明日香出版社について
TOPページ >>
  >>
 ビジネス書 >>
 やっぱり!株は上がるぞ
ビジネス書
やっぱり!株は上がるぞ
やっぱり!株は上がるぞ
この本の感想を書く
著 者
澤上 篤人
定 価
1500円+税
初版発行
2012.8.9
ISBN
978-4-7569-1574-0
ページ
224
版 型
B6並製

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次

◇ はじめに ◇ 
第1部 こんなにもある、日本株を買えない理由?
         ―― ひとつずつ潰していこうか
① もう日本経済は成長しない?
◇ 先行きが暗い話ばかり 
◇ 日本経済は本当に暗いのか? 
◇ 日本経済の地力は、まだまだ健在だよ 
◇ 中国経済を一気に抜き返せるんだけどね 
②人口が減少していく?
◇ どうってことないよ 
◇ 人口が減少しても、日本経済は縮小しない 
◇ 日本は40年後も、豊かな人口大国であり続ける 
③世界最速のスピードで高齢化が進んでいる?
◇ 経済的にはプラス材料 
◇ 移民の受け入れで、人口が増加に転じる? 
◇ 介護ロボットが大きな輸出産業となる 
④生産年齢人口の減少で、日本経済の活力が削がれる?
◇ 発想が古い! 
◇ 日本全体が成熟経済に慣れていない
  ―― お金を抱えるだけで、ようつかえない 
◇ そのうち成熟経済のお金のつかい方に慣れてきて、
            日本経済は急浮上する 
⑤国家破たんが近い?
◇ 国外脱出しますかな? 
◇ 毎日の生活は続く、つまり経済活動はなくなりっこない 
◇ 国は微税権と印刷権を発動できる 
⑥財政破たんと国債暴落で日本は大混乱に陥る?
◇ 国家財政が破たんすると、どんな問題が起るのか? 
◇ 財政のやりくりがつかなくなると 
◇ 国債相場が崩れると、金融機関はバブルの二の舞となる 
◇ 国民には、どんなツケがまわってくるのか? 
⑦日本株は1989年末の高値を抜けない?
◇ 世界の株価は、上がっているのにね 
◇ 投資家人気が離散 ―― まるで廃鉱の町みたい 
◇ 二度のバブル崩壊で、投資家は徹底的に痛めつけられた 
◇ いまや、ほとんどの投資家が上昇相場というものを知らない 
◇ 日本株市場は値動きがあって、はじめて買おうとする投資家ばかり 
◇ まともに買っていない投資家ばかり ―― それが、最大の買い材料 
⑧機関投資家は 日本株をずっと売っている?
◇ 株価大暴落と長期低迷の元凶は? 
◇ 日本経済も株価も、これだけ低迷する理由はない 
◇ 日本株市場の主役は持ち合いと政策保有だった 
◇ 持ち合いのメリットが、右肩上がり上昇相場をつくり出した 
◇ 総発行株数の73%を保有している株主達が売りに走った 
◇ 持ち合いの崩れが、日本株を奈落の底へ叩き落とした 
◇ もう売るものないじゃない 
◇ 日本株は、買えば上がる段階に入っている 


第2部 どうせ、株を買わざるを得なくなる
①日本経済は実力を出せていない ―― いくらでも成長できるのに
◇「もったいない」が山積みのまま放置されている 
◇ とんでもないパワーに気づいていない 
◇ 日本経済は、いますぐにでも元気一杯になれる 
◇ お金を前向きにつかってやろう 
◇ 日本経済は、どうして高度成長できたのか? 
◇ 国内マネーの拡大再生産で、日本経済も強烈な拡大再生産へ 
◇ 国民がひたすらまじめに働き、ひたすらお金をつかった 
◇ かつては、お金が猛スピードでグルグルまわった 
◇ 日本人は相変わらずまじめに働くが、お金をつかわなくなった
              ―― そこが問題 
◇ お金をつかえば、お金は殖えてしまう
 ―― それが経済のおもしろいところなんだが 
◇ 預貯金は増えるが、経済は枯れるばかり? 
◇ 預貯金に励んで、貯蓄率を下げる愚かさ 
◇ 貯蓄の食い潰しを甘受するのか? 
②「預貯金で安全確実に」は、いずれ泣きを見る
◇ 財産を2倍にするのに、なんと3600年かかるのだ 
◇ 年6%ぐらいを財産づくりのメドにしたい 
◇ これだけの超低金利下、預貯金では財産づくりできないのに 
◇ 国策としての貯蓄信仰 
◇ 預貯金が日本経済をダメにしている‼ 
◇ インフレが到来したら、預貯金はひとたまりもない 
◇ インフレと長期金利上昇と国債暴落と 
◇ いずれ日本国債もガタガタに値崩れする 
◇ 銀行の経営に激震が走る ―― 預金は大丈夫か? 
◇ 国の年金、どこまで頼れるの? 
◇ やはり、自分年金づくりを一刻も早くはじめなくては 
 ③30年越しの債券の時代が終り、株式投資が大復活へ
◇ 年金が世界の運用における主役の座を降りる? 
◇ 買い増し一途の強烈な主役だった 
◇ 債券相場は世界に残された唯一のバブル? 
◇ いつのバブルも、破裂してはじめて「バブルだった」と反省する 
◇ 年金運用がまともになる? 
◇ 資金運用に追われっ放し  
◇ 無責任な部分最適の追及が、金融バブルの一端 
◇ 世界のインフラ投資を年金マネーがお手伝いする 
◇ 30年越しの「債券万能の時代」は終ろうとしている 
◇ 債券から株式へと世界のマネーがシフトする 
◇ 世界の株式投資が大復活する 
④財産を殖やし守るには、プライベートバンキング的なしたたかさを
◇ 国の運営はますます重苦しくなる 
◇ 企業経営は軽やかでなければ生きていけない 
◇ どちらのほうが安心して見ていられるか? 
◇ 財産づくりと保全は、国に頼らない 
◇ 5世代10世代にわたって、財産を守り育ててきた
       プライベートバンクの知恵と工夫 
◇ プライベートバンキング的な財産の保全とは? 
◇ いま最大の財産保全リスクは、長期金利の上昇だが・・・ 
◇ プライベートバンキング的な投資運用とは? 
◇ 長期の財産づくりをするのに、
   どうして目先の景気動向を気にするのか? 
◇ 経済なんて、生活者の消費や企業のビジネス活動が集ったもの 
◇ 財産づくりの王様は、長期の株式投資 


第3部 株買い材料は、
      これでもかこれでもかと揃ってきている
①人口増加と世界経済の拡大成長は止められない
◇ 毎日23万人ずつ人口は増えている 
◇ 世界中の人々がより豊かな生活を求めてやまない 
◇ 企業のビジネス機会は爆発的に拡大する 
◇ 長期の株式投資が存在感を増していくはずなのだが、
         世界はマネーゲームに踊った 
◇ マネーゲーム暴走の果てに 
◇ 世界的な投資不足 ―― 長期投資マネーの出番 
◇ 世界のマネーが長期の株式投資に吸収されていく 
◇ 日本株が一番の出遅れだし、将来的にも一番おもしろい 
◇ いずれ外国人投資家が日本株を大量に買ってくる 
◇ 個人の預貯金マネーが主役として躍り出てくる 
②個別企業を見よ! 日本企業はどんどん、たくましくなっている
◇ 製造業の空洞化? 冗談じゃないよ 
◇ 低価格競争に真っ正面からぶつかっていく 
◇ いずれ世界市場で日本企業が巻き返してくる 
◇ 国内の工場は新しい任務が待っている 
◇ まったく新しい分野で、日本が世界の生産基地となる 
◇ 他の追随を許さない技術で、世界をリードする実力企業が続出する 
◇ 技術流出に鈍感すぎた反省 
◇ 技術のブラックボックス化 
◇ 円高でフニャフニャする企業ばかりではない 
◇ 円高をチャンスにしてしまう企業 
◇ 「為替変動も地域紛争も、なんでもあり」が
       グローバル企業のたくましさ
◇ 地政学リスクがあろうと、ビジネスは存在する 

◇ おわりに ◇ 

埼玉県 N.Yさん 53歳女性
2012年8月29日 11:32

澤上篤人氏は大好きです。
元気がでますし、一般人でも読みやすいです。9月からさわかみ投信で積み立てはじめます!!「長期投資でがんばります」

山口県 男性
2012年9月12日 12:00

株について書かれた本で、将来に希望が持てる内容で、正鵠を射ている本だと思います。
著者の見識を存分にだして、理解し易い中身でした。感謝しております。

山口県 F.Mさん 28歳男性
2013年1月24日 16:56

本書をこうにゅうしたのは2012年11月初旬でした。
その後、世の中は総選挙を経て本書に記載された内容が的中するような流れに向かっています。
今後もこうした本の出版を期待しています!

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/3644
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊
改訂増補 中国のことがマンガで3時間でわかる本
改訂増補 中国のことがマンガで3時間でわかる本
著者/筧 武雄/馬成三/遠藤 誠
定価/1600円+税


TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 730点突破ガイド
TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 730点突破ガイド
著者/植田 一三:編著  浅井 伸彦/上田 敏子/岩間 琢磨:著
定価/2100円+税

稼げる人が大切にしている話し方
稼げる人が大切にしている話し方
著者/栗原 典裕
定価/1400円+税

脳にこじつけて いつでも引き出す記憶術
脳にこじつけて いつでも引き出す記憶術
著者/並木 秀陸
定価/1400円+税