明日香出版社について
TOPページ >>
 ビジネス書 >>
 社会・政治 >>
 アフリカのことがマンガで3時間でわかる本
社会・政治
アフリカのことがマンガで3時間でわかる本
アフリカのことがマンガで3時間でわかる本
この本の感想を書く
著 者
編著:大迫 秀樹
定 価
1500円+税
初版発行
2006.12.31
ISBN
ISBN4-7569-1028-9
ページ
220
版 型
A5並製

・紹介文

豊富な資源が眠る「無限の大陸」アフリカ。いま世界中の熱い注目を集めています。変貌を遂げつつあるアフリカの「現在」を、マンガでわかりやすく解説してあります。

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次


●第1章● ようこそアフリカへ
(アフリカのいま)
中国の経済進出(1)
1 アンゴラの中国人
中国の経済進出(2)
2 「内政不干渉」の資源外交
中国の経済進出(3)
3 南アフリカのチャイナタウン
アフリカの統一と紛争(1)
4 世界最大の地域協力機関AU
アフリカの統一と紛争(2)
5「世界最悪の人道危機」ダルフール紛争
アフリカの統一と紛争(3)
6 狙われるウガンダの子どもたち
アフリカの統一と紛争(4)
7 列強がつくったルワンダの〈民族〉
資源をめぐる争い(1)
8 天然資源の略奪者はだれ?
資源をめぐる争い(2)
9 奪われる石油、消える巨額の富
エイズの現状と対策(1)
10 アフリカを蝕むエイズの猛威
エイズの現状と対策(2)
11 治療を阻む高いハードル
エイズの現状と対策(3)
12 ウガンダの「ABC」プログラム
エイズの現状と対策(4)
13 届かない抗ウイルス薬
アフリカのインド人(1)
14 カウンターで仕切るインド人
アフリカのインド人(2)
15 損失大きいインド人の「不在」
アフリカのインド人(3)
16 アンビバレンスな感情と対立
アフリカのインド人(4)
17 マイノリティからの脱却
アフリカのあらまし(1)
18 アフリカの境界と区分
アフリカのあらまし(2)
19 地名でわかるアフリカ
◎ COLUMN
日本人のアフリカへの眼差し
暗黒のイメージへの変遷(1)
●第2章●「虹の国」のあした
(南アフリカ共和国と周辺諸国)
南ア共和国の概容
1 2010ワールドカップに向けて
国旗と国家
2 はためくレインボーフラッグ
南ア共和国の言語
3 コーサ語のカルメン
都市と9つの州
4 9州は、we are the same
都市の治安
5「世界最悪の犯罪都市」ヨハネスブルク
人種隔離政策(1)
6 WHITE・ONLY
人種隔離政策(2)
7 アパルトヘイトは消えたのか?
南ア共和国の鉱業(1)
8 出稼ぎ鉱山労働者の引き揚げ
南ア共和国の鉱業(2)
9 ダイヤ市場をめぐる争い
新しい憲法
10 世界1リベラルな憲法
南ア共和国の政党
11 マンデラのANCに翳り?
ブラック・エコノミック・エンパワーメント
12 進む黒人企業への資本譲渡
成長する第3次産業
13 鉱産資源から金融・保険へ
インフラと経済政策
14 南アフリカの新パートナーシップ
自動車産業の成長
15 あなたの車も、南ア製?
南ア共和国の環境問題
16 環境汚染が貧困層を蝕む
南ア共和国の医療体制
17 虹の国を走る「希望の列車」
成長するワイン産業
18 新世界ワインの注目株
家庭料理と食の変化
19 週末は、厚切り焼肉パーティ
ジンバブエの社会と経済
20 奪われる白人農場
南アフリカの自然(1)
21 喜望峰を境に分かれる自然
南アフリカの自然(2)
22 動く〈何もない〉砂漠
◎ COLUMN
日本人のアフリカへの眼差し
暗黒のイメージへの変遷(2)
●第3章● ブラックアフリカの鼓動
(サブサハラの政治・経済)
ケニアの政治
1 バナナがオレンジに勝った日
ウガンダの独裁者
2 「食人大統領」アミンの最期
タンザニアの社会と政治
3 投資を集める旧社会主義国
アフリカの携帯電話事業
4 ケイタイ1つで起業
ビクトリア湖の水産物
5 食卓のナイルパーチ
輸出向け作物の開発
6 海を越えるキペペオ(蝶)
主食の雑穀と農耕
7 あなどれない農民たちの知恵
農業政策の変化
8 いきすぎた(?)自由化の功罪
カメルーンの社会と産業
9 吠える「不屈のライオン」
ガーナの経済
10 甘いチョコレートの苦い現実
リベリアの建国と内戦
11 内戦が続いた〈自由〉の国の希望
リベリアの船舶便宜置籍
12 7つの海に翻るアフリカの星条旗
マリ共和国の歴史と社会
13 「黄金の国」マリの栄光と復活
◎ COLUMN
アフリカへの日本人の眼差し
暗黒のイメージへの変遷(3)〈番外編〉
●第4章● アフリカ・ポレポレ
(サブサハラの社会・文化)
東アフリカのマサイ
1 「草原の貴族」たちの悲哀
都市の拡大とスラム
2 リバーロードとスラム街
東アフリカの娼婦
3 都会のマラヤさん
東アフリカの主食
4 主食バナナへのこだわり
東アフリカの飲酒事情
5 タスカー・ビールはぬるめで
エチオピアの社会と現在
6 コーヒーセレモニーにようこそ
女性の衣服カンガ
7 メッセージを身にまとって
東アフリカ沿岸の断食月
8 ラマダーンの長い昼と夜
アフリカの疫病
9 ハマダラ蚊にご用心!
マラウイの観光と社会
10 世界でいちばん安いダイビング
キリマンジャロとタンザニアの歴史
11 万年雪を冠する「独立の象徴」
バオバブの木とその特徴
12 「悪魔の木」か「宝の木」か
アフリカの野生動物
13 アフリカ象と人の紛争
東西アフリカの衣服
14 東西アフリカのファッション事情
アフリカン・ポップス
15 ウィ・アー・ザ・アフリカ
セネガルの歌手ユッスー・ンドゥール
16 ダカールの星の王子様
奴隷海岸と呼ばれた国ベナン
17 ブードゥー教発祥の地
◎ COLUMN
アフリカなんでもベスト5
数字で見るアフリカ諸国
●第5章● アラブの熱い風
(北アフリカ諸国)
エジプトの観光産業
1 エジプトはツーリズムのたまもの
エジプトの政治体制
2 「アラブ連合共和国」のいま
スエズ運河の歩みと現在
3 スエズ運河はだれのもの?
アスワンハイダム建設
4 アブシンベル神殿のお引っ越し
エジプトへの日本の企業進出
5 ODA日本企業還流構造からの脱却
エジプトの庶民食と米
6 鳩とコシャリ
マグレブ3国の概容
7 日没する国の過去と未来
モロッコの輸出品
8 モロッコ生まれのタコ焼き
モロッコの映画産業
9 アフリカのハリウッド
モロッコの歴史
10 植民地の光と陰
アルジェリアの歴史と産業
11 EUのエネルギーを握る国の苦悩
アルジェリアの社会と移民問題
12 フランス中のアルジェリア
チュニジアの社会と観光
13 北アフリカの地中海リゾート
チュニジアの独特な住居
14 スターウォーズの洞穴でくらす人々
リビアの石油産業
15 砂漠に眠るアラーの恵み
リビアのカダフィー大統領
16 北アフリカの暴れん坊将軍
イスラム社会でのビジネス
17 禁忌と容認のビジネス
アラビア商人気質
18 絨毯屋の屋上にご招待!
◎ アフリカ53カ国の横顔といま

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/451
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊
改訂増補 中国のことがマンガで3時間でわかる本
改訂増補 中国のことがマンガで3時間でわかる本
著者/筧 武雄/馬成三/遠藤 誠
定価/1600円+税


TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 730点突破ガイド
TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 730点突破ガイド
著者/植田 一三:編著  浅井 伸彦/上田 敏子/岩間 琢磨:著
定価/2100円+税

稼げる人が大切にしている話し方
稼げる人が大切にしている話し方
著者/栗原 典裕
定価/1400円+税

脳にこじつけて いつでも引き出す記憶術
脳にこじつけて いつでも引き出す記憶術
著者/並木 秀陸
定価/1400円+税