 205
● 「発生」の申し子 205
● 「発生」で解決する 205
● まずは資産にしましょう 206
● どのようにして資産から費用に変えるか? 209
● 費用を配分する方法 211
その設備投資は失敗していないか? ~減損~ 213
● その買い物、後悔していませんか? 213
● 会計ワールドでの失敗の記載の仕方 214
● 営業利益で減損を見抜く方法 215


第7章 財務で回るマネー 219
財務活動のぐるぐるマネーを見る3つの項目 ~借入金、支払利息、資本金~220
● 財務活動のポイント 220
● 銀行とのマネーは決算書のココを見る! 221
● 株主とのマネーは決算書のココを見る! 222
銀行とのマネー ~借入金、支払利息~ 224
● 借金には「利息」が付いてくる 224
● 絶対に返済しないといけない 225
● 利息は“ぜいにく”? 226
株主とのマネー ~資本金、利益剰余金~ 228
● 経営者からはマネーを返してもらえない 228
● 儲けの分配がゼロ? 230
● 儲けは再びビジネスに使われることも 232
設備を買うときのマネー ~有形固定資産、純資産、長期借入金~  233
 ● 財務活動のきれいな流れとは? 233
● 設備と借金の良い関係 234
● 設備で返済が心配か? 236
● 純資産でもカバーされないときには? 239


第8章 ビジネス・タイプのマトリクス・・・243

ビジネスの4タイプ ~ビジネス・タイプのマトリクス~ 244
● ぐるぐるチャートの1年間バージョン 244
● ビジネス・タイプのマトリクス 245
安さが勝負の「安いでっせ」タイプ ~コスト・リーダーシップ戦略 ~248
● 「安いでっせ」タイプ 248
● 安さが勝負のモノ 249
● たくさん売らないとね 250
● 警告!戦い続けなければいけません 252
とても魅力的な「他とは違うわ」タイプ ~差別化戦略~ 254
●「他とは違うわ」タイプ 254
● とても魅力的なモノ 255
● たくさん売らなくても良い 256
敗れ果てた「溺れちまった」タイプ ~レッド・オーシャン~ 258
●「溺れちまった」タイプ 258
● 「安いでっせ」タイプからの転落 259
● 「他とは違うわ」タイプからの転落 261
● 低い“ぐるぐる” 262
かなりオイシイ「トレンド乗り乗り」タイプ ~ライフサイクル、成長期~263
●「トレンド乗り乗り」タイプ 263
● オイシイ状況は長くは続かない 264
●“高い”ぐるぐる 266

第9章 世界で1つだけの会計 265
世界に1つだけの会計 ~IFRS、国際会計基準~ 268
● どちらの決算書を信用する? 268
● 儲けが減ってしまう? 270
波乱万丈のIFRSの生い立ち ~不遇期、飛躍期、制覇期~ 271
● デビュー後の不遇期 271
● 大どんでん返しの飛躍期 273
● リーチの制覇期 276
● 生い立ちからわかること 277
IFRSはどんなもの? ~包括利益~ 278
● この会社の価値はいくら? 278
● BSが重視される 280
● 日本にはなかった「包括利益」 282
● 新しくプラスされたものとは? 283
IFRSでも大丈夫! ~原則主義、将来予測~ 286
● 自ら考える 286
● ルール破りのパラダイム・シフト 288
● 自ら語る 291
● ぐるぐるマネーは変わらない 294

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/2253
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊

改訂版 はじめての相続・遺言100問100答
改訂版 はじめての相続・遺言100問100答
著者/税理士法人レガシィ:編著 天野 隆/天野 大輔
定価/1600円+税


中学・高校6年分の英単語が10日間で身につく本
中学・高校6年分の英単語が10日間で身につく本
著者/長沢 寿夫
定価/1400円+税

CD BOOK 60才からはじめる旅行英会話
CD BOOK 60才からはじめる旅行英会話
著者/高橋 文子
定価/1500円+税