書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

この本一冊で、理科が面白いほど解ける65のルールで子どもに教えたくて。 実験や身近な例でとてもわかり
2017:06:29:14:48:21 2017.06.29更新
発音に関して私が出会った最高の教材です。 まさに明晰!学校で教科書として使用すれば子どもたちの英語力
2017:06:29:14:29:13 2017.06.29更新







明日香出版社について
TOP >>
 注目の人 >>
 植田一三:監修 里中満子:著
注目の人


Satonaka_Mitsuko_small_onemini.JPG
皆さん、こんにちは。里中満子です。今回、『CD BOOK 21日で速習! 「社内公用語の英語」の重要表現600』という本を書かせていただきました。
このところ、「英語を社内公用語化する」という有名企業のニュースが世間を騒がせています。「いずれは自分の会社も、英語が公用語となるのではないか」と戦々恐々としている方も多いのではないでしょうか。

「会社の英語」、すなわちビジネス英語というと、堅くて難しい英語といった印象を受けますが、実際に会社内で使われる英語は、日常会話レベルの易しい表現も多いものです。
むしろ、職場でさまざまな人間関係が繰り広げられるなか、心の通った意思疎通がどれだけできるか、微妙な気持ちをどう伝えるか、そんな発信力こそが鍵となります。

確かに、ビジネスにおいては、商談やプレゼンなどの特殊な場面で使われる用語を覚えることも必要です。
が、それよりも大切なのは、話し相手が同僚なのか、上司/取引先なのか、また気軽な会話なのか、シリアスな場面なのかによって、英語の「丁寧度」を使い分ける気配りです。
状況に応じて言葉のニュアンスを使い分けることができれば、それだけで、あなたに対する社内外の評価がグッと上がることでしょう。

本書では、仕事上必ず遭遇するであろう21の状況別に、どんな英語表現がよく使われるのかをランキングにて表記しています。
(コーパス言語学とグーグル検索による頻度分析で厳選したもの)

緊急に英語を身につけなければいけない人は、まず使用頻度No.1の表現のみを集中学習してください。
少し時間に余裕のある方のために、その他の重要表現もバラエティ豊かに紹介しています。

近い将来、あなたの会社が外国人を社員として迎え入れることになっても、本書で最小限必要な英語を身につけておきさえすれば、恐れることはありません。あとはグローバルなビジネスセンスとコミュニケーション力を持ってさえすればよいのです。自信を持って、グローバル社会への一歩を踏み出しましょう。

里中満子
 
 書籍データへ
 

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
サイト内検索
google

今月の新刊
松下幸之助のことがマンガで3時間でわかる本
松下幸之助のことがマンガで3時間でわかる本
著者/吉田 浩
定価/1500円+税

ビジネスマンのための、いつも「ぐっすり」眠れる本
ビジネスマンのための、いつも「ぐっすり」眠れる本
著者/著:岡本 八大  監修:白濱 龍太郎
定価/1400円+税

CD BOOK 台湾語が1週間でいとも簡単に話せるようになる本
CD BOOK 台湾語が1週間でいとも簡単に話せるようになる本
著者/著:趙 怡華  監修:陳 豐惠
定価/1600円+税

相続のことがマンガで3時間でわかる本
相続のことがマンガで3時間でわかる本
著者/西原崇/山内亘/山田麻美
定価/1500円+税