社長業!営々黙々とやっております
2019年05月23日
諸事雑感

なんと!更新がひと月も空いてしまった!!
セミナーやらなんやらで忙しい5月を過ごしていました。と、なんともおざなりな言い訳で恐縮です。
そのお詫びといってはなんですが、この日記の終わりに付けた動画リンクをご覧になって感動の涙を流してください。

■はじめて歌舞伎を観ました。
 人間国宝の演じるその舞台に皆が感動しました。公演後、たいへん忙しいスケジュールにもかかわらず私共の塾長と対談をしてくださいました。そのお話の中にありました、「役者の目の奥にある景色」について簡単に紹介します。男の訪れを待ち続けた女。同じように雪の降る中を傘をさして歩いていく。しんしんと降る雪の中で過去の思い出に引き込まれていく・・・。
 観ているこちらも傘の動きなどからその場面を想像していきます。この時の役者さん目の中にはある景色があるそうです。それがどんな感じなのかをお客様に感じてもらうそうです。その時の雪景色、雪はどんな感じなのか?自然界で同じ雪が降らないのと同様で、景色も違ってくるそうです。立ち居振る舞いすべてにおいて本物は違う!と感じました。

■出版社に企画書を送る方々へ
 出版企画書を送っていただけることは当社を指名してくれているようで非常に嬉しく思います。実際には他社さんにも送っていると思いますので感じている事をひとつだけここに書きます。企画書を見て気がつくことは皆さんほぼ同じ形式の送り状と企画書になっていることです。まるで社内の定型企画書フォーマットに打ち込んでいるかのような感じです。
 同じ形式で送られてくることでのメリットもありますが、せっかくの企画書が読まれていないのではないかと心配になったりもします。出版社は著者の独自性、個性を求めております。つまりどこかで見たような形式の企画書は潜在的に「見慣れた感」が刷り込まれてしまい、編集者の気持ちが入っていかないように思います。同じ項目のままでもレイアウトなど「魅せ方」を変えてみると企画書が通りやすくなるのではないかと思います。ご参考になれば幸いです。

2019.5.22tv_business_kikakusyo.png

■JR九州の新幹線CMがすごい件
 2011年に全線開通した九州新幹線。その当時のCMが何度でも泣ける!とJR九州の唐池会長が日本出版販売様主催の講演の中でご紹介になっていました。たしかにウルっと来ましたが会場は周りの目がありその場はなんとか堪えました。Youtubeに動画があるとのことで家に帰ってからも改めて観てみます。な、泣けます!なんでしょうこの力は。普段は他人同士の日本人。つまり日々において日本人という同胞の意識はしないままで暮らしているわけですが、この一つにまとまった時の映像からは「九州スゴイ!日本人サイコー!!」という感動が伝わってきます。CMのコピーにもあるように「ひとつにまとまった九州」の力と感動が伝わってくる感じです。3分動画と25分動画があります。どちらも感動します。思いっきり泣いてくださいっ!!!  https://www.youtube.com/watch?v=UNbJzCFgjnU


コメントを書く
お名前
URL
コメント

TOP