明日香出版社について
TOP >>
 「できる!」ビジネスマンの雑学 >>
 2018年07月
「できる!」ビジネスマンの雑学
2018年07月



 東京国立博物館 平成館(東京・上野公園)では、7月3日(火)から9月2日(日)まで、特別展「縄文―1万年の美の鼓動」を開催しています。

20180713001.jpg

 およそ1万3000年前、日本列島では氷期の終わりと共に温暖化が進みました。豊かな自然環境のもとで始まった縄文時代、人々は1万年という長きにわたり、生活用土器や石器、土偶、装身具、祭礼品など、ユニークな造形を数多く生み出しました。

20180713002.jpg

 この展覧会では、日本各地から出土した約200件を一堂に集め、「縄文の美」に焦点をあて、縄文人がその造形にこめた巧みな技術や思い、祈りなどに迫っています。

<特別展「縄文―1万年の美の鼓動」 開催概要>
■会期:2018年7月3日(火)~9月2日(日)
■会場:東京国立博物館 平成館
■休館日:月曜日、7月17日(火) ※ただし7月16日(月・祝)、8月13日(月)は開館
■開館時間:午前9時30分~午後5時。金曜・土曜は午後9時まで、日曜および7月16日(月・祝)は
午後6時まで。 ※入館は閉館の30分前まで
■観覧料(税込):
当日一般1,600円(1,300円)、大学生1,200円(900円)、高校生900円(600円)。 ※( )内は20名以上の団体料金。※中学生以下無料。※障がい者とその介護者1名は無料(入館の際に障害者手帳などをご提示ください)。

20180713004.jpg
※会場内風景

 なかでも注目は、縄文時代の作品のうち、国宝に指定された6件すべてが集結します。(※6件のうち「縄文のビーナス」「仮面の女神」の展示は7/31~)

 教科書に掲載されることの多い「遮光器土偶」、躍動感あふれる「火焔型土器」は、国宝にふさわしい存在感です。

20180713005.jpg
※国宝/「遮光器土偶」

20180713003.jpg
※国宝/「火焔型土器」

 クルミが入ったまま出土したポシェットは、今でも女性のおしゃれアイテムとして通用しそうです。

20180713008.jpg

 動物の特長を見事にとらえた造形は、現代の彫刻家にも劣らない才能に溢れています。

20180713006.jpg
※イノシシの親子

20180713007.jpg
※鳥の造形

 テレビでも縄文時代を深く知る番組が用意されています。

・「縄文・土偶ミステリー~日本最古のフィギュアの謎に迫る~」
 7月16日(月・祝)NHK総合13:05~13:49
・日曜美術館
 7月22日(日)Eテレ9:00~9:45
・歴史秘話ヒストリア「驚きの縄文ワールド!ナゾの土偶・土器が物語る日本人1万年史」
 7月25日(水)NHK総合22:25~23:10
・びじゅチューン!「縄文土器先生」
 7月11日(水)Eテレ19:50~55、16日(月)5:55~6:00、17日(火)0:50~55

 現代日本人の祖先である縄文期の人々がどんな暮らしを送り、何を考えていたのか。残された遺跡や出土品から遠い昔を想像してみるのも楽しそうですね。(水田享介)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
展覧会公式サイト:「JOMON」 http://clk.nxlk.jp/JFXEUydG
公式Twitter:@jomon_kodo

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 ご当地キャラクターといえば、「ふなっしー」、「くまもん」、「ひこにゃん」など数多くのキャラクターがあります。

 そのなかでもいわゆる「きもかわ」=きもかわいい、の代表的キャラクターといえば奈良県の「せんとくん」があげられます。

 その「せんとくん」、働き方改革の影響でしょうか、今年8月から勤務形態が少し変わることになりました。

奈良の「せんとくん」使用無料に 県のマスコットキャラ、8月から
 奈良県は13日、県のマスコットキャラクター「せんとくん」のイラストライセンス使用料を8月から無償にすると発表した。これまでは商品など販売予定額の3%の使用料が必要だった。
 せんとくんは「平城遷都1300年祭」を盛り上げる公式キャラクターとして2008年に誕生し、11年に県職員に就任した。童子にシカの角が生えた容姿は当初不評だったが、強烈な個性と愛嬌で人気者になった。
京都新聞 2018年6月13日掲出)

2018071101.jpg
※鹿に警戒されていて微妙な...、せんとくん公式ツイッター(@SentokunTeam)より

 使用料がいらない例としては熊本県の「くまもん」が有名ですが、その適用範囲は熊本県内にある企業や熊本県産食品に限定されているようです。

 「せんとくん」の着ぐるみと言えば、全身、それこそ指の先まで起毛生地でおおわれています。これから猛暑が続きますが、県職員の「中の人」、大丈夫でしょうか。8月からただ働きと聞くと、さらに心配になるのは筆者だけではないでしょう。

 無償で働くと宣言した「せんとくん」のがんばりが、奈良県のPRにつながることを心から祈ってやみません。(水田享介)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
banner01.jpg 奈良県公式サイト
http://www.pref.nara.jp/

せんとくんの仕事部屋
http://www.pref.nara.jp/item/125614.htm#itemid125614

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 子どもの頃、川面に浮かぶアメンボは不思議でいっぱいの生物でした。六つある足を目いっぱいに広げ、沈むことなくスイスイと水の上を移動する姿は、子どもの、いえ人の常識を越えた存在でした。
 なぜアメンボだけは水に浮いていられるのか、なぜすばやく水面を移動できるのか。誰しも子供心に疑問を持ったことがあるでしょう。

 それなのにアメンボは、川辺に行けばいつもそこにいるわけですから、私たちにとって身近で謎に満ちた生物と言えるでしょう。

 日常風景に溶け込んでいたこのアメンボに疑問を持ち、観察し続けた長崎の女子高生達が、このたび新発見を成し遂げました。

新種アメンボ 大村湾で発見 長崎西高の生物部3人
60年ぶり快挙 和名「ナガサキアメンボ」
 長崎県立長崎西高生物部の3年生3人で構成する研究グループが新種のアメンボを大村湾で発見したとして1日、カナダの国際学術誌ホームページで発表された。(中略)
 グループは、リーダーの朝鍋遥さん、生物部長の平野安樹子さん、桃坂瞳さんで、いずれも17歳。昨年6月、大村湾に生息する絶滅危惧種の海産アメンボ4種の調査を始めたところ、淡水に生息するナミアメンボにそっくりな個体が海面で群れているのを発見、採取。「海産アメンボ類は丸っこい紡錘形。なぜ淡水にいるはずの細長い種が海面で生息しているのか」と疑問を抱いた。
長崎新聞 2018年5月2日掲出)

2018070901.jpg

 ちょっとした形の違いに疑問を持ったことが、新種発見につながったのです。アメンボ専門家を含めたおとなの昆虫学者達は、どうせたいした違いはない、と高をくくっていたそうですから、専門家を出し抜く女子高生達の慧眼でした。

 しかも、50回以上もの地道な調査と飼育により、これまで知られていたアメンボとは異なる種と自分達の手で証明したのです。

 その証拠の積み重ねが研究者、学会を動かしました。

 重要な研究成果と認めた専門家の安永智秀アメリカ自然史博物館研究協力員(54)=長崎県長崎市在住、農学博士=が責任著者となり、生徒らと連名で論文を作成。カナダ「ザ・カナディアン・エントモロジスト」誌ホームページに掲載された。安永氏は「アメンボは研究し尽くされた感があるが、粘り強い研究が60年ぶりの新種発見という大きな成果を上げた」と話している。
(長崎新聞 同上)

 驚くような新発見は今も身近にあることを、十代の女子高生達が証明してくれました。

 豊富な経験が時にはその目を曇らせて、未知の存在に気付けないこともあることを、この発見は教えてくれています。(水田享介)

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 7月6日の今日は「サラダ記念日」だそうです。もう今となってはご存じない方も多いことでしょう。1987年に出版された歌集「サラダ記念日」に収められた短歌に、七月六日は「サラダ記念日」、と詠まれたことから始まりました。

 ところが、作者の俵万智さんが、この歌が生まれた背景について驚きの事実を明かしています。

俵万智さんが明かした「サラダ記念日」2つの"ウソ"
 「『この味がいいね』と君が言ったから 七月六日はサラダ記念日」などの短歌で、当時の女性の恋愛や生活を表現した「サラダ記念日」は、発売から半年で200万部を超えるベストセラーに。発売された年の流行語大賞にも選ばれ、ドラマ化もされた。
 しかし、この短歌にはウソが2つ含まれているという。俵さんは「ウソかホントかと言われると難しいんですけど、1番大きいのはサラダではなかった」と驚きの告白をした。
スポーツ報知 2018年5月12日掲出)

 現実のありのままを描くだけでは、創作は成立しませんから、「ウソ」とまで決めつける必要はありません。カレー味の唐揚げが創作のきっかけになった様子は、当時の若者らしい微笑ましいエピソードです。

 唐揚げからサラダに、さらには記念日にまで、創造の翼が広がり短歌となりました。ひとりの女性が生み出した空想の記念日を、その当時の日本社会が受け入れた理由は何だったのでしょうか。筆者としてはそちらの方が気になりました。

 7月6日にした理由は、7月7日はすでに「七夕」が定着していたため前日にしたとのこと。恋人が再会するロマンチックな七夕伝説ですが、その色に染めたくなかったようです。

 ところで明日、7月7日は七夕。各地で七夕祭りが開かれます。

2018070601.jpg

 関東では以下の通り、今週末に数多くの七夕イベントが開催されます。

「湘南ひらつか七夕まつり」[7月6日(金)~7月8日(日)](神奈川県平塚市)
「七夕祈願祭」[7月7日(土) ](東京・飯田橋/東京大神宮)
「下町七夕まつり」[7月5日(木)~7月9日(月)](東京・かっぱ橋本通り)
「増上寺 七夕まつり」[7月6日(金)~7月7日(土)](東京・芝/増上寺)
(引用元:レッツエンジョイ東京/東京の七夕祭り より)

 旧暦にならい、8月7日前後を七夕として行われる地域も多いので、開催日をよく確認してお楽しみください。(水田享介)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 2010年6月、小惑星探査機「はやぶさ」が、感動的な帰還を成し遂げたことは今も記憶に残る快挙です。大気圏突入で燃え尽きる運命にありながら、惑星の微粒子を地球に送り届けることに世界で初めて成功したのです。

 それから8年、「はやぶさ」の後継として打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ2」が、2018年6月27日に小惑星「リュウグウ」に到着しました。


「とうとうここまで来た」「ワクワクしている」
小惑星到着、歓喜のJAXAチーム
 「いよいよ本番」「非常にわくわくしている」。探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」に到着した27日午前、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の管制室がある相模原市内の施設では、チームの幹部が喜びを語った。
産経ニュース・【探査機はやぶさ2】 2018年6月27日掲出)

 ロケット打ち上げから3年半、距離にして約3億キロの距離を飛び続け、今、「はやぶさ2」は宇宙の彼方で、ようやく「リュウグウ」という天体に出会うことができたのです。

20180627_1.jpg
ONC-Tによって撮影されたリュウグウ。2018年6月26日12時50分(日本時間)頃の撮影。
ONCチーム(画像クレジット):JAXA、東京大学、高知大学、立教大学、名古屋大学、千葉工業大学、明治大学、会津大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所


小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星Ryugu到着について
(2018年6月27日)
http://www.isas.jaxa.jp/topics/001567.html

 宇宙について知識の乏しい筆者は、3億キロをまっすぐ飛んでいたと思っていましたが、旅程を説明した動画を見て、とても複雑な飛び方をしていたことを知りました。

 地球も「リュウグウ」も太陽の周りを休むことなく回っています。その移動している天体に、これまた移動を続ける地球から打ち出して、目的まで飛ばす。

 太陽の周りを回り続けながら、タイミングを見計らってイオンエンジンを噴射し、しだいに距離を詰めていく。動画を見ていただければわかりますが、ひとつの失敗も許されないミッションでした。

動画「はやぶさ2」小惑星リュウグウまでの旅程(改訂版)

 「はやぶさ2」が持ち帰る「リュウグウ」の岩石から、太陽系の成り立ちや私たち生命が地球に誕生した謎まで、解明されるかもしれません。
 これから1年半にわたり「リュウグウ」に滞在して観測を行った後、「はやぶさ2」は貴重なサンプルを抱えて、2020年末に地球に帰還する予定です。

 どのような新発見を持ち帰ってくれるのか。今から楽しみですね。(水田享介)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
JAXA・宇宙航空研究開発機構 公式サイト
http://www.jaxa.jp/

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育



 7月に入りました。小学生はもうひとがんばりで夏休み。子どもたちには待ち遠しい時期ですね。

 学期末が近づくとテストがあるのでしょうか。筆者の仕事場にほど近い小学校では、子どもたちがリコーダーを吹きながら、また歌を合唱しながら連れだって下校する姿を見るようになりました。

 ところで登下校の小学生に、新たな問題が起きているようです。

 登下校中の安全性かな・・・。はい、それも大事ですが、問題はランドセルにまつわる話題です。

 このところ、ランドセルの中身がしだいに重量化していることはご存じでしょうか。

「重すぎる」 小中学生のカバン問題
娘持つ千葉市長のツイートに注目集まる
 小中学生の教科書のページ数が増えて、カバンが重くなっている。こんな苦情が全国各地で相次ぎ、改善に取り組む自治体も出て来ている。
 そんな中で、千葉市の熊谷俊人市長も、小学校1年生になった娘を見ての感想をツイートし、反響を呼んでいる。
 きっかけは、千葉市議会の6月定例会で2018年6月20日、阿部智(さとし)議員が一般質問に立ち、小学生の教材の重量が大幅に増えているとして、市教委に何らかの対策の検討を求めたことだ。
 熊谷市長はこの日、ツイッターでこの質問を紹介し、「娘の荷物を見ても、その重量に驚きます」と漏らした。
J-castニュース 2018年6月23日掲出)

 筆者が子どもの頃、上履きを洗う日があり、家に持ち帰って洗濯するよう指導がありました。教科書で一杯のランドセルには入りませんから、必然的に上履き袋はランドセルにぶら下げるのが習わしとなっていました。
 そういえば、リコーダやそろばんも運びにくいものの代表でした。ランドセルに縦に突き刺すのですが、全部は入らず、いつも頭が飛び出していました。子ども心にやっかいなのは、こうした想定外の持ち物だったと記憶します。

 ところが、いまや習い事はどんどん増えて、しかも高度化しています。絵の具の色数は増え、習字道具も多様化。電子辞書などの電子教材もこれに加わっている模様です。
 
2018070201.jpg
※イラスト(コハラモトシ)

 テレビでもこの話題を取り上げていて、教科書のサイズは1.5~2倍に大型化し、重さも倍増。副読本に至っては、一教科当たり2~4冊はあるとか。
 教材を入れたランドセルの総重量は、平均でも10キロ弱と報道していました。これだけの教材を毎日運び続けるのは、小学生にはかなりの重労働ですね。小学生にはまさしく、荷の重い登下校となっています。

 そして問題の、学期末には・・・。これに加えて、持ち帰り特需(?)と夏の暑さが加わります。

 育ち放題に育ったアサガオの鉢、工作で作った作品、体操着などなど・・・。ふだん学校に起きっぱなしだったものも、学期末には家に持ち帰らざるをえません。

 毎日少しずつ持ち帰れば良いものを、さすがにそこまでの計画性は子どもには無理です。


2018070202.jpg
※イラスト(コハラモトシ)

 結局はこのイラストのような格好で、よろよろと歩く小学生を真夏の炎天下に見ることになります。

 ついでにいうと、先に書いた筆者のご近所の小学校では「なかよし菜園」とよぶ小学校専用の野菜畑があり、年に何度か収穫時期を迎えます。子どもたちも土に触れて楽しそうだと筆者は思っていましたが・・・。

 先日、低学年生達が息も絶え絶えに、見事な大根を両手でかかえてふらつきながら帰る姿をみました。よく繁った葉っぱで顔は隠れ、前も見えていないようでした。
 重さに耐えきれず落としたのでしょうか、二つに割れた大根を、半べそをかきながら運ぶ子も。

2018070203.jpg
※子どもたちが背負っているのはランドセルだけではなさそうです。

 子どもたちの背中で羽ばたく翼には、案外、おとなたちの翼(欲)が上乗せされている、のかも。

 子どもたちの苦労は、おとなにはなかなか伝わらないようですね。(水田享介)


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
今回のコラムの執筆に当たり、コハラモトシ氏の秀逸なイラストを使用させていただきました。コハラモトシさん、ありがとうございます。(水)

漫画家:コハラモトシ氏
・Twitter → @kohara_motoshi
・作品紹介:pixiv ID → kohara_motoshi

連載マンガ『死神見習!オツカレちゃん』執筆中
 「ストーリアダッシュ」 http://storia.takeshobo.co.jp/index.html
・『死神見習!オツカレちゃん』は「月刊まんがくらぶ」で連載中!
・単行本発売中!
 『死神見習!オツカ
レちゃん①』(竹書房:2018年05月26日発売)
2018070204.jpg

---------------
------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育


サイト内検索
google