書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

字が大きくはっきりしている。見やすくわかりやすい。 CDがあるのが強い。
2017:08:03:11:46:33 2017.08.03更新
初歩的、わかりやすい、文字が大きい 初心者にやさしい。英語、ひらがな、カタカナ、非常に親切ですね。
2017:08:03:11:40:33 2017.08.03更新








明日香出版社について
TOP >>
 「できる!」ビジネスマンの雑学 >>
 2016年11月
「できる!」ビジネスマンの雑学
2016年11月



 アメリカに住むベトナム人兄弟が、とてもおもしろいビジネスを始めました。その名も「Nappify(ナッピファイ)」

 簡単に言ってしまうと、昼間の「ちょい寝」サービス。

 4つの寝室を設けたトラックを、移動式のお昼寝専用車として街中を走らせ、だれもが利用できるお昼寝スペースを提供するというものです。

2016113001.jpg
※車両の外観(公式サイトより)

米国でベトナム人兄弟が「昼寝カー」のサービス開始
 米国でベトナム人の兄弟が小さな寝室4部屋を備えた車「Nappify(ナッピファイ)」を設計し、1回13USD(約1352円)で昼寝の場所を提供するサービスを開始した。
 米国人は昼寝をする人が少なく、大抵はコーヒーやエナジードリンクを飲んで眠気を覚ましているが、健康には良いとは言えない。そこで米国の大学で経営学を学んだ兄のケビン・ファム(Kevin Pham)さんと弟のケン・ファム(Ken Pham)さんは、この移動式昼寝サービスを思いついた。
ベトジョー 2016年10月31日掲出)

 「nap」という言葉は、昼寝、仮眠、ひと寝入り、うたた寝するといった意味です。英語には言葉があっても、アメリカ人にはお昼寝の習慣がないとは、実に可哀想な話です。

 日本では昼休みに自席で突っ伏して寝ている人もいますが、ちゃんとベッドで眠れるなら、その方が良さそうですね。
 このサービスを日本で例えるなら、漫画喫茶からドリンクと漫画本を取って、トラックに乗せたものと考えるとわかりやすそうです。


2016113002.jpg
※車内に4部屋を用意(公式サイトより)

2016113003.jpg
※室内の様子(公式サイトより)

 余計なお世話ですが、ひと眠りで約1,500円を払う人がどれだけいるのでしょうか。
 そんな筆者の心配をよそに、公式サイトでは、すでに第二世代の昼寝カーの開発に着手しているそうです。

 「The 2nd-gen Nappify trailer is coming !
... We are currently working very hard to develop the 2nd-gen Nappify trailer with double capacity while considering our guest constructive feedbacks into the design. 」(Nappify 公式サイトより)

 もうひとつ、筆者が気がかりなのは、移動する寝室ですから、目覚めたときに思いもよらぬ場所で起こされたりはしないのでしょうか。

 それが気になって、夜も眠れません。(水)

2016113004.jpg

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
Nappify 公式サイト

Nappify facebook

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 「バスタ新宿」とはJR新宿駅に隣接する日本最大級のバスターミナルで、2016年4月に開業しました。
 (参照:[231]バスタ新宿、新宿南口に開業

20161122.jpg
(「バスタ新宿」はJR新宿駅南の甲州街道をはさんだ南側に面している)

 その特長はといえば、JR新宿駅の「新南改札」に直結し、徒歩2分の近さ。利用者にはこの上なく便利と好評です。
 (新宿駅「新南改札」改札すぐ前のエスカレーター1本で待合室前に直結!:「バスタ新宿」公式サイトより引用)

 その「バスタ新宿」に、このほど待ちに待ったコンビニが開店しました。えっ、便利さを売りにする「バスタ新宿」なのに、今までコンビニがなかったの、と思われる方も多いでしょう。
 そうなんです。驚くことに、今年4月の営業開始以来、「バスタ新宿」にはコンビニがひとつもなかったのです。

 今では一日平均24,000人、繁忙期は4万人近くが利用するバスターミナルです。成田空港の国内線の利用客数に匹敵する盛況ぶりですから、利用者の間から一刻も早くコンビニを設置して欲しいとの声が出ていました。いまどき当たり前の要望ですね。
 ところが今回、コンビニが開店にこぎ着けるまでには、紆余曲折があったようです。

バスタ新宿の利用者不満爆発 待望のコンビニがオープン
業者決定迷走の理由は「トイレ掃除」だった!?
 国内最大級のバスターミナル「バスタ新宿」(東京都渋谷区)に待望のコンビニ、ファミリーマートが18日、ようやくオープンにこぎ着けた。バスタ新宿は4月に開業したが売店はなく、利用者の不満が爆発。いったんは中堅コンビニのポプラの出店が決まったものの、条件が折り合わずに辞退して混乱を招いた。
産経ニュース【経済インサイド】 2016年11月18日掲出)

 このコンビニは、4階フロアにある発券所左隅とあまり目立たない場所に店舗を構えています。来夏までは売り場面積は約7坪という暫定店舗ですので、通常店舗の品揃えは期待せず、本店舗ができるまでは緊急用として使うのが良さそうですね。
 また、数が少ないと苦情が出ていた女子トイレは、来年春までに8個から21個に増やすそうです。(国土交通省 関東地方整備局 東京国道事務所 発表)
 施設に改善要望が多いと言うことは、それだけ利用者が多く、期待されていると言うこと。利用者の声を反映して、使いやすいバスターミナルになるといいですね。(水)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
「バスタ新宿」 公式サイト

「バスタ新宿の利便性向上に向けた取組みについて」
(国土交通省 関東地方整備局 東京国道事務所)

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 長崎県壱岐島の壱岐市では、「産業支援センター Iki-Biz(イキビズ)」のセンター長の公募を行っています。
 応募方法はメールまたは郵送で、2016年12月31日17時必着。

 市では島の活気を取り戻すべく「究極の島おこし」を目指しており、センター長の給与は月額100万円、年収1,200万円です。

2016112501.jpg

年収1,200万円超! 長崎県壱岐市が「究極の島おこし人材」を募集
 長崎県壱岐市は現在、2017年夏に開設予定の「壱岐市産業支援センター・Iki-Biz(イキビズ)」のセンター長を、同市ホームページにて年収1,200万円で募集している。

 壱岐市は近年、観光客が激減し、人口も約2万7,000人に減少。高卒者の約9割が島外へ転出し、そのほとんどが都市部で就職するため、多くの事業者が後継者問題を抱えており、離島というハンデや長引く不況から島の活気が失われつつあるという。(中略)

 Iki-Bizの開設に向けて、同施設の中心的な役割を担うセンター長を月額100万円・年収1,200万円で公募。壱岐市長の月額報酬は80万円のため市長を上回る報酬となる。応募資格は学歴不問で、ビジネスセンス、コミュニケーション能力、情熱を持ち合わせた人、壱岐市に移住できる人、パソコン、インターネットなどのICTを活用した業務が可能な人となっている。(御木本千春)
マイナビニュース 2016年11月15日掲出)

 壱岐市の思い切った報酬。それに見合う成功が、近い将来もたらされると良いですね。
 島起こしに自信のある方は、応募してみてはいかが。(水)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
「壱岐市産業支援センター・Iki-Biz センター長 大募集!! 」
(壱岐市・市政情報)

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 2016年11月22日午前5時59分、福島県沖でM7.4、震度5弱の地震が発生して、再び東北地方に津波が押し寄せました。
 幸いにして、今回は「3.11(東日本大震災)」のような、甚大な被害はなさそうです。

 ところで、3.11発生直前には、2月22日に「カンタベリー地震」がニュージーランドで起きていました。
 今回も11月13日にニュージーランドでM7.8の大地震が発生しています。このニュージーランドの地震は、再び日本に地震が起こる予告ではないか、と噂されていました。根拠のない情報でしたが、図らずも的中してしまいました。

2016112201.jpg
※11月13日のニュージーランド地震で取り残された牛たち

 ただ、日本とニュージーランドで起こる地震の関連性は研究されたわけではなく、経験則での話に過ぎません。
「2016年11月13日ニュージーランドの地震に伴う地殻変動」
(国土交通省 国土地理院 2016年11月17日発表)

 私たちが地震でわかったことは、大地も海も不変ではなく、一瞬にして数十センチ、時には数メートルも割け、時に陥没し、時に飛び上がり襲いかかる不安定なもの、ということだけです。

 ここで災害に備えて読んでおきたい本をご紹介します。

 3.11が起きる40年以上も前に、吉村昭氏が三陸地方を丹念に歩き、村の言い伝えや記録をまとめて1970年に出版された労作、『三陸海岸大津波』(著:吉村昭 文春文庫 原題『海の壁‐三陸沿岸大津波‐』)です。

2016112202.jpg

 内容は、明治29年(1896年)の津波、昭和8年(1933年)の津波、昭和35年(1960年)のチリ地震津波、の三部構成となっています。

 特に貴重なのは、「明治三陸地震(明治29年の津波)」を体験した証言を元に、当日の模様が生々しく描かれていることでしょう。証言者たちがその恐怖を語ったとき、すでに80代半ば。話を聞くことができた最後の機会だったと吉村氏は述べています。

 また、吉村氏はたびたび三陸地方を訪れて、地震や津波の恐ろしさを講演でも語っています。
 「昭和8年の津波については、田老町(当時は田老村)で貴重なものを見つけた。田老尋常高等小学校生徒たちの作文集であった。子供の鋭敏な目に津波がどう映ったか、興味をいだいたが、読んでみると、予想通りのすぐれた作文ばかりで、しばしば目頭が熱くなった。
 (中略)
 田老町の被害は甚大で、異様なほどの防波堤が海岸ぞいにのびている。」
(『「三陸海岸大津波」 あとがき---文庫化にあたって』より引用)


 「熱心に私の話を聴いて下さったが、話をしている間、奇妙な思いにとらわれていた。耳を傾けている方々のほとんどが、この沿岸を襲った津波について体験していないことに気づいたのである。」
(『「三陸海岸大津波」 再び文庫化にあたって』より引用)

 田老町の巨大な防波堤を見た作者はそれを「異様」と形容しました。また、東北地方から津波の恐ろしさの伝承が消えつつあることを「奇妙な思い」だったとさりげなく伝えています。

 3.11では、田老市は200人近い死者・行方不明者を出しています。「てんでんこ」が伝わらなかった地域では、人的被害は甚大でした。

 この本のあとがきは、こう締めくくられています。

 「今も三陸海岸を旅すると、所々に見える防波堤とともに、多くの死者の声がきこえるような気がする
 平成十六年新春     吉村昭」
(『「三陸海岸大津波」 再び文庫化にあたって』より引用)

 吉村氏は2006年に物故されて、2011年の「東日本大震災」を知ることはありませんでした。しかし、氏には防波堤の向こう側から、憂える「死者たちの声」が耳に届いていたのでしょう。
 そのことを、のちに書き加えた「あとがき」で伝えたかったのかもしれません。

 現代の科学では、いまだ地震を予知することは不可能です。

 当分の間は気を抜かず、わたしたちは歴史に残された警鐘に耳を澄まし、できる範囲での防災に努めるしかなさそうです。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 先日、将棋の対局で終盤になるとたびたび席を外したことをきっかけに、あるプロ棋士が重要なタイトル戦を出場停止となりました。
 このタイトル戦は優勝すれば4000万円以上、負けても1500万円ほどの賞金だそうです。

 問題となった棋士は、席を外したスキにスマホの将棋ソフトに次の一手を考えさせていたのではないか、と疑われたのです。
 将棋ソフトの不正使用はないというご本人の主張もあり、真相解明はひとまずおくとしても、将棋ソフト使用というAI疑惑により出場資格は別の棋士に代えられてしまいました。

2016112101.jpg

 この一連の騒動により、AIを使った将棋ソフトウェアの能力は、いまやプロ棋士が頼るほど高度であることが明らかになったのです。
 しかもスマートフォンで動作するわけですから、ちょっとしたトイレ休憩やタバコ休憩でも使うことができます。

 たとえて言うなら、大学入試の会場に参考書をそろえた休憩室があって、試験中に自由に休憩して良いと言われながら、休憩するとカンニングしたはずだと疑われるようなもので、学力試験なのに人間性を試されているようで、なんだか釈然としません。

 プロ棋士という職業がAIソフトに置き換え可能な現実があるわけですから、こうした不正を排除したいのであれば、大会運営側でそれができないよう、事前にルール作りしておくべきだったのではないでしょうか。

 この騒動はあと味の悪い結果となりましたが、「プロ棋士という職業人がAIによって仕事をなくした日本で初めてのケース」といえるでしょう。

 囲碁の世界では、今年3月に「AlphaGo」という囲碁AIソフトウェアがプロ棋士・李世ドル九段に4勝1敗と圧勝しています。
 そして「AlphaGo」は、人間以外の存在としては初めて、囲碁の世界ランキングで堂々の4位にランクインしました。

「人間と人工知能、どちらが上ということはまだ私には言えません」――世界ランク3位・井山棋聖、AlphaGo勝ち越しは「大変なこと」
ITmediaニュース 2016年03月15日掲出)

 ついに日本でも、11月20日に行われた「第2回囲碁電王戦」で、囲碁ソフト「DeepZenGO」が趙治勲名誉名人に初めての勝利を収めました。

日本最強の囲碁ソフト「DeepZenGO」、趙治勲名誉名人を破る 電王戦第2局
 囲碁のプロ棋士とコンピュータソフトが対局する「第2回囲碁電王戦」の第2局が11月20日に行われ、囲碁ソフト「DeepZenGO」が趙治勲名誉名人に初勝利した。日本製の囲碁ソフトが公の場で、ハンディキャップなしにプロ棋士に勝利したのは初めて。19日の第1局は趙名人が勝利していた。
ITmediaニュース 2016年11月20日掲出)

 このままAIが発展していくと、チェス、囲碁、将棋など頭脳明晰な天才が集まる職業が、真っ先にAIに奪われてしまうのでしょうか。

 とはいえ人間にも大きな可能性があります。それは、将棋のAIには絶対に打てない一手を、人間の棋士なら打つことができることです。

将棋の郷田王将が「二歩」 公開対局で痛恨の禁じ手
 将棋の郷田真隆王将(45)が3日、札幌市での佐藤天彦名人(28)との公式戦で禁じ手である「二歩」を指し、反則負けとなった。タイトル保持者の反則負けは極めて異例。(中略)
 郷田王将は王位、棋王、棋聖などのタイトルを獲得した経験があり、今年1~3月の王将戦七番勝負では羽生善治三冠(45)の挑戦を退けてタイトル初防衛を果たした。今月1日には、結婚したことを発表した。
朝日新聞デジタル 2016年9月3日掲出)

 もしAIが二歩を打てば、不良プログラムとして誰も使ってはくれないでしょうし、開発者はこのAIプログラムを抹殺するかもしれません。

 もちろん、二歩を打たない最強のAIプログラムが登場したとしても、この棋士のように結婚という詰めにはたどり着けないのではないでしょうか。(水)

2016112102.jpg

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 数々の流行を生み出してきた記念碑的ビルが、銀座から消えることになりました。銀座5丁目、数寄屋橋交差点にある「ソニービル」です。家電分野、ゲーム分野で日本の最先端をリードしてきた電機メーカー、ソニーの旗艦店(※1)ともいうべき存在でした。

◆ネット社会以前の流行キャッチ方法

 筆者も駆け出しのキャンペーンプランナーの頃、たびたび銀座のソニービルを訪れていました。よい企画を立案するには会社の机にしがみついていてはダメだよ、と先輩からアドバイスされたのがきっかけでした。

 というのも、1970年代にはインターネットは存在せず、現在のように流行や話題の商品をネット検索で知るという方法はありませんでした。

 ではその当時、人はどうやって世の中の動きを知ったのでしょう。

 その方法とは、いまや誰も口にすることのない古語、「銀ブラ」(※2)です。

 プランナーや企画要員が、時代が放つ空気感や最新流行を嗅ぎ取るには、銀座通りをひたすら歩く「銀ブラ」が基本でした。
 というわけで、いい年をした大人たちがスーツを着たまま、華やかな銀座通りを生真面目に右往左往していたのです。

 その流行の発信地でもあった銀座ソニービルは、来年4月に取り壊されます。(※3)

2016111801.jpg

◆最後の家電展示会

銀座ソニービル 解体前に歴代の電化製品を展示
 最新の製品が並ぶショールームを備えた東京・銀座の「ソニービル」が来年4月で解体されるのを前に、これまで展示されてきた電化製品を紹介する企画展が開かれています。
 東京・銀座にある「ソニービル」は、昭和41年に開業し、携帯型の音楽プレーヤーやゲーム機器など時代に合わせて展示内容を変えるショールームとして使われ、年間およそ400万人が訪れます。開業から50年がたち、来年4月に解体することになり、これに合わせ、これまでの製品を紹介する催しが開かれています。
NHK NEWS WEB 2016年11月15日掲出)

 日本初のトランジスタ携帯ラジオや、音楽に革命をもたらしたウォークマン(もちろんカセット駆動)、数々の名作を生み出したプレイステーションなど、筆者も見たことのない名品が一堂に会します。(※4)

 取り壊し前にぜひ一度、ソニービルに足をお運びください。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
※1=旗艦店について当コラムで紹介しています。
 「[028]大和が沈んだ4月7日に考える旗艦の役割とは」

※2=「銀ブラ」
 銀座界隈を目的もなく物見遊山として歩くこと。銀座をブラブラ歩く、を縮めたもの。今上天皇は高校生時代に警備を付けず、学習院学友と銀座を歩かれて「銀ブラ事件」となった。

※3=銀座の象徴"ソニービル"建て替えの意味とは 文・大河原克行
ASCII.jp x デジタル 2016年06月21日掲出)

※4=「It's a Sony 展」
開館時間= 11:00 ~ 19:00
Part-1:2016年11月12日(土)~ 2017年2月12日(日)
Part-2:2017年2月17日(金)~ 2017年3月31日(金)
※ 2017年1月1日(日), 2月20日(月)は休館日


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 11月16日(水)の深夜0時、日付が17日に変わると今年の新酒ワインが解禁となります。もちろん、言わずと知れた「ボジョレヌーボー」の解禁日ですね。

 11月の風物詩「ボジョレー ヌーヴォー」の2016年の解禁日である11月17日が迫り、羽田空港への初荷が10月29日にANA(全日本空輸)運航のフランクフルト便で到着した。
 輸入元となるサントリーワインインターナショナルの輸入ブランド部長で、日本ソムリエ協会認定のワインアドバイザーでもある新村聡氏は、「採れたての赤いイチゴ、ベリー系の果実を口の中でほおばったかのようなみずみずしい仕上がり」と紹介。春先のボジョレー地方は天候不順で気温が上がらず生産者も心配したそうだが、8月から9月にかけて好天に恵まれてブドウが成熟。ボジョレーの帝王と呼ばれる生産者、ジョルジュ・デュブッフ氏はその作柄を「驚きのヴィンテージ」と表現。できあがったワインを「『太陽のいたずら』とも言えるほど魅力的なもの」としている。
トラベルWatch 2016年10月29日掲出)

 この解禁日、毎年11月第3木曜日と定められています(※1)。これを決定したのはフランス政府ですが、時差の関係で日本が世界で一番早く解禁されることもあって、日本国内でも一定の人気を集めています。

 しかも、今年はボジョレパーティーを縮めて、「ボジョパ」(※2)と言うらしいです。

20161116.jpg

 ところでなぜフランスワインの解禁日が、遠く離れたこの日本で騒がれるのでしょうか。

 それには大きな理由があります。12月に入ればクリスマスシーズンとなり、放っておいても世間は盛り上がってくれます。ところが、日本の11月は10月と並んで、財布のひもを緩めてくれるようなイベントやお祭りが、ほとんどありません。

 何もイベントがないこの2ヶ月間をどうやって盛り上げるか、それは商業界にとって長年の課題だったのです。
 だからこそ、この季節にハロウィンパーティーがあり、ボジョレヌーボーがあるというわけです。

 海外から持ち込まれたお祭りは日本の文化になじまないとか、祝う理由がないとかいわれながらも毎年ニュースになっていると、なんとなく行事として根付いていく過程を、筆者は何度も目にしてきました。

 縁もゆかりもない行事にきわめて寛容な日本社会の、節操のなさと懐の深さに思わずため息をつく人も多いことでしょう。

 でも安心してください。世界にはもっと寛容な国があります。タイです。タイには新年を祝う「お正月イベントが年に3回」もあるのです。

 最初は西洋からやってきた 1)太陽暦のお正月で1月1日
 次は中国からやってきた 2)旧暦のお正月で2月の初旬
 最後はタイ国に古くから伝わる 3)ソンクラン祭り(水掛祭り)で4月中旬
 いずれのお正月もタイ人は仕事を休んで盛大にお祝いします。

 いかがですか。国際化を目指すとお休みが増える。決して悪いことばかりではないと思いますよ。(水)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
※1=「ボジョレヌーボー」とは (サッポロビール株式会社 公式サイトより)
※2=「ボジョパ」 (サントリーホールディングス株式会社 公式サイトより)
 2016年の販売解禁は11月17日0時。サントリーは世代を超えて楽しむ「ボジョパ」を提案


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 すでにご承知の方も多いと思いますが、11月14日の今夜は月が地球に最も接近するタイミングで満月に見える、つまり月が一番大きく見える「スーパームーン」の日です。

20161114.jpg
画像提供 国立天文台 『(c) 国立天文台』

 これは月の軌道が楕円形を描いて地球を周回しているため、面積比では最大で3割も大きくなるそうです。

きょう「スーパームーン」 68年ぶりに最接近
 満月がいつもより地球に近づいて大きく見える「スーパームーン」が14日夜起きる。日本列島の多くは雨や曇りであいにくの天気だが、地域によっては晴れて、68年ぶりとなるひときわ明るい満月を楽しめそうだ。(中略)
 国立天文台によると、月は14日午後8時21分に地球まで約35万6500キロに近づき、午後10時52分に満月になる。これほど近づくのは昭和23年以来68年ぶりで、今年最も小さかった満月に比べて直径が1・14倍、面積は3割ほど大きくなるという。
産経ニュース 2016年11月14日掲出)

 13日の昨夜は、東京は薄曇りのため風流なおぼろ月夜となり、月見には最適でした。

 スーパームーンとなる時間帯は、夜の8時過ぎから11時位までのあいだとのこと。お住まいの地域が、この時間帯に晴れることをお祈りいたします。(水)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■参考リンク
国立天文台 「スーパームーン」ってなに?


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 11月11日と言えば、何の記念日でしょうか。今年のカレンダーを見ると、この日は平日の金曜日です。とはいえ「1」が四つも並ぶ特別な日ですから、何かありそうですね。

 この11月11日、一年で二番目に記念日が多い日なのです(一般社団法人 日本記念日協会 調べ)。
 その数、なんと37個。(※1)

 目新しい記念日では「11」をわんわんと読む「わんわんギフトの日」、わかりやすいものでは「ポッキー&プリッツの日」があります。
 ながらくコピーライターを仕事にしてきた筆者ですが、この日が「コピーライターの日」とは思ってもいませんでした。

 制定理由がよくわからないものに「サムライの日」「長野県きのこの日」などがあります。
 「立ち飲みの日」に至っては、「今日は立ち飲みの日だから帰りは遅くなるよ」と言ったところで、奥さんの理解を得るのは難しそうですね。

20161111.jpg

 日本記念日協会の調査によると、同じように記念日の多い日としては、「10月10日(45個で一番)」、「8月8日(33個)」があるそうです。

 ところで、記念日はどうやって決まっているのでしょうか。

 先述の日本記念日協会に申請して審査を受け、登録合格となれば晴れて記念日が決まります。申請は「団体、企業、個人などで独自の記念日を登録したいとお考えの方」なら誰でも申請できるそうです。

 みなさんもこれを記念に、マイ記念日を作ってみてはいかがでしょうか。(水)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
※1 一般社団法人 日本記念日協会
~11月11日が記念日のリスト~
1.わんわんギフトの日 2.生ハムの日 3.串カツ田中の日 4.ライスパワーNo.11の日 5.プラズマクラスターの日 6.いい獣医の日 7.ベースの日 8.サムライの日 9.たくあんの日 10.チンアナゴの日 11.十一の奈良漬の日 12.スーツセレクトの日 13.まつげ美人の日 14.いい出会いの日 15.ジャックポットの日 16.豚饅の日 17.モールアートの日 18.おかあちゃん同盟の日 19.美しいまつ毛の日 20.生命保険見直し月間(1日から30日) 21.ロールちゃんの日 22.立ち飲みの日 23.ネイルの日 24.おそろいの日 25.ミュージカル「キャッツ」の日 26. コピーライターの日 27.鏡の日 28.介護の日 29.めんの日 30.ジュエリーデー 31.ポッキー&プリッツの日 32.磁気の日 33.サッカーの日 34.きりたんぽの日 35.おりがみの日 36.鮭の日 37.長野県きのこの日


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



東京・明治神宮外苑で開催されていた「東京デザインウィーク」で11月6日夕方、展示物が燃えて中で遊んでいた5歳の男児が亡くなり、救助しようとした男性二人がけがを負いました。

 せっかくのデザインイベントで起きた不幸な事故ですが、ではなぜ火災が起きたのでしょうか。

 燃えたのは木組みのジャングルジムに木くずを絡ませた作品です。構造的に空気の通りが良く、しかも立方体に整然と組み上げた状態ですから、これを積み上げた薪としてみると、誰が見てもよく燃えそうな作りになっていました。

2016110901.jpg

 ただ、学生たちにはこれが燃えやすい物としての認識が欠けていたようです。構造物の最下部に、上向きに白熱電灯をセットしてしまいました。

本物のアートではなかった 11月8日
 制作者側の日本工業大学によると、本来は照明として、LED電球だけを使用するはずだった。ところが学生らは当日、作業用に持ち込んでいた白熱電球のライトもオブジェ内で点灯させていた。
産経ニュース・産経抄 2016年11月8日掲出)

 これを学生の不注意だったと片付けて良いのか、筆者はふと考え込んでしまいました。

 そもそも、今の若者に燃えやすい物と燃えにくい物の区別ができるのでしょうか。
 彼らが生まれて成長するまで、火を日常的に扱う環境に居たことがあったでしょうか。

 いまやマッチを擦ったことのある子供たちは皆無だと言われています。火から遠ざかった生活を送っていれば、誰しもおがくずが燃えやすい物との知識を得る機会はなかったのではないでしょうか。

 便利な物だけを与えられて育ったいまの若者に、こう想像することはできないでしょう。
 ・電灯は高熱となるため近くに可燃物を置いてはいけないこと
 ・おがくずは焚き付けに使えるほど燃えやすいこと
 ・積み上げた木は火のまわりがとても速いこと。

 こうした基礎知識がない若者たちだけで、照明効果を高めるために白熱電灯をオブジェに向けたとしても、そこにいる誰もその行動を止める理由を思いつくことはできません。

 見栄えの良さだけで行動したからだ、と断罪してしまえば話は簡単です。大学にも監督責任がある。そうかもしれません。

 ただ、それだけでは若者に火災のきっかけとなる行動を起こさせた背景は見えてきません。見えなければ、また同様の事故が起こるだけです。

 利便性をひたすら追い求めた先にある、未来の便利な社会。そこにあるのはすばらしい社会のように思えます。でも、その姿が本当はどうなのか、実は誰にもわかってはいません。

 便利最優先の社会が行き着く先にたどりつくのは、意外にも悲惨な結末ではないのか。わたしたちはいま、そんな姿を垣間見ているのかもしれません。(水)

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 首都圏で電車に乗った際、車内でお化粧する女性の姿をときたま見かけることがあります。誰もが見て見ぬふりのこの現象、比較的若い女性に多いようです。電車内で携帯電話を使う場合と違って、かなり堂々とお化粧に励んでいらっしゃいます。

2016110701.jpg

 最近、この電車内化粧について少し論争が持ち上がりました。
 発端はある私鉄企業が行った車内マナー向上を呼びかける動画でした。

東急電鉄 公式サイト
[動画の場所はこちら]
・動画で見る東急電鉄>
マナー向上へのお願い(わたしの東急線通学日記)>
社内での化粧はご遠慮ください 「社内化粧(マナーダンス)篇」

 これは筆者の勝手な感想にすぎませんが、動画を見た限り少女の「みっともない」ダンスは少しやりすぎかもしれません。もう少し年配のおばさんが柔らかく伝えればこうも叩かれずに済んだでしょう。

 とはいえ、筆者も朝のラッシュ時にはずいぶんといろいろな体験をしてきました。
 地ならし作業のような下地作りから、真っ赤な口紅塗装に血をなめ回すかのようなグロス塗り、目玉を突きそうなマスカラ工事(まつげ延伸)、ビューラー(つけまつげ装着器)を取り出しての大改造などなど、いろいろとおもしろく拝見してきました。
 女性が見事に化けてゆく工程を、間近で見ることができる機会はなかなかないので、男性としては貴重な体験なのかもしれません。

2016110703.jpg

 先日は、ついにスマホの液晶側のカメラ(インカメラと言うそうです)で液晶に自分の顔を映しだしての動画化粧を目撃したときは、これぞ「IT化粧術」と思わず膝を打ったこともあります。
 もう女の子が手鏡とかコンパクトといった化粧道具を求めない時代になったのだなぁ、と筆者はひとり感慨にふけりました。

2016110702.jpg

 ただ残念なことに、車内化粧に専念する女性に、化粧液やパウダーが周囲の人ににふりかかることを気にする方はひとりもいませんでした。たまらず席をたつ両隣がいることなど、まったく意に介してはおりません。
 まあ、それは当然のことで、周囲など気にしていては電車で化粧はできません。いたしかたない・・・いえいえ、それではすまされるはずがありません。
 かぐわしい香水や口紅を付けたスーツで、家庭内にいらぬ問題を引き起こしたくない男性も多いはずです。

 ではなぜ、車内化粧が止まないのか。それはおそらく、若い女性にとっての化粧の概念が、これまでとはまったく違ったものだからでしょう。化粧は美しくなるのでも化けるのでもなく、いつもの自分に戻る作業にすぎず、仕事の一部として化粧をしているようにうかがえます。

 だからこそ、周囲の人に止めて欲しい理由があったとしても、その理由を説いたところで化粧を止めさせる自信のある人は居ないのです。
 
 実のところ、若い女性の車内化粧を注意できる男はひとりもおりません。反撃されたり無視されるのは嫌、ましてや痴漢などのえん罪だけはごめん被りたい。

 できればこの問題は、女性だけで話し合い解決していただきたい。これが大多数の男のいつわらざる本音でしょう。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育


 最近、漱石の話題をよく耳にするようになりました。

 なんでも今年は漱石の没後100年を迎えるそうです。(朝日新聞・特集 『夏目漱石「吾輩は猫である」』より)

 テレビドラマあり、新聞では「吾輩は猫である」の連載やキャンペーンありと実に賑やかです。しかも来年は、なんと生誕150年(※1)

 生まれても亡くなっても、話題に事欠かない実にありがたい文豪です。

 筆者が「吾輩は猫である」を初めて読んだのは中学一年生の時でした。教科書の「坊っちゃん」で漱石を知り、同じような面白さを期待して読み始めたは良いものの、「猫」の何がおもしろいのかさっぱりわかりませんでした。しかも現代語訳の子供向け抄訳でしたから、人の話を理解するめずらしい猫だなぁと思うまもなく、あっというまに酔っ払って死んでしまったのです。

 ところが、高校生になって『漱石全集(※2)』に収録された原文で読んだところ、「猫」の面白さがその軽妙洒脱な文体にあることにようやく気が付いたのです。
 小さい頃に「猫」を読んで退屈と感じた方は、ぜひ漱石が書いた当時の原文で一読されることをおすすめします。

20161104.jpg

 さて、いまや大文豪の名をほしいままにする漱石ですが、正岡子規の著作(※3)に漱石の意外な一面が描かれています。

 子規は若い頃の雑文の中で、友人達を細かく分類していますが、漱石をただひとり「畏友」(「筆まかせ」明治22年 『子規全集 第9巻』収録)と称するほど、夏目金之助(漱石の本名)を尊敬しており、親交も深かったようです。

 また、漱石の俳句も高く評価もしています。
 「我俳句仲間に於いて俳句に滑稽趣味を発揮して成功したる者は漱石なり。漱石最もまじめの性質にて学校にありて生徒を率いるにも厳格を主として不規律に流るるを許さず。(中略)之を思ふに眞の滑稽は眞面目なる人にして始めて為し能ふ者にやあるべき」(「墨汁一滴」・1月31日」より ※4)

 そんな漱石と子規の関係ですが、あるとき、二人が連れ立って都内の早稲田付近を歩いていたときのこと。事件が起こります。
 「余が漱石と共に高等中学に居た頃漱石の内をおとづれた。漱石の内は牛込の喜久井町で田甫(たんぼ)からは一丁か二丁しかへだたっていない處である。漱石は子供の時からそこに成長したのだ。余は漱石と二人田甫を散歩して早稲田から關口の方へいたが大方六月頃のことであつたらう、そこらの水田に植えられたばかりの苗がそよいで居るのは誠に善い心持であつた。此時余が驚いた事は、漱石は、我々が平生喰ふ所の米は此苗の實(み)である事を知らなかつたといふ事である。」(「墨汁一滴・5月30日」より)

 原文では筍(たけのこ)が竹になることを知らなかった四十女から始まり、しまいには「都の人が一疋の人間にならうと云ふのはどうしても一度は鄙(ひな)住居をせねばならぬ」と締めくくっています。

 四国・松山に育った子規から見ると、漱石は江戸生まれ、東京育ちの都会っ子ですから、何でも知っているやつと心の中では恐れがあったかもしれません。ところが、その漱石は高等中学(のちの旧制の第一高等学校)に通う秀才にもかかわらず、毎日食べているご飯がどうやってできているかを知らなかったのです。

 英国留学まで果たした漱石にもこんな常識外れもあるんだよと茶化してみせる子規ですが、このとき明治34年(1901年)、子規はすでに病床にありました。
 その死まで一年あまり。子規は冴えわたる筆で、若き日の漱石を懐かしく写生してみせたのです。

一方、漱石はと言えば、英国留学中(1900~1903年)に神経衰弱に陥って下宿に引きこもっていたのです。
 子規が書き送った「モシ書ケルナラ僕ノ目ノ明イテイル内ニ今一便ヨコシテクレヌカ」(明治34年11月6日の手紙)にも遂に返事を書くことはありませんでした。(※5)

 子規が見抜いていた漱石の「滑稽趣味」がようやく発揮されるのは、子規の死から3年後の明治38年(1905年)、雑誌『ホトトギス』に連載を開始した「吾輩は猫である」によってでした。

 作中に繰り広げられる果てしのない会話は、生前の子規と交わしたものだったのかもしれません。だとすると、「吾輩は猫である」を一番読んで欲しかった人は、子規その人だったのではないでしょうか。(水)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■参考文献・リンク
※1  岩波書店 漱石プロジェクト @IwanamiSoseki
※2 漱石全集・赤い表紙だったと思うので『岩波書店 漱石全集』のようです。
※3 『子規全集』(全22巻/別巻3巻・講談社) ( )内のルビはすべて筆者追加
※4 「墨汁一滴」(明治34年1月16日~7月2日まで新聞『日本』連載)
※5 「東北大学附属図書館 夏目漱石ライブラリ」より

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 ご存じでしたか、11月3日の「文化の日」「ビデオの日」でもあることを。

 いえ、知っていなくてもいいんです。なぜなら「ビデオの日」(※1)が制定されたのは、2016年の今年ですから。

 今年2016年11月は、DVDが発売されて20年、Blu-ray(ブルーレイディスク)が発売されて10年、ということでこれを記念して制定されたそうです。

 記念日の11月3日には、全国のDVDレンタル店でとても太っ腹なキャンペーンが実施されます。

11月3日は「ビデオの日」。2,800店でレンタル全品100円/記念セールなど実施
 日本映像ソフト協会(JVA)と日本コンパクトディスク・ビデオレンタル商業組合(CDVJ)は、DVD発売20周年とBlu-ray発売10周年を記念し、毎年11月3日を「ビデオの日」に制定。11月3日限定で、全国の対象ビデオレンタル店において、新作タイトルを含むBD/DVDレンタルが全品100円となるキャンペーンを行なうなど、レンタル・セル市場の盛り上げを狙った各種キャンペーンを実施する。
AV Watch 2016年11月1日掲出)

 インターネット環境の充実で、映画などをネットで見る人が増えてきました。昔のアニメや映画が自宅に居ながらにして見放題になる動画配信(ストリーミング)サービスは、「Hulu」、「dTV」、「Netflix」、「Amazon Prime Video」など複数のサービスが競い合い、日本でもかなりの視聴者を獲得しています。(※2
 さらにハードディスクやメモリカードに映画が録画できるわけですから、DVDメディアの優位性はかなり薄れてきたとの見方もあります。

 「ビデオの日」制定にはそうした流れをDVDやBlu-rayに引き戻したいという願いが込められているのかもしれません。

20161102.jpg

 「11月3日は、家に引きこもって、いろんな作品を見まくりましょう!」とアピールする「ビデオの日」アンバサダー・中川翔子さん。(※3

 実のところ、ビデオソフトをどんなメディアで見るかについては、視聴者はたいしてこだわっていないかもしれませんね。

 ただ、制作サイドとしては今でもDVDの売り上げが制作費を回収する大切なメディアとなっています。DVDメディアならではの特長を活かした生き残り戦略を真剣に考える時期に来ていると言えるでしょう。(水)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
※1=「ビデオの日」実行委員会 公式サイト

※2=「どれがいい? 定額制の動画配信(見放題)サービスの比較と選び方」(appllio 2016年9月4日掲出)

※3=「中川翔子、「経験値を与えてくれる」とビデオソフトの魅力を語る!」(ニュースウォーカー・MovieWaiker 2016年11月1日掲出)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育


サイト内検索
google

今月の新刊
改訂版 はじめての経営計画100問100答
改訂版 はじめての経営計画100問100答
著者/小笠原 士郎
定価/1800円+税

これが長期投資の王道だ
これが長期投資の王道だ
著者/澤上 篤人
定価/1700円+税

仕事が思い通りにできる心理術
仕事が思い通りにできる心理術
著者/櫻井 勝彦
定価/1500円+税


トップクラスの専門家集団が教える相続、贈与、譲渡、法律 完全攻略【続編】
トップクラスの専門家集団が教える相続、贈与、譲渡、法律 完全攻略【続編】
著者/一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会
定価/2500円+税