社長業!営々黙々とやっております
2019年06月06日
諸事雑感

■トイレ掃除のプロ!
 毎週火曜日は社内全員で掃除をします。トイレの手洗い場で雑巾を洗っていると、トイレを素手で洗っている社員さんの姿が。そう、以前私が通った塾では素手でトイレを洗うことの大切さを学びました。おおっ同士よ!と思わず声を掛けます。すると便座まで外し、そして、そして、なんと素手で汚い部分を拭き上げるではありませんか!こんな人が社内にいてくれたんだ!と驚きでした。20年前に修行でお世話になった店舗のトイレ掃除で、私はあまりに気合を入れて掃除したため、掃除の後は誰にも使われたくないなーと思ったりしたものでした。「そこまで掃除をしてくれてありがとう!」な朝なのでした。

■牛丼騒動
 日曜日のお昼時のこと。私は事前に「お腹は減ってない(実は食べる気はあった)」宣言をしてはいたが、車中待機の私を余所に息子と牛丼屋へ行った妻と口論に。なんとくだらない事とお互いに思ってはいるものの結構な頻度でこんなことが起こります。その時はトレンディドラマばりの「もう私たちおしまいね」という感じのセリフを投げ合うことに。しかも牛丼でです。
 そして・・・夜。牛丼をほおばっているとは知らずに待っていた私がドトールで買っていたケーキを普通に食べて「こっちも美味しいよ」ってお互いに話をしているから不思議です。
 この「不思議」が17年も続く所以。ではこの「不思議」はどうやって作られているのか?まったくの謎です。ゆえに相性というのでしょうか。つまり相性とは陰と陽の両方が表面化できる同士ということになりますかね。夫婦って変なもの、面白いもの。解明できない謎が多いです。いや、
解明してはいけないものとも・・・。

2019.6.6food_gyudon.png





■ライトウェイト時代
 20年以上前の私の書店修業時代のことです。車好きな店長に誘われて走り屋のいる峠へ行きました。そこで見た光景にビックリ仰天します。軽自動車のミラターボ、否、わずか50㏄のミニバイクが大排気量の車たちを追い回しているのでした。憧れのスポーツカーたちが簡単に追い回されているのです。もちろん「下り」という圧倒的にライトウェイトに有利な条件下での勝負ではありますが。走り、曲がり、そして止まるがライトウェイトゆえに自由自在なのです。この「ライトウェイト」であることは車だけでなく今後の日本経済において世の中の流れにおいても重要な気がしております。
2019.6.6car_keijidousya.png

コメントを書く
お名前
URL
コメント

TOP