明日香出版社について
TOP >>
 「できる!」ビジネスマンの雑学 >>
 2018年09月
「できる!」ビジネスマンの雑学
2018年09月



 脳卒中はがんと心疾患と並び、日本人の3大死亡原因であり、年間11万人以上の方が、脳卒中で亡くなっています。

 急に言葉が出なくなる、からだが思うように動かせなくなる、突然意識を失い倒れる、などの症状に陥った人の話は、誰しも耳にしたことがあるでしょう。

脳血管疾患の死亡数は年間11万1,973人
(一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 2016年10月13日掲出)

 脳卒中には血の塊、血栓が脳の血管を塞いで血液が流れなくなった場所が壊死する「脳梗塞」、脳の血管がやぶれて脳内に血液が流れる「脳出血」、脳の周りにあふれた血液が脳を圧迫する「くも膜下出血」があります。

 いずれも会話や身体運動に障害が残ったり、時には命の危険に及ぶ脳の病気です。

 その重篤な結果をもたらす危険性にもかかわらず、外傷のような出血や痛みなどの自覚症状がないため、バタリと倒れるまでは放っておかれることの多い病気でもあります。

 現代医学では、脳梗塞の治療法としては、血管を詰まらせている血栓を溶かす新薬が開発されており、一刻も早く(理想的には3時間以内)こうした治療を受けることが肝心のようです。

 ではこれまでわたしたち人類は、脳の病気にはまったくの無防備だったのでしょうか。

 いえ、驚くほどの対策がわたしたちの体にはほどこされていたのです。

頭骨と脳を結ぶ「秘密のトンネル」が発見される
:脳障害時に免疫細胞を送り込む経路
 米国の研究チームはこのほど、頭骨と脳を直接結ぶごく小さなトンネルが存在することを発見した。脳卒中などで脳が損傷を受けたときに免疫細胞を迅速に送り込む経路とみられ、これまでそのルートは知られていなかった。
 ハーバード大学医学大学院のマティアス・ナーレンドーフ博士が率いた研究で、研究を助成した米国立衛生研究所(NIH)が発表。神経科学分野の学術誌「Nature Neuroscience」に論文が掲載された。
 NIHによると、医学界では従来、腕や脚の骨の骨髄で作られた免疫細胞が血液を介して移動し、損傷した脳細胞に送られると考えられていたという。
NEWSWEEK日本版・高森郁哉 2018年9月4日掲出)

2018092101.jpg

 ひとたび脳がダメージを受けると、「秘密のトンネル」を通って、免疫細胞が緊急に送りこまれるそうです。

 免疫細胞については、昨年秋から今年春まで放送された「NHKスペシャル 人体」でも取り上げていました。

「NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク」
(NHK総合 公式サイト)

 体中の臓器、心臓、腎臓、胃、腸、そして骨までもが、それぞれが情報物質をやりとりして、協調して機能しているそうです。時には必要な免疫細胞を送りつけて、ウイルスやがん細胞を退治することまで行っているとか。

 これまでの医学は、臓器はただのパーツだから悪い所は切って捨てましょう。必要なら人工臓器で代用できるはずという考え方があったように思います。

 筆者の推測にすぎませんが、これまでの人体パーツ論から脱して、人体をネットワークの塊とみる視点が医学界に芽生えたことが、今回の発見につながったのではないでしょうか。

 「秘密のトンネル」といわれて頭をなでてみても、何の自覚もありませんが、なんだかホッとしてしまいます。これからはこの秘密のトンネルの穴を塞がないよう、気をつけて生活したいですね。(水田享介)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
「脳卒中とは - 乗務員の健康管理サーキュラー」
(財団法人 航空医学研究センター 著・福島功二)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 2019年卒業予定の学生の面接解禁は、公式には2018年6月1日から、内定解禁は10月1日からと定められています。このルールに従えば、来春卒業予定の学生たちは、すでにES(エントリーシート)提出・試験・面接まで終了して、あとは内定が出るのを待っている状態かと思われます。

 ところが実際には、今年9月1日の時点でかなりの学生が内定までたどり着いているのが現実でした。

9月1日時点の内定率は89.2%
 株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は、2019年3月卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)を対象に、9月1日時点での就職活動に関する調査を行いました。(調査期間:2018年9月1日~6日、回答数:1,067人)※1

 1.9月1日現在の内定状況
○内定率は89.2%。8月調査(85.5%)からの伸びは3.7ポイントです。
○内定者のうち、就職先を決定し活動を終了したのは89.7%。
モニター学生全体を分母にとると、就職先決定者は80.0%。就活継続者は2割弱(16.9%)です。
産経ニュース 2018年9月14日)

2018091901.jpg
※就活イメージ

 ところで就職活動(以下就活)中の学生にとって、自分が行きたい業種、職種は将来性があるのか、はたまたないのか、それとも微妙なのか、知りたいところでしょう。

 かつては、自動車産業、家電、スーパー、コンピュータ、コンビニ、最近ではケータイ・IT業界など、いつの時代にも急成長する業界があり、将来に不安を覚える若者は少なかったと思います。

 しかしながら、いまではどんな業界でもAIを取り入れると、何人のスタッフを減らせるのか、どれほどの経費を節約できるのか、そういった話題が先行しています。

 就活学生とて、こうした話題には敏感にならざるをえないでしょう。

AIで要らなくなる業種 "銀行 百貨店..." 就活学生の調査
 就職情報サービス大手、リクルートキャリアは先月、来年卒業予定の大学生に就職活動についての調査をインターネット上で行い、1300人余りから回答を得ました。
 この中で、AIの発達に伴って将来、人手が要らなくなる可能性のある職業を意識したことがあるか尋ねたところ、全体の46.9%が「ある」と答えました。このうち、文系では48.6%が、理系では43.1%が「ある」と答え、文系の学生のほうがAIを意識しているという結果になりました。
NHK NEWS WEB 2018年9月15日掲出)

2018091902.jpg
※就活イメージ

 システム化しやすい金融業務や単純な接客業は、どんどんAI化が進み、人がいらなくなれば、最初に削られるのは経験や技能の低いスタッフであることを、学生といえど百も承知です。

 では、学生たちはどういった業種、業界を警戒しているのでしょうか。

 具体的な業種では、銀行や保険会社などの金融業界のほか、百貨店やスーパーなどの小売業界を挙げる学生が目立ちました。
(前掲NHK NEWS WEBサイトより引用)

 学生たちにとって銀行はATMくらいしかおつきあいがないでしょう。また、保険業界はネット対応が進んでいます。

 スーパーもいまでは自動レジが急速に普及して、レジで行列する機会も減りました。対面販売そのものが煩わしい、好ましくない、声をかけられるのが苦痛という若者は増えています。急成長をとげたネット通販は人と接することは皆無です。

 心をこめたおもてなしがウリの百貨店も、自動レジでなければお客さんが来なくなるかもしれません。

 どんなに新しく便利なシステムでも、利用者にそれを受け入れる気持ちや慣れといった技術がなければ普及しません。

 いまの若者たちはATMなどの操作画面でまごつくことはなく、就活を通してAIを受け入れることが前提で職に就こうとしています。まさにAIシステムに見合った職業選択を始めた第一世代なのかもしれません。

 昭和世代にしても、旅情はなくなっても新幹線を便利と思い、交通事故はあっても自動車は手放せなくなった過去があります。

 高齢者ドライバーの交通事故が社会問題化していますが、昔はそんな事故はありませんでした。昔の老人はクルマの免許など生涯持たなかったからです。

 コンピュータに触らなかった(触れなかった)世代もようやくオフィスから退場しました。時代はめまぐるしく変わっています。

 あと数年もすれば、AIロボットの裏側(バックヤード)で汗水垂らして働く彼らが、社会を動かす中心になるのかもしれませんね。(水田享介)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
※1 ■キャリタス就活 2019 学生モニター調査結果 (2018 年 9 月発行)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 パソコンOSのWindows 7といえば、ブルー系の爽やかなデスクトップデザインを思い出す方も多いでしょう。

 かつて2000年代初頭に家庭でもオフィスでも使えるOSとして、Windows XPが全世界に普及しましたが、その後継OSとして登場したのがWindows 7でした。安定した動作とXPの操作性を継承したことで、Windows 7も多くの人に支持されました。

2018091401.jpg
※なつかしいWindows 7のデスクトップ画面

 そのWindows 7も、2009年の発売からすでに10年が経とうとしています。後継OSとして、Windows 8、Windows 10が登場して、2020年1月にはサポートの終了を迎える・・・はずでした。

 ところが、このたび開発元のMicrosoftから、過去となったWindows 7について意外な発表がありました。

Microsoft、法人向けにWindows 7の有償延長サポートを提供
 Windows 7のサポートについて、2020年1月14日で終了すると発表済みだが、あらたに2023年1月まで「拡張セキュリティアップデート(ESU)」が提供されることが発表された。
 このWindows 7 ESUを利用するには、デバイス単位でライセンスが必要となり、年ごとに価格が増加していく。対象となるのはボリュームライセンスのWindows 7 Professional/Enterpriseユーザーで、OS単体やPCと同時に購入している一般ユーザーは利用できない。
PCWatch・佐藤岳大 2018年9月7日掲出)

 Windows XPのサポート期間は約12年6ヶ月でしたが、この有償延長サポートで、Windows 7はそれより約1年長い13年5ヶ月となる予定です。

 法人限定でさらに有償とはいえ、サポートが延長されるのはきわめて異例の事です。

 その理由としては、企業にはいまも、Windows 7でなければ動作しないソフトや環境があることが考えられます。また、Windows 7環境で構築した企業内システムを、新しいOSが出るたびに作り替える手間はかけたくないという本音があるかもしれません。

 ところが現実はもっと単純でした。いまも多くのユーザーが何の疑問も持たずに、Windows 7を使い続けていることが判明したのです。

中小企業の45%は「Windows 7サポート終了を知らない」
 楽天リサーチが6月に調査した、中小企業におけるWindows 7サポート終了の認知度は55%だった。また、Windows 10へ移行中だと答えたのは42%だったという。
ITmedia・井上輝一 2018年7月3日掲出)

 中小企業のなかでWindows 7のサポート終了を知っていたのは55%と半分ちょっと。つまり45%の企業が、Windows 7のサポート終了が迫っていることを認識していなかったのです。
 Microsoftが無料アップグレードをアナウンスしてまで、Windows 10移行キャンペーンをやっていたのは、なんだったのでしょう。

 さらには4割以上の企業が、いまだWindows 10へ移行中というわけですから、おそらく、Windows 7やWindows XPなどの旧OSを使い続けていることがうかがい知れます。

 「古いパソコン(OS)だけど、まだうまく動いている。
 ならば、このままそっとしておこう」


 企業の本音はこんなところかもしれません。これが吉と出るか、凶と出るか。Windows 7の場合は、あと5年は吉と出たようですね。(水田享介)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 先週の9月4日、大阪を直撃した台風21号は関西地域に大きな被害をもたらしました。電柱をなぎ倒しクルマを転がすほどの烈風(れっぷう)と関西空港を水没させた高潮の被害は大きく、その影響はいまも広がっています。

 残念なことに今年の台風はこれで終わりとは言えません。まだ9月半ばですから本格的な台風シーズンはこれからなのです。

 地球規模で見ると今年は台風の発生が例年よりも多いそうです。9月11日現在で、北半球だけで同時に6個の台風(ハリケーン、サイクロン)が発生しています。

台風、ハリケーン続々発生 アメリカ本土・ハワイ・フィリピン直撃へ
 いま北半球の海では、多数の雲の渦がひしめいています。台風、ハリケーンといった熱帯性擾乱の年間平均発生数は80個といわれていますが、日本時間11日(火)現在、同時に6個も発生しているのです。
 そのうち2つの渦はアメリカ本土とハワイに、1つはフィリピンに上陸するおそれがあります。
 上品な名前とは裏腹に、フローレンスはアメリカ史上最悪のハリケーンの一つとして記録に残る可能性があります。
Yahoo!Japan ニュース/気象予報士・森さやか「世界のお天気事件簿」 2018年9月11日掲出)
https://news.yahoo.co.jp/byline/morisayaka/

2018091201.jpg
※気象予報士・森さやか「世界のお天気事件簿」より

 米大陸をねらうフローレンスは、カテゴリー4~5の勢力を保ったまま数日後には上陸することは確実です。

 上陸地点と目されるノースカロライナ州では、100万人以上に避難命令が出ており、多くの人々が一週間分の食料・衣類をクルマに詰め込んで、内陸部に脱出しています。

大型ハリケーン米上陸へ 沿岸で100万人に避難命令
 【ニューヨーク共同】大型ハリケーン「フローレンス」が13日にも米東海岸に上陸する見通しとなった。直撃が予想されるノースカロライナ州などで非常事態宣言が発令され、予想進路にある原子力発電所は運転停止を計画。沿岸地域を中心に100万人以上に避難命令が出るなど市民生活に大きな影響が出始めた。
産経フォト 2018年9月12日掲出)

 これまで日本の避難勧告は形式と受け止められ、実際に行動に移すことは少なかったものです。これからは台風襲来前に進路外の場所に避難することが義務づけられるかもしれません。

 一方、トロピカルストーム・オリビアはハワイ諸島を飲み込むような進路をとり続けています。ハワイは小さな島ですから逃げる場所もありません。ハワイは意外にも台風が上陸することの少なく、台風対策に慣れないまま直撃をうけた場合、大きな被害をもたらすと予想されています。

 今週末、日本に関係ある台風が通称「マンクット」、台風22号でしょう。

【台風22号(マンクット)】
 果実マンゴスチンを意味するマンクット。22号はかわいい名前を持つ一方で、今年世界最強の勢力となる可能性があります。すでに台風の階級では最強の「猛烈」な勢力ですが、日本時間13日(木)には中心気圧905hPaまで発達し、15日(土)にフィリピンのルソン島に上陸する可能性があります。
(前出・森さやか「世界のお天気事件簿」より)

 「猛烈な」勢力のままフィリピンのいちばん東を通ると、沖縄諸島にも影響を及ぼすことが考えられます。

 日本では話題になっていませんが、香港周辺、海南島、ベトナム北部は、すでに台風23号が襲来しています。このままでは、台風23号に続き台風22号のダブルパンチの可能性が出てきました。

2018091202.jpg
※アジアでは台風22号、台風23号が同一進路を進んでいる(Yahoo!Japan 天気・災害 2018年9月12日午前9時掲出)

 人類の知恵を集めたとしても、今のところは台風や地震にあらがうことはできません。できる限りの事前対策と被害を最小にとどめる工夫を心がけるほかなさそうですね。(水田享介)

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 インターネットで探し物をしたり、ニュースや情報を閲覧するときに、必ず目に入ってくるのがネット広告ですね。

 無料で便利な機能を使っているのだから、少しは仕方がないと思っておつきあいする人も多いと思いますが、いまネット広告の世界では危機的な状況に陥りつつあるようです。

アダルトサイトのその裏で~ネット広告不正の実態~
 インターネットのアダルトサイトを訪れた人を、ほとんど見られることのない無関係のサイトに勝手に飛ばす仕掛けを使って、ネットの広告費を不正に横取りしようという手口が広がっていることが、NHKの取材でわかりました。ターゲットとなった広告は、大手企業や中央省庁、地方自治体のものなど、少なくとも200に上り、広告代理店やネット広告の配信事業者が調査を進めています。
NHK NEWS WEB/NEWSup・ネットワーク報道部記者 田辺幹夫 科学文化部記者 斉藤直哉 2018年9月4日掲出)

2018091001.jpg

 長らく広告業界にいた筆者は、この番組を視聴したときは「アダルトサイトの中での金銭トラブル」程度にしか受け止めていませんでした。

 ところが日を改めて、上記のサイトで読み直して、これは大変な事態になったと認識を改めました。

 表題になった「アドフラウド」とは「Ad Fraud」=広告詐欺 に他なりません。広告業の中に詐欺が横行し始めているようなのです。

 もともとネット広告はいつ、どんな端末でどれだけの人が接触したのか、その履歴が数字で記録できることを謳って伸び続けてきました。ネット広告はYahoo!やGoogleといった新しい広告業態を産むこととなり、広告業界に革命を引き起こしました。
 従来のテレビや新聞は大量に広告を打つだけのマス広告が主流で、広告効果の測定は難しく、代理店もあまりそこには触れたくなかったのです。

 ネット広告業界は技術革新を怠らず、年齢層、職種、収入まで把握した消費者が購入に至るまでのステップ、商品への評価までを知ることができるようになり、現在では広告主にとってもマーケティング的にはこの上ない広告媒体となっています。

 しかしながら、ネットの世界はプログラムという仮想世界でもあるので、ネット広告を見たというカウンターを上げる方法は、実はいくらでもあるのです。

 その方法のひとつがアダルトサイトにリンクさせた広告まとめサイトの存在。だれも広告サイトを見ていないのにアダルトサイトにアクセスすると同時に広告を見たとカウントされ、その数字を根拠に広告代理店は広告媒体費をスポンサーに請求していたのです。

 現在のところ、有効な対策はないとのこと。しかし広告費を払ったスポンサーには東京都や地方自治体もあったわけですから、公金が不正に使われていることになります。

 広告へのアクセス数を上げる手法にはボット(プログラムの一種)も使われています。ボットは時間も場所も労力も関係なく働き続けますから、いくらでもアクセス数を上げることは可能です。

 不正なアドフラウドの割合は、9.1%(ネット広告調査会社「モメンタム」調べ)と言っていますが、なんでもありのネット広告の世界ですから、この数字を信用して良いものか、疑問の多い所です。

 ネット通販で購入の決め手となる「クチコミ」や「レビュー」も、本当の消費者の書き込みは少なく、偽造が多いと言われています。

 便利なネット社会ではありますが、本当のことを本気で探そうとするとあんがい、見つからないのかもしれませんね。ネットで探している限りは。(水田享介)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 あの丸くて細長い形状が生理的に受け入れられない人や、くねくね動く動きそのものがダメという人が多い生き物と言えば・・・ヘビ、ですね。

 なぜ、多くの人はそれほどまでにヘビが嫌いなのか。

 一説には、人類が誕生したときから、ヒトはヘビに襲われ、あるいは毒殺され、あるいは絞め殺された ― その長い歴史から培われた本能とも言われています。

 ところでヘビ全体の中で毒蛇の割合は、25%程度だそうです(Wikipedia「毒蛇」より)。ヘビならすべてが危険というわけではなく、居住地域にいる毒蛇にだけ気をつけておけばいいのですが、心理的にはどんなヘビであれ、見るだけでも背筋がぞっとするものですね。

 動物にとっても、ヘビは恐ろしい存在、近づきたくない相手らしく、その本能を利用したユニークな鳥獣害対策が栃木県で始まりました。

見た目怖くて、害獣も逃げる?
その名も「ヘビウリ」、JA佐野が栽培し実験
 ヘビウリはインドやパキスタンが原産とされ、長さ1メートル以上の細長い果実を付けるウリ科の一年草。果皮には筋が入り、果実は育つと巻くようにうねり、遠目には蛇がぶら下がっているように見える。
 JA佐野吾妻支店の相良賀唯(さがらよしただ)支店長が、知人のスリランカ人から「蛇に見えるヘビウリを動物は避けるので、スリランカでは鳥獣害対策に使う」と聞いたことをきっかけに、実験を始めた。同国から取り寄せた苗を同支店玄関前に植えたほか、鳥獣害が深刻な葛生地区の農業関係者にも苗を分けた。
下野新聞・SOON 2018年9月3日掲出)

2018090701.jpg


 写真で見るヘビウリは、たしかにどっしりとした貫禄ある大ヘビにしか見えません。鎌首を持ち上げた姿までそっくり。まさに木から垂れ下がるヘビ、ヘビ、ヘビ・・・。(写真はリンク先でご確認ください)

 農家の田名網さんによると、ヘビウリの実ができ始めてからは、ナスやカボチャを食べに来ていた猿が、田名網さんの畑だけは寄りつかなくなったそうです。

 これまでに行った電気柵やネットなどの対策はあまり効果が出なかったといい、田名網さんは「ヘビウリは本当に効果があるのかもしれない」と期待を寄せている。(前出サイト)

 ヘビウリ栽培はプロの農家にはたやすいことでしょうし、ネットや電気柵よりもはるかに経費はかからないでしょう。

 また、ヘビウリは炒め物にして美味しく食べられるそうですから、まさに一石二鳥。

 しかし、ひとつだけ心配事があります。ヘビウリ畑の中に本物のヘビが紛れ込んだら、どうなるのでしょうか。ヘビウリを収穫するつもりで伸ばした手の中に・・・。
 そのシーンを考えただけで冷や汗ものですが、そうならないことを祈るばかりです。

 世界のどこかにヘビが嫌がる生き物をまねた植物はないものでしょうか。(水田享介)

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 「金の卵」といえば、イソップ物語に出てくる「メンドリと黄金の卵」が有名ですね。

 貧しい農婦があるとき、黄金の卵を産むメンドリを見つけ、またたく間にお金持ちになります。
 ところが日にひとつしか卵を産まないメンドリに不満を持った農婦は、浅知恵をめぐらせてこう
考えました。


 「欲しいものがもっといっぱいあるっちゅうのに、黄金の卵が出てくるのを待つのは耐えられねぇ。
きっとメンドリのお腹にはたくさんの黄金が詰まっているはずじゃ。そうにちがいねぇ。
そうじゃ。
自分で黄金の塊を取りだせばええ」


 農婦はメンドリを捕まえると、丸々と膨らんだ腹を切り開きました。しかし、そこに黄金はなく、
肝心のメンドリも死んでしまいました。

 メンドリを失った農婦は結局、以前よりも貧乏になってしまいました。

2018090501.jpg
※「黄金の卵」(国立国会図書館デジタルコレクション・
  『新訳イソップ物語』・藤浪由之 訳[他]/大古田文英堂/大正12年刊)より

 このお話は強欲を戒めた寓話にすぎませんが、現代はこの絵空事を絵空事のままに放ってはおきませんでした。

 そうです。このお話を現実のものにしてしまったのです。

1個3億円「金の卵」産む鶏 ゲノム編集で量産可能に
 がんや肝炎の治療薬となる有用たんぱく質を含んだ卵を産むニワトリをゲノム編集技術によって作り出すことに、産業技術総合研究所などの研究グループが成功した。大腸菌などを使う手法はすでにあるが、今回の方法を使えばより安価に大量生産できるという。
 産総研バイオメディカル研究部門の大石勲・研究グループ長らは、ニワトリのオスの胚(はい)から精子のもとになる細胞を分離培養した。これにゲノム編集技術を使い、がんや肝炎の治療薬に使われる「ヒトインターフェロンβ」を作る遺伝子を挿入し、別のオスの胚に戻して孵化(ふか)させた。
朝日新聞DIGITAL 2018年6月5日掲出)

 なぜゲノム編集した鶏から産まれた卵が高価なのか。その理由は、これまで治療薬の元となる組み替えタンパク質を大量生産できなかったことにあります。

ゲノム編集により鶏卵を使って有用な組換えタンパク質を大量生産
【今後の予定】
 本研究により、ニワトリを生物工場として高価な組換えタンパク質を低コストで大量生産可能なことが初めて示された。現在、ヒトインターフェロンβは10 μgあたり約2~5万円と高額である。
 今回開発した技術では、卵1個に30~60 mgのヒトインターフェロンβを含んでおり、単純計算では6,000万~3億円分に相当するが、製品化には精製工程の開発が重要である。
国立研究開発法人産業技術総合研究所 2018年6月5日掲出)

 図解に登場するヒヨコやニワトリたちの表情がとてもりりしく見えるのは、筆者の気のせいとは思えません。「金の卵」効果が効いているのでしょうね。

近い将来、さまざまな特効薬が卵の形で提供される(?)日が近いかも。あまり欲張らずにその日が来ることを楽しみに待ちましょう。(水田享介)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
産総研(国立研究開発法人産業技術総合研究所) 公式サイト
https://www.aist.go.jp/

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 商品やサービスをビジネス展開するときに、限られた予算の中でどうやって広く多くの人に知らせるか。ビジネスマンにとっては永遠の難題かもしれません。

 今の時代であれば映像配信やSNSを活用すれば、と言われるでしょう。
 しかしそれが万能の妙薬ではないことは明らか。特に、片田舎にあるさして有名ではない水族館の場合には。

 イルカショーなど人気アトラクションがあるわけでもなく、珍しい生物もいない。宣伝費もない。人件費も限られスタッフは最小限。

 このまま、座して死を待つのみか・・・。

 いえ、そうではありませんでした。ここからは愛知県蒲郡(がまごおり)市にある小さな水族館のお話です。

お金なし、知名度なし、人気生物なし 三重苦の弱小水族館に大行列ができるワケ
「税金の無駄遣い」と糾弾され、8年前は閉鎖寸前
 休日には入場待ちの行列ができ、入館者数の前年比増を毎月達成している水族館がある。大都会のオシャレ水族館でも、人気観光地にある巨大水族館でもない。人口8万人ほどの愛知県の蒲郡(がまごおり)市にある竹島水族館だ。

 展示している生き物は魚類のほか、大きい動物はアシカ、カピバラ。館長を含めたスタッフは7人のみ。建物は国内で2番目の古さ、水槽を軽く見るだけならば10分弱で歩き回れるほどの狭さ――。条件面では「しょぼい」としか言いようがない弱小水族館が、2016年度は39万8000人もの客を集め、17年度は耐震工事のために4カ月間の休館をしたにもかかわらず35万人を達成。本年度は43万人の目標を掲げている。わずか8年前は年間12万人ほどしか来ない不人気施設で、閉鎖寸前だったことが信じられない。
ITmedia ビジネスオンライン・大宮冬洋 2018年6月8日掲出)

2018090301.jpg

 内容は本文を読んでいただくとして、お金はなくとも、やはり大切なのは知恵と工夫、そして競争原理でした。

 確かに知恵も工夫も、お金のように尽きてしまうことはありません。競争はやる気をひきだします。

 竹島水族館のお話はこれだけではありません。8月から連載となりました。

~ショボいけど、勝てます。 竹島水族館のアットホーム経営論~
http://www.itmedia.co.jp/business/series/10823/

オオグソクムシにウミグモ! 不気味な深海生物を食べ続ける水族館員のシンプルで真摯な理由
【大宮冬洋 , ITmedia】(2018年8月9日)

突っ込みどころ満載! 「水槽より注目浴びるPOP」を作る水族館員の告白
【大宮冬洋 , ITmedia】(2018年8月15日)

内気な野球少年が悲しみを乗り越えて大人気水族館の「カピバラ王子」になるまで
【大宮冬洋 , ITmedia】(2018年8月21日)

ショボい水族館を"全国区"にした「女房役」を駆り立てる危機感
【大宮冬洋 , ITmedia】(2018年8月31日)

 認知度アップやセールス拡大などの、参考の一助となるとよいですね。(水田享介)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
竹島水族館 公式サイト
http://www.city.gamagori.lg.jp/site/takesui/

竹島水族館 蒲郡市観光協会 公式サイト内
http://www.gamagori.jp/play/detail_86_0_7_0_0.html

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育


サイト内検索
google

今月の新刊

絶対に身につけたい 本物の接客
絶対に身につけたい 本物の接客
著者/菊地 麻衣子
定価/1500円+税

営業の鬼100則
営業の鬼100則
著者/早川 勝
定価/1500円+税

人間関係で「うまくやる人」と「つらい人」の習慣
人間関係で「うまくやる人」と「つらい人」の習慣
著者/著:宮松 大輔  監修:あがり症克服協会
定価/1500円+税


CD BOOK 英検(R)2級 8日間で一気に合格!
CD BOOK 英検(R)2級 8日間で一気に合格!
著者/植田 一三:編著  岩間 琢磨/上田 敏子/中坂 あき子:著
定価/1700円+税