書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

入院中でもスラスラとすぐに読んでしまいました。 もう一度読みながら、メモをしていこうと思っています。
2017:07:24:17:22:25 2017.07.24更新
タイプ別に解決策が記載されていてシンプルに読みやすくなっていて、とてもわかりやすかったです。
2017:07:24:14:12:24 2017.07.24更新








明日香出版社について
TOPページ >>
  >>
 ビジネス書 >>
 とっとと儲けてサッサと勝ち逃げ! 信用取引の始め方・儲け方
ビジネス書
とっとと儲けてサッサと勝ち逃げ! 信用取引の始め方・儲け方
とっとと儲けてサッサと勝ち逃げ! 信用取引の始め方・儲け方
この本の感想を書く
著 者
阿部 智沙子
定 価
1600円+税
初版発行
2013.7.18
ISBN
978-4-7569-1636-5
ページ
版 型
B6並製

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次

再び「株」をやってみようか、と考えている方へ

1章  とっとと儲けたい人に信用取引が「使える!」
ガッポリ儲ける? ガッチリ儲ける?
「信用取引」は儲かる? 危ない?
資産として「持つ」株か、「仕入れて売る」ための株か
小回りをきかせて利益を積み上げられる信用取引
「信用取引」のキホンのキホン
「信用で」お金や株券を借りて売り買いする
借りたお金を返す方法には2通りのやり方がある
「借りて売った株」を返す方法も2通り
信用買いも信用売りも「買値より売値が高い」ならば儲かる
いろいろある! 「信用ならでは」のメリット
〝ならでは〟メリット① 持っていない株でも売ることができる
〝ならでは〟メリット② 手持ち資金以上の取引ができる
〝ならでは〟メリット③ 塩漬け株でさえ役に立つ存在になる
「取引が活発なときに」「短期で売り買い」がイイ
収益のチャンスが多いときこそ信用取引の出番
〝まったり派〟に信用取引が向かない理由
「信用取引はアブナイ」と言われるのはなぜ?
売買するのは、現物の人も信用の人も「同じ株」
「ガッポリ」は狙わずに「とっとと」手堅くいこう

2章  いかにも面倒そうな信用取引のしくみを15分で理解する
信用デビューまでのハードルは意外と低い
専用口座はウェブ上で申し込み完了。数日後には「取引開始」
口座ができると預けてある株式やMRFが自動的に担保になる
「制度?」「一般?」違いはどこにある??
信用取引には2つの種類がある
なぜ一般信用では「売り」ができないのか
100万円の取引に必要な担保はいくら?
「最大で担保の額の約3倍の取引ができる」の意味
担保に差し入れる額の最低ラインは30万円
「取引できる最大額」は毎日コロコロ変わる
次々売り買いして返済しないでいると取引できる額は減る
借りたお金や株券を返せば、取引できる額も回復する
担保にしている株券の値上がり・値下がりも影響する
こうなると「追加で保証金を入れろ」コール!
〝現状維持〟するためには条件がある
いつまでに、いくら入金すればいいのか
これぞ「追い証に次ぐ追い証」の地獄絵図

3章  無視できない!「借りる」がゆえのコスト諸々
手数料は現物取引よりもおトク感あり
2つの手数料プランを取引スタイルに合わせて使い分ける
何かとメリットが大きい「手数料ゼロ」
「お金を借りる」となれば、もちろん金利がかかる
年利は預貯金の実に100倍超。日割り分が毎日累積していく
信用売りには「貸株料」。場合によっては「逆日歩」がかかる
貸株料は1・1%または1・15%がポピュラー
事前にはわからない信用売りのコスト「逆日歩」
知らず知らずのうちにこんな費用も取られる
返済せずに持ち続けていると1か月ごとにかかる「事務管理費」
権利確定日をはさんで信用買いしている人は「名義書換料」
信用売りをしている人は「信用取引配当金」を支払う

4章  「とっとと儲ける」信用売り買い活用法
市場全体がどの方向に進んでいるか。まずトレンドを見る
市場全体の方向性がはっきりしているときがチャンス!
買う銘柄は「買われている銘柄」の中から探す
動きが冴えない銘柄は相手にしないほうがいい
「買われている銘柄」を探す超カンタンな方法
焦らず慌てず。買うなら〝押し目〟で待ち伏せる
より有利な値段で上昇トレンドに乗る策を考える
「指値注文入れっぱなし」は速い株価の動きの対応策
うまく押し目で買えた。で、どうなったら売る?
株価の動きに応じた利益確定の考え方
①株価が予想通り再上昇
②株価が下がった/もみ合いで動かないとき
売り買いの使い分けで「1日でとっとと店じまい」
前日より安く寄り付いたら「買い」、高く寄り付いたら「売り」
日経平均に連動するETFを「ヘッジ」に使う策
個別株の値動きは「日経平均先物」に影響されている!?
日経平均連動型ETF「売り」で〝市場全体リスク〟を減らす
こんなとき「売り」を積極活用したい
持っている現物株を売るかどうか迷ったら「まず信用売り」
ヘッジ売りは優待銘柄の権利落ちのカバーにも使える
相場が悪いときには、言うまでもなく「売り」主体で

5章  不幸を招かない最良の策は「さっさと逃げる」
強気相場の大転換がもたらす惨劇
「下降トレンドなのに買いまくる」という危険行為
大きな上昇トレンドの中で「押し目買い」の成功体験が危険を呼ぶ
相場の「天井」を捉えることはできないのはなぜか
天井を察知して「さっさと逃げる」ことが資産を増やす最重要ポイント
株価チャートをもってしても「天井」を捉えるのは難しい
日経平均株価が上がっていても「市場全体がいい」とは限らない
これが天井圏を暗示する警戒シグナル
〝痛んでいる投資家〟が増えている状況はかなりマズイ
じつはあなた自身の損益が市場の変調を物語っている
被害を抑えてさっさと逃げる!
市場の矛盾を察知したら「個別銘柄売り+ETF買い」の策も
大ショックで市場急落。とにかく買い建玉をできるだけ減らす
いつも身軽にしておけば〝まさか〟のときに逃げやすい
6章 信用取引の関連情報に先行きを予測する手掛かりがある
「信用取引の残高」から〝これから〟を読む
「買い」の残高、「売り」の残高が意味するもの
東証が毎週発表する信用残高データで「売り圧力」「買い圧力」を見る
「もっと早く知りたい」なら証券金融会社の情報を見る
相場の天底予測にも使える「評価損益率」とは
信用残高の数字には2つのパターンがある
日経平均株価との〝乖離〟はトレンド変化の兆しか?
「信用規制」が相場に大影響を与えることもある
担保の増額や保証金にする株券に制限が加えられる
保証金にしている現物株が「掛け目ゼロ」になるとどうなる?
将来、ラクに大儲けするために

横山
2013年10月 3日 13:35

現在、イタリア国ミラノ市に在住しておりますため、日本の書店でこの本を購入することが出来ません。 インターネットで購読したいのですが、可能でしょうか。 あるいは、送料は負担いたしますので、郵送していただけますでしょうか。
ご連絡をお待ちしております。

富山県 T.Dさん 27歳 男性
2015年5月20日 15:51

信用取引に対する考えが変わり、リスク管理をしっかりと行った上で信用取引をしてみようと思った。

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/3967
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊
松下幸之助のことがマンガで3時間でわかる本
松下幸之助のことがマンガで3時間でわかる本
著者/吉田 浩
定価/1500円+税

ビジネスマンのための、いつも「ぐっすり」眠れる本
ビジネスマンのための、いつも「ぐっすり」眠れる本
著者/著:岡本 八大  監修:白濱 龍太郎
定価/1400円+税

CD BOOK 台湾語が1週間でいとも簡単に話せるようになる本
CD BOOK 台湾語が1週間でいとも簡単に話せるようになる本
著者/著:趙 怡華  監修:陳 豐惠
定価/1600円+税

相続のことがマンガで3時間でわかる本
相続のことがマンガで3時間でわかる本
著者/西原崇/山内亘/山田麻美
定価/1500円+税