書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

自分の思考がダメ社員の思考が多かった。 読んで変えていこうと思えた。
2018:09:04:08:57:03 2018.09.04更新
とても内容が分かり易く、数学的背景についても記されている為、教えるという視点からも理解が深まる1冊と
2018:09:04:08:41:43 2018.09.04更新











明日香出版社について
TOP >>
 「できる!」ビジネスマンの雑学 >>
 2018年03月
「できる!」ビジネスマンの雑学
2018年03月



 今年のサクラは開花から満開になるのがとても早く、あわただしい花見シーズンとなりました。

 例年ですと、新入社員の初仕事に花見席の場所取りがありますが、今年は新年度が始まる4月まで、桜の花は持ちそうにありません。

IMG_0936.JPG

 毎年、いつ咲くのか、誰もが気象庁の開花宣言を心待ちにしていますが、こうした恒例行事はいずれ見られなくなると予測する企業があります。

 民間の気象情報会社、ウェザーニュースは毎年、日本各地の桜開花予想を行っており、好評を博しています。

「さくらCh.」
http://weathernews.jp/s/sakura/?fm=pc

 同時に、ウェザーニュースでは今後100年間の開花予想も行っており、その内容は衝撃的です。

地球温暖化でソメイヨシノの開花が遅れ、咲かなくなる地域が出てくる!?
 「種子島や鹿児島の西部では全く開花せず、九州南部、四国南西部、長崎県や静岡県の一部は開花しても満開にならないというシミュレーション結果でした」(福岡市科学館館長の伊藤久徳さん:談)
ウェザーニュース 2018年3月22日掲出)


 このニュースによると、サクラは冬の低温にさらされることで「休眠打破」が起き、花芽が発生し開花するそうです。

 確かに冬の寒さの中で、サクラの枝先には小さな膨らみがいくつもついています。花芽とはあれのことですね。

 もし冬がなくなると、花芽の生長が遅れたりまったくつかないことになり、開花が遅れたり満開まで咲かずに終わることになります。

 厳しい冬より過ごしやすい暖冬は私たちにはうれしくはありますが、植物にとって大問題のようです。

「Sakura Simulator 2009-2110」
http://weathernews.jp/sakura/simulator/#
(※Adobe Flash player が必要)

 このまま地球の温暖化が進行すると、いずれ日本ではサクラを見られなくなる地域も出てくるそうです。

 サクラは海外からの旅行者を引きつける、最大の観光資源になりつつあります。日本の春を象徴する大切な花であるサクラ。何としても守って次世代に引き継いでいきたいですね。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 二年後に迫った東京オリンピックですが、この冬の平昌オリンピック・パラリンピックが終わったばかりで、まだ実感がわくほどではありません。

 そんな中、東京都の定例会見で小池都知事がある呼びかけを行いました。

小池都知事が定例会見3月23日(全文1) 古い携帯電話を集めて五輪メダルに
小池(VTR):ご自宅で眠っている古い携帯電話であるとか、パソコンなど、中には金、銀、銅、いっぱい詰まっているんですね。でも、5000個作んなくちゃいけないんですよ、金、銀、銅のメダルを。というので、まだ道半ばでございます。もう一度あらためて、ご自宅に、古い、この携帯電話、それから小型家電、転がっていないか、あらためて見てください。
THE PAGE/東京 「小池都知事・定例会見3月23日」2018年3月24日掲出)

 かつて一世を風靡した携帯電話、古くなったパソコンから、オリンピックメダルを作ろうという試み、実はこの呼びかけは昨年から始まっていました。

皆の手で五輪メダル作ろう 北島さん携帯回収呼び掛け
 2020年東京五輪・パラリンピックのメダルに、不要になった携帯電話などの「都市鉱山」を活用する取り組みを盛り上げるため、東京都が21日、都庁内でイベントを開いた。競泳男子平泳ぎで04年アテネ、08年北京両五輪2冠の北島康介さんが登場し「皆さんの手でメダルを作ってもらえたら」と呼び掛けた。
産経フォト 2017年11月21日掲出)

2018032801.jpg

 5000個ものメダルを、しかも価値の高い金、銀を、廃品から取り出せるのでしょうか。誰しもそんな素朴な疑問がわき起こることでしょう。

 ところがこの取り組みは、けっして夢物語ではないのです。過去の当コラムでも、日本に眠る貴金属の鉱脈、「都市鉱山」について取り上げています。

[402]日本にあった!レアメタルの一大鉱脈
 日本はすでに「世界有数の資源大国」になっています。
 「都市鉱山」(URBAN MINE) という言葉をご存知でしょうか。
 産業廃棄物となった携帯電話やコンピュータ、家電製品などから、金やレアメタルを回収する技術が進み、一説によると「日本の都市鉱山には、6,800トンの金、60,000トンの銀など、世界の埋蔵量の一割を超える金属が眠っている」
(「わが国の都市鉱山は世界有数の資源国に匹敵」/独立行政法人 物質・材料研究機構 より)
「できる!」ビジネスマンの雑学 2017年06月05日)

 都市鉱山からメダル5000個分を取り出すのは、金や銀の延べ板や各種金属をインゴットで手配するのに比べて、コスト的にどのくらい安くなるのでしょうか。いえ、ひょっとすると割高かもしれません。

 しかし、日本の資源からメダルが作られることの意義を考えると、やってみる価値はあるかもしれません。
 いえ、こうしたビッグイベントを契機に、都市鉱山の開発がスタートするならば、まさに一石二鳥ではないでしょうか。

 東京オリンピック・パラリンピックで実現が見込まれているものに、公共交通の自動運転、AIの活用、リアルタイムの自動通訳、ネットテレビや4Kテレビの普及など、さまざまな最新技術があります。

 それに比べると携帯電話やパソコンの廃品からメダルを作ることは、決して華やかではありませんが、これこそがどこの国もできなかった究極のリサイクルかもしれませんね。(水)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
都市鉱山からつくる!「みんなのメダルプロジェクト」
http://www.toshi-kouzan.jp/

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 いま全国各地で郷土の偉人、伝説の人物を守れ、との声があがっています。

 ご存じでしょうか。高校日本史の教科書から武田信玄、上杉謙信、坂本龍馬、吉田松陰など名だたる偉人達の名前が消え去ろうとしていることを。

山梨県の威信かけ高校教科書の用語削減案に「信玄の名消すな」の大合唱
 「武田信玄の名を歴史教科書から消すな」「山梨が山梨でなくなる」。高校歴史教科書の歴史用語の半減案で、甲斐(山梨県)の戦国武将「武田信玄」らの削除が提案されたことに、山梨県内では不満が爆発している。NPO法人が約2500人分の反対署名を集めたほか、3月7日には後藤斎知事が文部科学省を訪れ、月末改訂の学習指導要領に「歴史用語の削減規定を設けないよう」直訴した。武田信玄は"歴史上"に名を残すことができるのか-。
産経ニュース 2018年3月23日掲出)


2018032601.jpg
※武田信玄と上杉謙信 川中島の合戦図
(「大日本歴史錦繪・西條山引坂之圖」・国立国会図書館デジタルコレクションより)

 かつては日本円の象徴であった聖徳太子(厩戸王)、皇居前広場の銅像で知られる楠木正成も小中学校の歴史教科書から消えた、もしくは消える運命と筆者は聞いています。

 筆者は高校一年生の時に、歴史のなかの疑問は教科書では解決しないことを学んだために、あまりこの問題は重要視してはいません。

[017]中東の混乱を語る前に知っておきたい隠ぺいされた西欧史
 「ベン・ハーは奴隷から兵士になったり政治家になったりしますが、身分がこんなにかわることって当時はできたのですか」
 (世界史の)碇先生は困った顔のまま返事はしてくれなかった。
(「できる!」ビジネスマンの雑学 2015年03月23日掲出)

 ただし、郷土の誇りであり精神的なささえとなる地元の偉人が、教科書から消えると大きなダメージになる人も多いことでしょう。

 信玄餅や信玄の隠し湯などの信憑性は失われ、松下村塾の青年達は存在せず、土佐では唯一知られた偉人がいなくなってしまいます。

 歴史教科書の見直しを進める「高大連携歴史教育研究会」では、この混乱の発端は過剰なマスコミ報道にあるとして次のような発表をしています。

皆さまへのお願い
11月14日の朝日に「坂本龍馬などの有名な人名が教科書から消える?」といった刺激的な報道がされましたので、翌日にはTV朝日の朝の番組でも報道されるなど異例の反響を生んでいます。高大研の用語精選第一次案で約2000語に精選したのは、大学入試で出題される「基礎用語」で、他の用語を「発展用語」として掲載することを否定するものではありません。
高大連携歴史教育研究会 2017年11月16日発表)

 暗記の歴史学習から、考える歴史に。この言葉をモットーに歴史用語を少なくするのが目標だそうです。

 しかし、西洋史観だけの世界史ではヨーロッパに都合が良いだけですし、明治維新前後の登場人物を削ってしまっては、なぜ幕末があんなに揺れ動いたのかわかるはずがありません。

 歴史を考える科目に変えるなら、異論・異説をもっと収録するべきでしょう。ただ用語を削るだけでは、「考える楽しみを味わえる科目」(高大連携歴史教育研究会)への道は遠ざかるばかりではないでしょうか。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 ことし春先、東京・神保町界隈に衝撃のニュースが流れました。

 古書の街、神保町ではおなじみの「いもや」さんが3月末を持って閉店となります。

神保町で愛され続けて60年――
天丼『いもや』の閉店に隠された"人情経営"の限界
「いもやが閉店になるって」
 2月下旬、神田・神保町にある天丼とトンカツの老舗専門店『いもや』が閉店するとの情報がツイッターに流れ、話題になった。『いもや』といえば1959年の創業以来、この地で半世紀以上営業しつづける神保町の"レジェンド"。記者も月イチで通う常連のひとりだ。
週プレNEWS 2018年3月20日掲出)


2018032301.jpg
※週プレNEWS 公式サイトより引用

 白地に黒々といもやと染め抜かれた、清々しくさっぱりとした暖簾を記憶している方も多いことでしょう。

 「いもや」は天丼や天ぷら定食、とんかつ定食を安価に提供することで、学生や若いサラリーマンにはありがたい存在でした。

 香ばしいごま油のにおいと熱々のしじみ汁は、このお店のトレードマークでした。

 筆者は天ぷらの追加オーダーが楽しみで、古書店巡りの後には時折訪れていました。天ネタを持つ店主の指先が熱い油の中にしっかりとつかるのを見て、さすが職人技と驚いた記憶があります。

 神保町にはいくつもの「いもや」がありますが、今回の閉店は本家直営の神保町二丁目の二店舗とのこと。
 のれん分けしたお店はこれからも続くとのことですが、いずれの店舗も経営者の高齢化のため、いつまで続けられるのか不安の声も聞かれます。

 戦後、復興期の昭和に確立した定食屋のスタイルが、がらがらと崩れ去っていることに改めて気付かされるニュースでした。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 人の声に反応するスピーカーは、日本ではAIスピーカー海外ではスマートスピーカーと呼ばれて、いま急速に普及が進んでいます。

 スマートフォンの次にくるITツールの本命とも言われる存在ですが、ある不具合に利用者が驚かされる現象が頻発しています。

 通販大手のアマゾンが販売する「Amazon Echo」が、突然笑い出すという現象です。

Alexaの突然の高笑い、Amazonは「修正中」
 米Amazon.comのスマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズが突然笑い声を上げると米国で話題になっている。2月にユーザーがその声をTwitterで投稿したのをはじめとして、多数のユーザーがTwitterやredditで報告している。
 これらの報告で共通するのは、Alexaを呼び出していないのに勝手に"笑う"という点だ。
ITmedia News 佐藤由紀子 2018年03月08日)


2018032201.jpg
※ITmedia News より

 意地の悪い人からは、アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏が、ことしビル・ゲイツ氏を抜いて、世界一の富豪となった(1120億ドル、約11兆9千億円)ために笑いが止まらないのだろう、との噂も出ています。

長者番付 アマゾン創業者、初の首位
 【ニューヨーク=清水石珠実】米誌フォーブスが6日発表した2018年版の世界長者番付によると、米アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス氏が初の首位についた。
日本経済新聞 2018年3月7日掲出)

 ただ、Alexaの名誉のために、もうひとつ話題を提供しましょう。

 渋谷のとある居酒屋では、Alexaが注文を受け付けるサービスを始めました。

Alexa居酒屋、実証実験開始 音声で注文受付 「以上で」で確定
 飲食店を運営するロイヤルダイニングとアプリ開発を行うヘッドウォータースは3月19日、居酒屋にスマートスピーカー(Amazon Echo Dot)を設置し、音声でメニューの注文を行う実証実験を開始した。場所は東京都渋谷区にある「天空の月 渋谷」。「Alexaオーダー席」を予約すると体験できる。
ITmedia News 太田智美 2018年3月19日掲出)

 オーダーの途中でキャンセルしたり変更も受け付けてくれるそうです。しかも、頼めば店員さんまで呼んでくれます。

"Alexaが「店員さぁーん、店員さぁぁーん!」と頑張って店員さんを呼んでくれる"
(引用元 前出)

そうです。

 なんだかその居酒屋に行ってみたくなりました。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 先日、アメリカでできたばかりの歩道橋が崩落し、信号待ちをしていた多数の乗用車が押しつぶされる痛ましい事故が発生しました。

 事故の原因はこれから検証が進むでしょうが、先進国でもこのような惨事が起きたことに驚きを覚えました。

 落ちない橋を作ることはできないのでしょうか。残念ながら、人が手がける建築物は、いずれはさび付き、朽ちて失われるもの。たとえどんなに頑丈に造ったとしても。それは曲げられない常識として、現代人なら誰もが受け入れているところです。

 では、人の手でつくられていない建造物はどうでしょう。

 いえ、人が設計も建設もしない建造物などは考えられません。科学文明が発達した世の中、そんな常識外れの話は通用しないでしょう。

 ところが、世の中には人の手がかかっていない建造物の橋が存在するのです。しかも人に利用されながら、成長を続ける橋が。

 その場所は、インドは北東部の山深い村。雨の多い渓谷部に位置するこの地方では、驚くことに川を渡す橋は「生きていて成長をつづけている」のです。

木の根っこでつくられた「生きている橋」
インドの「神の庭」
 近代的な建築資材が利用できるようになるずっと前から、カシ族は荒れ狂う川を超えて点在する村々をつなぐ巧みな方法を生み出していた。インドゴムノキの根を用いた「生きている橋」だ。
 確かな支えとなるように、木は両岸に植えられる。そして、15年から30年ほどをかけて、竹製の仮の足場に沿ってその根を這わせ、橋をかける。やがて湿度と歩行により土が踏み固められ、根は絡まり合って太く、強くなる。完成した橋は、川や谷の5メートルから75メートル上にかかり、かなりの重さにも耐えられる。一度に最大35人が渡れるほどだ。
Yahoo!ニュース 2018年3月15日掲出)

2018031901.jpg
※Yahoo!ニュースより引用

 生きた木が絡まり合ってできた橋。それをわたる子どもたちは、まるでファンタジー映画のセットの中かと思わせる幻想的な景色です。

 本当にこんな世界があるのかと、一瞬目を疑いますね。
 
 この「生きた橋」は、人が渡れるように生長するまでに15年から30年という、長い待ち時間が必要なのです。

 それでも、ひとたび完成すれば、急な濁流や暴風雨にも耐える強さを持つそうです。

 科学技術の限界をやすやすと超える知恵と木の生長を待ち続ける忍耐力。今の私たちには失われたものばかりです。

 現代人の私たちがどっぷりとつかる文明社会の便利さと危うさについて、考えさせられました。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 筆者が地方都市を訪れたとき、その街に来たと実感する瞬間があります。

 その土地の名物を食したときでしょうか。いえ、違います。

 正解はその地にあるお城に登ったときです。たとえば、長野県では松本城、静岡県は浜松城、九州では熊本城(ただいま修理中)など。主要な都市には高い頻度でお城が残されていたり、再建されています。

 特に天守閣があれば最高です。街を一望することで歴史をじかに感じることができるからです。

 つい最近の2015年に、とあるお城が65年ぶりに国宝に再指定されました。島根県松江市にある松江城です。
 かつては国宝に指定されていたのですが、戦後は一転、建築された時代が不明とのことで重要文化財に格下げされたのでした。


2018031601.jpg
※現在の松江城(Google Mapより)

 では、どうやって国宝に戻ることができたのか。そこには奇跡のような話があったのです。

松江城"執念"の軌跡 国宝再指定を決めた「祈祷札」の発見
"格下げ"から65年、ついに悲願達成
 松江城は昭和10年、国宝保存法により国宝に指定された。しかし、戦後の同25年の文化財保護法施行で国宝指定の基準が変わり、判然としない歴史的事実が多いなどとして松江城は重要文化財にとどまった。
(中略)
 市史料編纂室の職員が、松江城近くの松江神社で調査していたところ、「慶長十六」などと墨書きされた2枚の棟札を発見した。
産経WEST 2015年6月17日掲出)

 建築した年代、慶長16年(1611)が記された御札が出てきたのですが、そこには肝心の松江城の文字がなかったのです。これでは証拠とはなりえません。

 (札のあった場所を見つけるため)実際に城の柱一本一本に当てはめる作業が必要になる。気が遠くなるようだった」
 地階で目についた1本目の天守の柱に祈祷札を合わせてみると、ピタリとはまった。続いて、ちょうど向かい側に位置する同じ規模くらいの柱で、2枚目の札が一致することが確認された。
(中略)
 この結果、松江城天守が完成したのは「慶長16年」と確定し、同時に文化庁が求める新知見の発見という条件もクリア。市民らの悲願だった国宝指定への道が開けた
(引用元 同上)

 釘穴の一致に命運をかけた、パズルのような奇跡は感動的ですが、肝心の御札を残してあった神社も偉かったですね。(水)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
松江城天守が国宝に指定されるまでの歩みと今後の活用
(「文化遺産の世界」公式サイトより)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 3月はお花見の季節ですね。いまからサクラが咲く日を心待ちにしている方も多いことでしょう。

 サクラは日本では誰もがよく知っていて、研究され尽くした植物と思われていましたが、このたびサクラの新種が国内で見つかりました。しかも、百年ぶりに。

約100年ぶりサクラ新種 紀伊半島南部で群生
 紀伊半島南部に群生しているサクラが、国内の野生種として約100年ぶりの新種と判明したと、森林総合研究所(茨城県つくば市)が13日、明らかにした。
 三重県熊野市、奈良県十津川村、和歌山県田辺市など、熊野川流域を中心に南北約90キロ、東西約60キロの範囲で確認された。鮮やかなピンク色の美しい花が特徴で、森林総研の勝木俊雄サクラ保全担当チーム長が熊野地方にちなみ「クマノザクラ」と命名した。
(中略)
 住民は4月上旬に咲き始めるヤマザクラより早いため、「早咲きのヤマザクラ」などと認識していた。勝木さんは「人に身近な所で咲いていたのに新種と分からなかったのは驚き」と振り返る。
日本経済新聞 2018年3月13日掲出)

 地元の方々には、ちょっと早咲きのヤマザクラだな、と思われていたのに、実は新種だったとは驚きですね。

 この新種を発見したのは、「国立研究開発法人 森林研究・整備機構」です。

2018031401.jpg
※国立研究開発法人 森林研究・整備機構 公式サイトより引用

 ふだんからなにげなく見ている風景にも、新たな発見があるとは、本当にすばらしいですね。日本の、そしてサクラの多様性に乾杯!(水)


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
国立研究開発法人 森林研究・整備機構
https://www.ffpri.affrc.go.jp/index.html

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 鉄道に詳しい方、いわゆる「鉄っちゃん・鉄子」と呼ばれる方はすでに承知のことと思いますが、この春、3月末を持って三江線は廃線となります。

 三江線とは島根県江津市(ごうつし)と広島県三次市(みよしし)の間、全長108km、35駅を結ぶローカル線です。

 なぜ廃線となるのか。それは何と言っても、利用客が少ないからです。30年前でも一日の利用客は450人ほど。2016年はさらに少なくわずか83人でした。(Wikipediaより)

 筆者は数年前からこの路線が廃線になるとの噂を耳にしており、とても心配していましたが、ついにこの日がやってきました。

 では、地元の方々は何もしていなかったかというと、そうではありません。とても美しい三江線紹介ビデオを作ったり、公式サイトを立ち上げたり、フォトコンテストを実施したり、ラッピング車両を走らせたり、とさまざまなイベントが実施されてきました。

 ぶらり三江線WEB(動画もあります)
 http://sankousen.com/

2018031201.jpg
※ぶらり三江線WEBより

 江の川沿いに走る列車からの眺めは、いつまでも見ていたい、残しておきたい。そう思えるのどかで風光明媚な景色が車窓にひろがります。

 三江線に乗車できるのはあと半月余りしか残されていません。

 広島までは新幹線が便利ですが、格安のLCCや青春18切符で行くという手もあります。春真っ盛りのいま、最後の乗り納めに、広島へ、島根へ、出かけてみませんか。(水)

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 アフリカ、ガーナ共和国、クマシ市は首都アクラに次ぐ人口200万人の大都市です。そのクマシにある平均的な中学校の授業風景がSNSで紹介されました。
 2018年2月の撮影ですから、つい先月のこと。

2018030901.jpg
※SNS画面より

 おわかりでしょうか。青年教師が一生懸命にWordの授業をしているのです。ただ少しだけ変わったところがあります。

 先生は「Wordの画面を板書」しているのです。

2018030903.jpg
※SNS画面より

 それを黙々と書き写す中学生達。机には教科書も見当たりません。薄暗い教室の様子からどうやら照明もなく、電気も通じていないようです。

2018030904.jpg
※SNS画面より

学校にパソコンがないので黒板にWordを描く ガーナの先生に注目集まる
 パソコンのないガーナの学校で、黒板に「Microsoft Word」の画面を描いて子どもたちに教える先生のSNS投稿が注目を集めています。
 投稿したのはガーナのクマシの学校で教えているOwura Kwadwo Hottishさん。「ガーナの学校でのICT(情報通信技術)教育はとてもおかしい。黒板でICTで教える。生徒が大好きだから、理解させられることをやらなければ」というコメントともに、黒板にチョークでWordの画面を描いている写真を投稿しています。黒板に描かれたWordはさまざまな色のチョークを使い、メニューやボタンなども再現され、「タイトルバー」「メニューバー」などの説明が書き添えられています。
ねとらぼ 2018年3月4日掲出)

 パソコンがなければICT教育はできない。教科書もない。そもそも電気が通じていなければ、パソコンがあっても使えない。

 ないないづくしの学校でICT教育を命じられたOwura Kwadwo Hottishさん。彼に与えられたのはチョークと使い古した黒板のみでした。

 この授業風景は驚くにはあたらず、アフリカではよくあることなのだそうです。

 電気がないからパソコンが届かないのか、パソコンがないから電気が届かないのか。たぶん、両方ともがどちらも届かない原因でしょう。

 では、いつまで待てば、この教室に届くのでしょうか。

 これがアフリカのICT教育、コンピューター教育です。

 筆者の小学生時代、毎年受け取る音楽の教科書は、裏表紙に鍵盤が印刷してありました。あれは何だったんでしょう。

 低学年の頃は楽しく指をあてていました。さすがに高学年ともなると、いつまでもだまされません。本物のオルガンがひとり一台与えられました。

 ですから、紙の鍵盤を見ると、
「子どもだと思って紙で済まそうなんて、ふざけんなー」と、

毒づいていました。

 アフリカは遅れていると、言われることがあります。

 いいえ、好きで遅れているのではありません。教育の元となる環境が整わないから、先進国の人以上に努力していても、成果が上がらないだけなのです。

 いつまで待っても紙の鍵盤のままでは学ぶ意欲も薄れていきます。

 同じように、届かないパソコンを待ちくたびれたアフリカの子ども達は、体験のチャンスもなく、やる気を失ったまま卒業していくのです。

 一枚の写真が教えてくれる、これがアフリカの現実です。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 年度の変わり目は、人事異動の季節でもあります。この季節、海外から戻ってくる方もいれば、これから海外へ赴任、長期出張という方もいらっしゃるでしょう。
 海外で仕事をするだけでも大変ですが、風土、習慣、気候が異なり、体調管理はおろそかにはできません。

 それにも増して求められるのが、わが身の安全です。外務省では昨年、画期的な安全対策マニュアルを作成しました。

 主人公はあの著名なデューク東郷、またの名を「ゴルゴ13」

ゴルゴ13が指南...海外安全対策マニュアル 外務省が10万部を全国で無料配布
 外務省は30日から、漫画「ゴルゴ13」の主人公、デューク東郷が海外展開する日本の中小企業向けに安全対策の重要性を説く解説付きの漫画10万部を全国で無料で配布する。
 外務省のホームページに3月から掲載され、80万件以上のアクセスがあった「海外安全対策マニュアル」を冊子化したもので、全国の中小企業団体中央会などを通じて、企業に届ける。
産経ニュース 2017年6月29日掲出)

2018030701.jpg
※「海外安全対策マニュアル」(外務省公式サイトより)

 このマニュアルは、大変な人気を集め、この春からは動画での紹介も始まりました。

「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」
【あらすじ】
この数年,テロが中東や北アフリカのみならず,欧米やアジアに拡散し,今や在外邦人もテロの標的になっている。 このような状況下,外務大臣は在外邦人の安全対策のためにデューク東郷(ゴルゴ13)に協力を要請。 ゴルゴは大臣の命を受け,世界各国の在外邦人に対して,「最低限必要な安全対策」を指南するための任務を開始した・・・。
外務省 海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html

 命の危険がまさか自分の身にふりかかるとは・・・。だれしもそう思いたくはないものですが、日頃から準備をしているケースと無防備なケースでは危機回避能力もおのずと違ってくるようです。

 自分だけは大丈夫

 そんな甘い考えは捨てて、外務省の力作、「海外安全対策マニュアル」をぜひ一度ご覧ください。(水)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
「外務省 海外安全ホームページ」
http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

「たびレジ(外務省ホームページ)」の登録はこちら
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 テントウムシはアブラムシなどの害虫を食べることで、農家のみなさんから大切にされています。

 しかし、唯一の難点は、食べて欲しいところにとどまってくれないこと。いつもせかせかと早足で歩き回り、枝葉を伝っててっぺんにたどり着くとあっという間に飛び去ってしまいます。たとえ近くにアブラムシがいたとしても。どうやらそういう習性のようです。

 羽根がある昆虫なので仕方がないのですが、その勝手気ままな習性もあって、これまでアブラムシ駆除の決め手とはなりえませんでした。

 ところが、千葉県の高校生たちの画期的ひらめきでこの問題が解決することになりました。

飛ばないテントウムシは害虫退治の助っ人だ
施設園芸向け 県立農業大学校が商品化
 テントウムシが農作物の害虫退治で助っ人に-。県立農業大学校(東金市)は、アブラムシの駆除を目的に県内で採集、飛べなくしたナミテントウの販売を来年一月から始める。四年前に高校生が開発した技術を商品化したもので、農薬使用の低減が期待される。(村上豊)
 ナミテントウは、農作物に被害をもたらす病害虫のアブラムシの天敵。熱で溶かした樹脂で背中を固定し、羽を広げられなくした。放し飼いにしても農場から飛び去らず、アブラムシを食べる。成田西陵高校の生徒が二〇一三年に開発。一四年に特許を出願していた。
(中略)
 平面で転倒すると羽を広げて起き上がれないので、つかまるためのワラを地面に敷く必要がある。
 問い合わせは農業大学校病害虫専攻教室=電0475(52)5121=へ。
東京新聞・TOKYO Web 2017年12月29日掲出)

2018030501.jpg
※庭のカモミールで羽化したばかりのテントウムシ(筆者撮影)

 これとは別に、遺伝的にテントウムシの飛翔能力を弱める研究も進んでいますが、導入の手軽さでは羽をくっつけるこの方式がすぐれているようです。

 しかも、テントウムシが'転倒'したときの対策まで考えているとは、シャレがきいてますね。(水)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
【お知らせ】
2018年01月31日にご紹介した「アラビアの道」が会期延長します。
[499]「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」、東京国立博物館
http://www.asuka-g.co.jp/column/1801/008911.html

入場者が10万人を突破!春に向けてさらに盛り上がる!
~日本とサウジアラビア王国の友好の懸け橋へ~
「アラビアの道」5月13日までの会期延長が決定!!

<「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」開催概要>
会期:2018年1月23日(火)~ 5月13日(日)
休館日:毎週月曜日
※ただし、3月26日(月)、4月2日(月)、4月30日(月・休)は開館。
会場:東京国立博物館 表慶館(東京・上野公園)

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 東京都では防災についての意識を高めるため、女性視点から作成した防災ブック「東京くらし防災」の配布を始めました。

 発行部数は、初版が100万部。都内のスーパーや百貨店、公共施設などで無料配布されています。配布は3月1日から始まっており、筆者は郵便局のATMコーナーで入手できました。

 女性視点から見た防災ということで、食器の重ね方や家具転倒防止のこつ、赤ちゃんへの授乳、子ども達への気配りの方法など、細かな点まで気を配った内容になっています。

 男性目線だけでは解決しない日常のこまごまとした改善点、日頃から気をつけておくポイントなど、新たな発見がいっぱいつまった防災ブックといえるでしょう。

2018030201.jpg
※「東京くらし防災」表紙

「東京くらし防災」←こちらで中を閲覧できます。
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/1005427/index.html

 配布場所はこちらのサイトから確認することができます。

「東京くらし防災」設置場所 (平成30年2月28日現在)
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/1005427/1005661/index.html

2015年に配布された「東京防災」から3年。防災意識は都民に浸透してきているでしょうか。

[179]売れてます、『東京防災』。一般販売で大人気
http://www.asuka-g.co.jp/column/1511/007619.html

 災害はないに越したことはないのですが、この十年余りを振り返っただけでも、それがかなわぬ願いということは明らかです。

 火山噴火や大地震の予知・予報は、最新の科学技術をもってしても難しいことがわかってきました。災害はある日、突然、唐突にやってきます。

 そのときただ慌てふためいていては、被害を大きくするばかりです。日頃の準備と正しい対応があれば、最初のダメージをできる限り少なくすることもできます。

 わたしの「いつも」が、いのちを救う。

 自然災害を起こさないことはできないが、その被害を小さくすることはできる。

2018030202.jpg
※「東京くらし防災」中面

 それが今のわたしたちにできることではないでしょうか。「東京くらし防災」はそのことをわたしたちに訴えかけています。(水)


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
「東京都防災ホームページ」(東京都)
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/index.html


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育


サイト内検索
google

今月の新刊

絶対に身につけたい 本物の接客
絶対に身につけたい 本物の接客
著者/菊地 麻衣子
定価/1500円+税

営業の鬼100則
営業の鬼100則
著者/早川 勝
定価/1500円+税

人間関係で「うまくやる人」と「つらい人」の習慣
人間関係で「うまくやる人」と「つらい人」の習慣
著者/著:宮松 大輔  監修:あがり症克服協会
定価/1500円+税


CD BOOK 英検(R)2級 8日間で一気に合格!
CD BOOK 英検(R)2級 8日間で一気に合格!
著者/植田 一三:編著  岩間 琢磨/上田 敏子/中坂 あき子:著
定価/1700円+税