書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

単語の多さ、見やすさ、発音のわかりやすさ、タイトル! 1日にページ数を決めて繰り返し、勉強出来ている
2017:10:10:19:31:03 2017.10.10更新
非常に良かった。 マネーゲーム的な運用に疑問を感じていたので、その疑問を解消してくれる本だった。
2017:10:03:20:38:00 2017.10.03更新








明日香出版社について
TOP >>
 「できる!」ビジネスマンの雑学 >>
 2017年10月
「できる!」ビジネスマンの雑学
2017年10月



 このところの冷え込みで、関東は秋を飛び越し、冬が来たのかと思わせる日々が続いています。

 こんな時は体があたたまる食事が一番ですね。

 料理好きな方はよくご存知の「きょうの料理」(Eテレ)で、肉じゃがを紹介していました。

 肉じゃがは誰もが知っているお袋の味。材料もいろいろ、作り方もさまざま。何をいまさら、と筆者は思っていましたが、さすがに料理研究家の栗原はるみさん、シンプルな材料で最高の味に仕上がっていました。

栗原はるみの肉じゃがレシピ
  栗原はるみさんの肉じゃがは、シンプルで何度食べても飽きのこない味に仕上がっています。玉ねぎを多めに入れ、少し甘めに仕上げた絶品の肉じゃがレシピです。
「きょうの料理・NHK/Eテレ」 2017年10月12日放送)

 詳しいレシピは、リンク先のサイトを見ていただくとして、主な材料は
<じゃがいも>、<たまねぎ>、<牛肉>の3つだけ。

 にんじんもシラタキもねぎも入れません。いえ、入れてはいけません。

 それでいて、
 たまねぎトロトロ、じゃがいもホクホク、お肉はジューシー。

2017102001.jpg

 この料理のポイントはふたつ。

1)フライパンでイモとたまねぎをしっかり炒めること。
2)出汁(だし)をしっかりとっておくこと。

 筆者は秘蔵の羅臼昆布をひと晩、しっかりと水につけて、鰹節を惜しみなく加えた出汁(だし)を用意しました。

 出汁の取り方はこちら
 [041]カンタン手料理5 和食のだしの取り方
 (2015年04月24日)

 良い出汁さえあれば、30分足らずでおいしい肉じゃがが完成します。手作りの出汁が用意できないときは、パックや粉末の出汁の素でも大丈夫です。

 筆者はこの肉じゃがに茹で立てのざるうどんをひたしながらいただきました。つけ麺ならぬつけうどんでしたが、とても温まりました。

 牛肉は軽く火を通す程度ですので、しゃぶしゃぶかすき焼き用の薄切り和牛がこのレシピに合いそうです。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 世の中には驚くべきことがあるものです。このたび、東京・上野動物園では、園内でタバコを吸うことが禁止されていなかったことがわかりました。

上野動物園 園内全域の禁煙を検討
 ジャイアントパンダの人気もあって多くの家族連れでにぎわう東京・上野動物園で、園内の全域を禁煙にする方向で検討が進められていることがわかりました。園の関係者は、上野動物園で先行して禁煙を実施すれば、各地の動物園で導入が進むことも想定されるとしています
(中略)
 現在、園内にある喫煙所はパンダ舎から近い場所にあり、動物園協会などは、近くプロジェクトチームを立ち上げて本格的な協議に入り、パンダの赤ちゃんが公開される前の来月末までに結論を出すことを目指しているということです。
NHK NEWS WEB 2017年10月16日掲出)
2017101801.jpg

 しかも、喫煙所がパンダ舎の近くに設置してあったという、驚きの事実まで公表されました。
 赤ちゃんパンダを大事に育てなければ、とあれだけいっていた上野動物園は、たくさんの子供たちが集まる肝心の場所でありながら、なぜ思いが至らなかったのでしょう。

 実のところ日本は、受動喫煙対策への取り組みがいちじるしく緩慢であると、世界保健機構(WHO)から指摘されています。

日本の受動喫煙対策「前世紀並みに遅れ」 WHOが視察
 たばこ規制政策の専門家が来日し、日本の受動喫煙対策を「前世紀並み」と表現しました。朝日新聞デジタルでの2回のアンケートには、合わせて約3900の回答がありました。立場によって意見に大きな開きがみられます。そんな中、議論のあり方について寄せられた声を中心に紹介します。
朝日新聞デジタル・福地慶太郎/錦光山雅子 2017年4月16日掲出)

 確かに屋外での喫煙への規制が始まり、分煙環境や喫煙所は設置されました。しかし、子供たちが集まる公共施設、今回話題となった動物園で、タバコを禁止する動きがなぜ今までなかったのでしょうか。

 屋内や子供たちが利用する公共施設を重点的に禁煙にしたほうが、受動喫煙対策としても、その効果は高いはずです。

 それなのに日本では、受動喫煙の被害が少ない屋外から分煙化が始まり、建物内での禁煙は「努力義務」にとどまっています。

 日本の現状はこちらで紹介されているとおりです。

どうなる?たばこ"新ルール" 広がる波紋
 皆さん、ご存じでしょうか?オリンピックとたばこ、実は深い関係があります。「たばこの無いオリンピック」を掲げるIOCの意向を受け、開催国は喫煙を法規制するのが通例となっているんです。
 例えば、ブラジルやイギリスでは、学校や病院といった公共施設だけでなく、飲食店は全て禁煙。罰則付きの法律で厳しく定めています。
では、日本はどうかというと...。
「クローズアップ現代・NHK」 2016年12月14日(水)放送)

 海外では受動喫煙と言う健康リスクを減らすことを目的としたため、すぐに屋内禁煙が定着しました。一方、日本では喫煙をマナーや迷惑行為といった観点で制限しようとして、まずは屋外での「喫煙マナー」として始まった経緯があります。

 しかし、そのようなゆるい対応ではもう済まされないことを、今年生まれたパンダ「香香(シャンシャン)」が、身をもって教えてくれたようです。

 屋内の「分煙」が禁煙に進展するには、まだまだ時間がかかりそうです。東京五輪を前に、タバコの問題をもう一度考え直す必要がありそうですね。(水)

---------------
■関連リンク
禁煙推進Webサイト(日本医師会)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育


 昨年の2016年、日本で発生した交通事故死はおおよそ4,000人でした。

全国の交通事故死、67年ぶり4000人割れ 自転車乗車中は前年から14%減
 平成28年に全国で発生した交通事故死者数は前年より213人(5.2%)少ない3,904人で、昭和24年以来67年ぶりに4,000人を切り、3,000人台となったことが1月4日、警察庁のまとめで分かった。統計を開始した昭和23年以降では3番目の少なさで、最多だった昭和45年の1万6,765人と比べると4分の1以下となった。
Cyclist 2017年01月04日掲出)

 かつて1万7,000人近く(1970年)の方が亡くなっていたことに比べれば、昨年は4分の1以下ですから格段に少なくなったのかもしれません。
 ただ亡くなった方の家族や友人にとって、かけがえのない人が健康なうちに、時には何の落ち度もなく命を絶たれるのは、到底受け入れられるものではありません。

2017101601.jpg

 ところで、2016年交通事故死者数の3,904人の内訳に、気になる数字があります。

 平成28年11月末までの死亡事故を形態別にみると、自動車乗車中1,208人(前年同期比20人増)▽自動二輪車乗車中422人(同11人増)▽原付乗車中212人(同11人増)▽自転車乗車中448人(同73人減)▽歩行中1,183人(同158人減)などで、自動車乗車中と歩行者が多数を占めた。
(引用元:同上)

 歩行者と自転車運転中の死者が合計で、1,631人という数字。交通事故死全体の41.7%を占めています。
 考えても見てください。歩行中や自転車走行中の人が、転んだだけで突然死することはありえません。やはり自動車との衝突でなくなったと考えるのが妥当でしょう。

 「歩行者や自転車は交通弱者」と言われているにもかかわらず、実に4割を超える方が、昨年発生した交通事故の犠牲者なのです。

 交通系の事故に旅客機の事故があります。航空機事故はひとたび起きると、マスコミの注目度も高いためいつまでも人々の記憶に残り、航空機の安全性に疑問を投げかけられます。

 これが自動車事故になるとどうでしょう。事故件数が数え切れないくらい多いことと、一件当たりの死者が少ないためか、トップニュースに取り上げられることはありません。
 しかし、自動車の年間死者数は航空機事故とは比較にならないほど多いのが現実です。

 たとえ方に誤解を恐れず言ってしまうと、交通事故死がピークだった1970年は、
400人乗りの航空機が一年間に40機以上も墜落

したようなものです。

 今でも毎年10機程度が墜落している計算となります。しかも、この異常な状態は70年近く続いているのです。

 自動車は大切な「生活の足」ですが、使い方を誤ると人の命を奪う危険な乗り物でもあります。

 これだけの犠牲を払っていても、自動車を自由に駆って行きたい所に何時でもいけることは大切なのでしょうか。

 交通事故死が移動の自由や生活の足を守るための「社会的コスト」とみなされるのであれば、とても悲しいことです。

 筆者が自動運転車の登場を心待ちにしている理由はここにあります。さきほどあげた昨年の死者数 1,631人は、日本の交通網が自動運転車に入れ替われば、おそらく限りなくゼロに近づくことでしょう。

 さらに、運転技量不足や交通ルールを守れないドライバーが一掃されれば、自動車乗車中の死者も減ります。おそらく交通事故での死者はいずれいなくなるかも、という予測もあながち嘘とはいえません。

自動運転車 30年代に「死亡事故ゼロ」...経産省目標
 経済産業省は13日、自動運転車の実用化により、運転手を原因とする交通事故死亡者を2030年代に「限りなくゼロ」にするとの目標を打ち出した。政府の成長戦略の具体策を議論する産業構造審議会(経産相の諮問機関)の新産業構造部会で示した。
毎日新聞 2016年9月13日掲出)

 その日が来ることを祈りつつ、交通事故にあわないよう気をつけて生活したいものですね。(水)

----------------
■関連リンク
自動車が存在しない世界の町10選
HUFFPOST 2014年03月04日)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 10月10日朝、日本の未来への期待を一身に浴びて、「みちびき4号機」の打ち上げが行われ、見事に成功しました。

準天頂衛星みちびき4号機、打ち上げ成功 来年4月から本格運用へ
 日本版の衛星利用測位システム(GPS)を担う政府の準天頂衛星みちびき4号機を搭載したH2Aロケット36号機が10日午前7時1分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功した。みちびきは日本の独自の測位衛星で、来年度から4基体制による本格運用が始まる。
産経ニュース 2017年10月10日掲出)

 これで日本版GPSは4基体制が完成して、数センチ単位の位置情報システムが動き出すことになります。

2017101301.jpg
H-IIAロケット36号機/「みちびき4号機」(準天頂衛星)の打ち上げ
(提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA))

 世界標準の米国版GPSは10メートルの誤差があると言われていますから大変な技術革新であり、日本は高精度GPSを利用したITサービスで世界を一歩リードしたと言われています。

「みちびき」4号機打ち上げ成功 "日本版GPS"本格運用へ
 みちびきは、日本のほぼ天頂(真上)を通る軌道を周回する準天頂衛星で、1~4号機の4機体制で運用。GPS信号と互換性のある信号を送信し、山間部や都心部の高層ビル街などでも安定して位置情報を取得できるようになる。また、GPSでは数十メートルある測位の誤差を、最大でセンチメートル単位にまで縮められるという。
ITmediaNEWS 2017年10月10日掲出)

 その一方で、日本だけが独自のGPS規格に依存することに、大きな気がかりも生まれています。

 たとえば、自動車の自動運転では、日本でしか使えない高精度GPSを前提としたシステムは、他国に使ってもらうことはできません。

 このことは公共交通やトラック輸送の自動運転、農業機械の自動操業、ドローンを使った輸送システムなど、さまざまな分野に及びます。
 各国、各企業が世界標準化を目指して開発競争にしのぎを削っている今、日本企業が早々にグローバル化から脱落してしまうのではないか。
 そうした危惧すら感じてしまいます。

2017101302.jpg

 日本の技術は細かいところまで気を配り、国内では使いやすく仕上がっていますが、グローバルな視点から見ると世界標準とは程遠い仕様になりがちでした。高価格過ぎたり、無駄な機能が多い、コンセプトが明確でない、など。
 パソコンやケータイ電話の事例でもわかるように、世界中で使われる標準仕様、ディフェクトスタンダードが決まると、日本の独自規格はあっという間にマイナーな存在になって、日本の消費者からも忘れ去られることを繰り返してきました。

 高精度がウリの日本版GPSがこれからどう発展していくのか。注意深く見守っていく必要がありそうです。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 音楽好きの方々にははなはだ失礼な話ですが、意外に重要なテーマかもしれません。

ハイレゾ音源は、40代以上の耳でも聴き取れるのか。

 それというのも、人間の聴力は40歳代から徐々に衰えていき、特に高音は聞こえづらくなることが判明しています。

2017101101.jpg

日本人の年齢別による聴力低下(聴覚検査法により)
[出典:東京メガネ・「年齢とともに聴力は衰えます」]

 ただオーディオ業界でこのことをテーマにすると、「オーディオの価値は若者にしかわからないのか」と言われてしまいます。また、懐の豊かな中高年層が、高級オーディオを買ってくれなくなりますから、この話題だけは避けてきたという事情があります。

 ところが、この問題に真正面から取り組んだ雑誌が現れました。

高音聞こえないオヤジにハイレゾ音源の意味はある?
 オーディオ機器の話をすると"ハイレゾ音源"の話題がよく聞かれるようになりました。その一方で、"自分にはハイレゾを聞き分けることが出来るのだろうか?"という疑問の声もちらほら。人間の聴力は20kHzが上限で、歳を取ると次第にその上限が低下します。ハイレゾ音源の周波数帯域は20kHzを大きく上回ります。果たして、"自称音にうるさい"音楽好き、オーディオ好きの中高年は本当にハイレゾを理解しているのでしょうか? なにぶんこの原稿を書いている私も該当するので密かに気になるところです。
 DOS/V POWER REPORT11月号特集「聴くのも、演(や)るのも!PC×サウンド再発見」では、サウンドデバイスの評価やPCとつながる楽器の紹介などに加えて、上記のような音にまつわる素朴な疑問を放送大学教授の仁科エミ氏にぶつけたインタビュー記事「耳のひみつ」を掲載しています。
PC Watch 2017年10月4日掲出)

 この雑誌、「DOS/V POWER REPORT 11月号」では、確かに年齢を重ねるほど高音の聞き取り能力は落ちてくると言い切っています。
 しかしその一方で、耳で聞きとる音だけが音楽ではないそうです。若者でも聞き取れない高音、いわゆる「超高周波」や音にならない振動が「基幹脳」に届くと、よりゆたかな快感や感動をもたらすそうです。

 音楽は耳に届く音だけにあらず。全身全脳で受け止めるものなり。

 といったところでしょうか。

 ※誌面では以下のような疑問にも答えていただいています。ぜひご一読ください。
 ・超高周波(ハイパーソニック)を人間はどうやって知覚しているのか?
 ・「耳が遠くなる」とはどういうことか?
 ・加齢による聴力の低下に個人差はあるのか?
 ・低下した聴力は回復できるのか?
 ・イヤホンの連続使用で難聴になるのか?
 ・ハイレゾヘッドホンやイヤホンに意味はあるのか?
 ・人はハイレゾの違いをどこで認識しているのか?
(前出 PC Watch より)

2017101102.jpg

 興味深い話題をまじめに掘り下げたオーディオ談義です。筆者もぜひ読んでみたいです。高品質の電気を確保する「マイ電柱」(※1)の建立は、それからにしたいですね。(水)

---------------
※1=「マイ電柱」:オーディオマニアの行き着く先といわれている。
究極のオーディオマニアが行き着く「マイ電柱」
(THE WALL STREET JOURNAL 2016年8月16日掲出)

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 2017年のこの秋、日本でもついにケータイやスマホの次世代メディアが登場することとなりました。

 10月2日、アマゾンジャパンは、米国で大ヒットしたAIスピーカー「エコー」を、2017年中に日本で発売すると発表しました。

「Alexa」と「Amazon Echo」、年内に日本上陸
 Amazon.co.jp(以下、Amazon)は10月2日、クラウドベースの音声アシスタントサービス「Amazon Alexa」とAlexa搭載のスマートスピーカー「Amazon Echo」を、年内に日本で展開すると発表した。事前購入を希望したユーザーに対し、招待制でEchoを購入できるようにするという。
ITmedia・太田智美 2017年10月02日掲出)

2017100601.jpg

 2014年に米国で登場したこのAIスピーカー「アマゾンエコー(: Amazon Echo)」は、声で指示するだけで音楽を流したり、ニュースや天気予報を読み上げるなど、これまでにない手軽さで、あっという間に全米に普及しました。

 ただ、AIスピーカーを日本で発売するには、核となるAIエンジン「Alexa(アレクサ)」を日本語に対応させる必要があり、その発売が長らく待たれていました。アマゾンではこの日本語化に向けて、着々と準備を進めていたことは、当コラムでご紹介したばかりでした。

[427]この夏、「音声合成」サービス、始めました(by アマゾン)
(当コラム 2017年08月02日掲載)

 米国生まれのAIスピーカーが、わずか2年で日本語を正しく聞き分けて、日本語で応答するところまで来たのです。

 ところが、アマゾンの発表から3日後の10月5日、グーグルは10月6日からAIスピーカー、スマートスピーカー、「Google Home」、10月23日からは「Google Home Mini」を発売すると発表しました。

グーグルのスマートスピーカー「Google Home」「Google Home Mini」日本発売
 グーグルは、スマートスピーカー「Google Home」「Google Home Mini」を日本で発売する。auでも扱われることが案内されている。「Google Home」は10月6日から1万4000円(税抜、以下同)で、「Google Home Mini」は10月23日から6000円で販売される。
 Google Homeは、「OK、Google」と声をかければ、音楽再生や検索、アラームのセット、スマートデバイスの操作などができるスマートスピーカー。「Google Home Mini」は同等の機能を持つ小型モデルで、「Google Home」は重低音対応のスピーカーを備え、より高音質な音楽再生などを楽しめる。
ケータイWatch・関口 聖 2017年10月05日掲出)

2017100603.jpg

 日本語で問いかけると、自然な日本語で応える「Google Home」の完成度の高さには驚かされます。(リンク先に動画あり)

 AIスピーカーの市場を勝ち取るのは、アマゾンでしょうか、それともグーグルでしょうか。

 かつてコンピュータ業界は、日本語処理ができない外国のパソコンは日本に入ってこれないと豪語していました。2017年のこんにち、その言葉を信じる人はひとりもいません。

2017100602.jpg
「2016年国内パソコン出荷概要」 株式会社MM総研・ニュースリリースより引用)

 1990年代前半、日本のコンピュータ市場は国内各社が、独自に日本語処理を搭載していましたが、マイクロソフト社がマルチ言語環境を装備したWindows OS(Windows 95)を1995年に投入。一夜にしてパソコン市場の王者が入れ替わりました。

 同じようなことがケータイ電話にも起こりました。2008年、iPhone 3G が日本に投入されると、日本国内で幅を利かせていたケータイは、ガラケー(ガラパゴスケータイ)と呼ばれるようになりました。

 AIスピーカーでも同じことが起こるのでしょうか。いえ今回はそうではなさそうです。

 というのも、日本ではAIスピーカーはまだ普及していないからです。逆に、日本企業はこのアマゾン製AIスピーカーを最初から受け入れる姿勢をとっています。

 日本企業では、アマゾンが提供するアプリ制作キット「Alexa Skills Kit(ASK)」と自然言語応答サービス「Alexa Voice Service(AVS)」を使い、「アレクサ」で自社製品をコントロールできるようプログラムを始めています。

 いずれ日本語でエアコンをオンオフしたり、明かりやテレビをつけたり、さらには「おやすみ」や「行ってきます」のひと言で、家の戸締りもできるようになることでしょう。

 このことをすごいと思うのか、脅威と思うのか、反応はさまざまですが、ひとつ残念なことがあります。

 それは、日本語で動作するAIシステムは、日本企業に開発してほしかったということです。

日本勢参入も、AIの頭脳は米国勢が握る
 日本のIT大手が相次ぎ人工知能(AI)搭載のスマートスピーカー市場に参入するが、頭脳となるAIエンジンは開発を主導する米アマゾンや米グーグルなどに依存している。パソコンやスマートフォンと同様の構図だ。製品のハードウエアは価格競争で利幅が薄くなり、収益が米国勢に集中する可能性もある。
 アマゾンはエコーの日本発売に合わせ、AIエンジン「アレクサ」の機能の一部を外部企業に提供する。例えばヤフーと連携し情報サービスをスマートスピーカーから呼び出すといった新サービスを見込む。連携先にはNTTドコモやクックパッドなどもあり、AIスピーカーでも「アマゾン経済圏」を広げる。
日本経済新聞 電子版 2017年10月3日掲出)

 AIスピーカーの分野ではアマゾンが先行していた分、日本語化への開発は有利だったのでしょうか。それを巻き返そうといち早く打って出たグーグル。日本企業はAIのコアシステムはこの両雄に依存する腹積もりのように見受けられます。

 ただ、製品の中核となる技術を持たない企業や国は、技術的な発展が停滞して自立した開発ができなくなる恐れがあります。

 今回の日本企業の決定が、アマゾンやグーグルとの共存共栄となるのか、それともパーツサプライヤーとなってしまうのか、興味深いところです。(水)

--------------------
■関連リンク
「Alexa」と「Amazon Echo」が年内に日本に登場
(プレスリリース Amazon Newsroom )


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 日本代表に選ばれたスポーツ選手なら当然のこと、ましてやプロであればなおさらのこと--抜きん出た身体能力を武器に輝かしい戦績を積み重ね、どんな華麗なプレーだって選手ならできて当たり前と私たちはつい思ってしまいます。

 ところが次の手紙を読んだ時に、たとえ著名なプロ選手であっても、その身体能力に思い悩み、時にはコンプレックスに陥ることを筆者は初めて知りました。

『オシムさんへの手紙』

「決まったよ」
「え?マジっすか?」
僕は選ばれた。日本代表メンバー。
いきなり緊張が走った。
それまで、サッカーに全てを捧げてきた。
でも、若くして日の丸を背負う経験もないし、もともとJ2からのスタートだった。
「自分が選んできた道は、これでよかったのか?」
そう思うこともあった。
オシム監督に選んでもらえたことで、僕は自分を肯定することができた。
誰かに認められるということ。
それがいかに背中を押してもらえるか、身を持って知った。

・・・・
体が小さいので、そのハンデをどうするかを本気で考えた。
もし僕が体格に恵まれていたら、今の自分がないかもしれない。
自分がやれることを考える。
ポジショニング、トラップ、正確なパス回し、素早い動き。
豊富な運動量。
他のひとにできない自分だけの強みを探した。

・・・
なぜ、サッカーを続けてこられたのか。
それは意外に単純だ。
「楽しかったから。」

TOKYO FM - PRESS RELEASE 2015年12月15日掲出)

2017100600.jpg

 これはプロサッカー選手・中村憲剛さんが書いた『オシムさんへの手紙』の一節です。サッカーを続けてきたモチベーションが「楽しかったから」というひと言に、身体能力だけでサッカーを職業にした訳ではないことがしみじみと伝わってきました。
 そして、運動の苦手な筆者は救われたような気持ちと親近感をいだきました。こういう選手がいるチームは応援したくもなりますね。

 10月9日は「体育の日」(祝日)です。

 運動能力に優れた人もそうでない人も、散歩やスポーツを楽しめる喜びと、思い通りに体を動かせる幸せを味わいましょう。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 かつて日本では、田舎であぶれた労働力を都会で一手に引き受けようと、昭和30年代から「集団就職」が始まりました。
 地方で義務教育を終えた若者たちが、夜行列車で東京などの大都市へと送り出される光景は当たり前のことでした。中卒で働き始める15歳、16歳の彼らは「金の卵」ともてはやされたものでした。

 ところが今では、地方は都会のために子供を育てる場所なのか、という疑問の声が全国で上がり始めました。

2017100401.jpg

 進学や就職を機会に、若者たちがごっそりと都会に出て行く現実があります。有名大学や一流企業は都会に集中しており、やむを得ないことですが、こんなことがいったいいつまで続くのだろうか、と割り切れないものを地方の大人たちは感じています。

 お金も時間もかかる子育てや教育を地方に押し付けて、都会は労せずして若者から税収を得ている。子育てに貢献もしない都会は、ただのいいとこ取りではないのか。そんな指摘が当たっていなくもありません。

 また、都会と地方の経済格差やインフラ格差は、住みやすさや安全安心といった地方の良さもかすませてしまいます。

2017100402.jpg

 地方からの怨嗟の声が聞こえてくる昨今ですが、愛媛県はこの問題にマンガを使って問題提起を始めました。

若者の転出に漫画で対抗 愛媛県「ヒメのいるまち」HPで公開
 進学や就職で県外に転出する若者を少なくしようと愛媛県は、愛媛の暮らしやすさをPRする漫画「ヒメのいるまち」を制作し2日から、ホームページで公開する。
 漫画家を夢見る大学4年生、佐倉ヒメが主人公。自分の作品が新人漫画賞を受賞し、編集者から上京するよう誘われる。漫画家を目指すか、地元で堅実な就職をするか-決断を迫られた主人公は、人々との触れあいを通じて地元の自然や文化、暮らしを改めて考えていく-というストーリー。
 県内在住の漫画家、前山三都里さんが執筆。漫画は全8回で、来年1月下旬まで、月2回のペースで順次、公開する。
産経WEST 2017年10月2日掲出)

 地方自治体がてがけるマンガといえば、地方の歴史や偉人などを扱ったものが主流でした。

 愛媛県がこのマンガを通して、若者転出問題にどのような意見を提示するのか、筆者としても興味は尽きません。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 つい先日、ニュースでこう言っていました。

 「大変です!日本では忍者が不足しています」

 えっ、忍者はとっくの昔に絶滅したのでは、というあなたは「インバウンド需要」を理解していませんね。
 Ninja、ニンジャはいまや、インバウンド最大の恩恵を受ける職業なのです。

2017100201.jpg

忍者求ム!各地で深刻"忍者不足"のワケ
 国内だけでなく、海外でも人気の"忍者"が不足していてピンチとなっている。各地のテーマパークでは、忍者の争奪戦となっているという。そこには意外な理由があった。
日テレNEWS24 2017年8月14日掲出)

 訪日外国人にとって日本といえば、ニンジャの国です。日本の空港に降り立った外国人観光客はみな、こう思っています(いるはずです)。

「せっかく日本に来たから、本場のNinjaを見てみたい」

 筆者はわかります、その気持ち。
 アフリカに行けば、街中でもライオンやキリンが闊歩し、オーストラリアではコアラやカンガルーが出迎えてくれる・・・、そんなホスピタリティを旅行客はもとめているのです。

 日本でも同様に、この手の無理なオーダーを受けて、殺陣(たて)を取り入れた忍者ショーが大流行とか。
 こうしたニンジャ需要に対して、鎖ガマや手裏剣などの武器を扱える忍者役者はもちろん、斬られ役の殺陣ができるスタントマンが足りなくなってきています。

2017100202.jpg

 というのも、かつてはテレビで大人気だったチャンバラ番組、いわゆる「時代劇」はいまや風前の灯だからです。

 面倒な時代考証にはじまり、家屋などの大道具、現代には存在しない身の回り品の小道具、衣装やかつら、などなど。画面に映るすべてのものをその時代に合わせて揃えるには、大変なコストがかかります。

 また、台詞回しや所作などは演じる役者にも演出する制作者にも、相応の知識や経験が求められますが、映画やテレビから時代劇が消えた今となっては、そうした蓄積も一緒に消滅してしまいました。

 さらには、町なかはむろん、田舎の自然にさえ江戸時代の風景を求めることが難しくなっています。

2017100203.jpg

 日本人自身も「時代劇」を見たいと言う人は少なくなっている今、降って沸いたような「ニンジャ特需」。

 就活中の若者よ、いまがチャンス到来。思い切ってニンジャの扉を叩いてみませんか。からだひとつで世界に飛躍できるきっかけになりますよ。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育


サイト内検索
google

今月の新刊

人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
著者/鳥谷 朝代
定価/1400円+税

西郷隆盛その生涯
西郷隆盛その生涯
著者/不破 俊輔
定価/1500円+税

世界標準の仕事の教科書
世界標準の仕事の教科書
著者/福留 浩太郎
定価/1400円+税

CD BOOK 超英語思考リスニング
CD BOOK 超英語思考リスニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1650円+税