明日香出版社について
TOPページ >>
  >>
 ビジネス書 >>
 儲ける会社!が知っている 結果の出るマーケティングのやり方・使い方
ビジネス書
儲ける会社!が知っている 結果の出るマーケティングのやり方・使い方
儲ける会社!が知っている 結果の出るマーケティングのやり方・使い方
この本の感想を書く
著 者
村松 勝/吉田 隆太
定 価
1500円+税
初版発行
2011.10.11
ISBN
978-4-7569-1494-1
ページ
216
版 型
B6並製

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次

1章 マーケティングとは市場創造のための活動
マーケティングとは?
マーケティングは中小企業の味方
マーケティングの3つの役割
自社の課題はどこにあるのかを検証する
どんな業界でもマーケティングは有効
中小企業のマーケティングを無視すると危険な理由 ①
中小企業のマーケティングを無視すると危険な理由 ②
「マーケティング」×「セールス」=売上の最大化
マーケティングはセールスマン自身にも応用できる
プロセスを見直すだけで売れる
成功したいなら、ますは「意見を聞く」


2章 商品・サービスの「差別化」
「差別化」とは?
顧客に受け入れられなければ「差別化」ではない
ターゲットとニーズ
競合と差をつける「4つ」の視点
「商品」で差をつける 
「価格」で差をつける ① 大手企業には勝てない
「価格」で差をつける ② 3つの視点で価格を決める
「販路」で差をつける ① 売り出した後の展開を考える
「販路」で差をつける ② 販路を作る方法
「プロモーション」で差をつける
「優れた違い」とは
「商品特徴」と「顧客利益(ベネフィット)」
差別化の家


3章 表現の「魅力化」
「魅力化」とは?
一瞬で商品の良さを伝えなければならない
「差別化」「想い」「表現コンセプト」
中小企業は、時間をかけて自ら「魅力化」を学び挑戦する!
「差別化」を整理する
「想い」を整理する
「表現コンセプト」を整理する ① 顧客と競合の情報を入れる
「表現コンセプト」を整理する ② 「言葉」と「ビジュアル」に落としこむ
卓越された「言葉」は、口コミの効果を最大化させる
「ビジュアル」は瞬発力
魅力化の庭

4章 集客の「効率化」
「効率化」とは?
「新規顧客の獲得」と「既存顧客の維持・拡大」
新規顧客の獲得に投資する
顧客ファン化の7つのステップ
7つのステップで何をするか
大企業が得意な「記憶」を目的とする広告
中小企業におすすめの「行動」を目的とする広告
広告の反応を上げる5つのポイント
顧客獲得コストを考える
WEBを活用するには
PRを行うには
お金をかけずにできること
効率化の蝶


第5章 「想い」×「戦略」が会社を伸ばす
「想い」×「戦略」は、事業価値の最大化
「とにかく売れればいい」は最悪
「外的病」は早めの治療を
内的コントロールをする
「想い」は過去・現在・未来からできている
社長と社員の「想いのリンク」

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/3230
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊

人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
著者/鳥谷 朝代
定価/1400円+税

西郷隆盛その生涯
西郷隆盛その生涯
著者/不破 俊輔
定価/1500円+税

世界標準の仕事の教科書
世界標準の仕事の教科書
著者/福留 浩太郎
定価/1400円+税

CD BOOK 超英語思考リスニング
CD BOOK 超英語思考リスニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1650円+税