社長業!営々黙々とやっております
2019年04月18日
スーツの似合わない出版社へ。

就活生のリクルートスーツが疑問視されますが、ビジネスシーンの服装も変わっていいと思います。会合に行けば皆さんスーツです。もちろん私もばっちり!スーツを着込んでいます。ここでアロハシャツを着て行こうものなら完全に変人扱いされます(相談役は夏はアロハシャツでもいいのでは?と言い。私は「いいですね、それっ!」というノリなのですが)。

出版はコンテンツビジネスです。4月1週目に開催されたコンテンツEXPO2019ではIT系、クリエイターなど多くのコンテンツホルダーが出展していました。この4日間ほぼフルに会場に張り付いてセミナーを8つ受講するなどコンテンツの事を、それ自体の持つ雰囲気というものを学びました。

以前から「スーツ」姿に疑問を持ちつつあった自分。毎日着ていく服を数種類から選べば済む魔法の服でたいへん便利ではあるのですが・・・。コンテンツEXPOでは正装スーツを着ている人がほとんどいませんでした。「この差はいったいなんだ?」と思うのでした。

スーツを着た瞬間に仕事モードになるということもあるでしょう。ビジネスマンの戦闘服なのでそれはいいのですが、槍から大砲に戦い方が変わってきているのにいつまでも重たい鎧で戦うような感覚を受けました。

ということで正装スーツではなく、もうすこしカジュアルに!を意識していくことにします。ここに書いたということは!まずは私が率先してやっていかねばならないということです(自分がやりたいだけとも、ニヤリ!)。

enjin_business.png

コメントを書く
お名前
URL
コメント

TOP