明日香出版社について
TOPページ >>
  >>
 ビジネス書 >>
 その時、あなたの預貯金は本当に安全か?
ビジネス書
その時、あなたの預貯金は本当に安全か?
その時、あなたの預貯金は本当に安全か?
この本の感想を書く
著 者
澤上 篤人
定 価
1500円+税
初版発行
2016.4.21
ISBN
978-4-7569-1831-4
ページ
(312)
版 型
B6並製

・紹介文

澤上先生が教える、資産防衛術。
経済など時代背景に絡めて、資産形成としての投資をすすめる。

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次

◇◆◇ はじめに ◇◆◇                     

序  章 マイナス金利の衝撃!
◆ いよいよマイナス金利                     
◆ 金利は経済活動の原動力なんだけどね             
◆ ともあれ、マイナス金利に舵を切った              
◆ 運用ビジネスには大いなるマイナス材料             
◆ 家計にも、しわ寄せが……                   
◆ さすがに、預貯金のマイナス利子はなかろう           
◆ 日本中の現金は94兆円ほどしかないの知ってる?         
◆ 預貯金に迫りくる「リスク」                   


第 1 章 「預貯金安全神話」の大前提がゆらぎ始めた

1 預貯金に凝り固まって、家計も日本経済も大損している
◆ 通帳をみるのもイヤ、どうせ利子なんて大したことないのだから  
◆ 超低金利そしてゼロ金利は、もう22年になる           
◆ あなたの預貯金、利子はどのくらい?              
◆ 個人マネーが眠る預貯金は、世界最大の「もったいない!」    
◆ だから、日本経済はダメになる一途なのだ            
◆ ゼロ金利は日本経済にマイナスでしかない            

2 「預貯金で財産づくり」は、大いなるウソ
◆ 預貯金の利息 ?? これって「カス」なのよ            
◆ カスでは、財産は殖えない                   
◆ では、どうして預貯金は財産づくりの柱とされてきたのか?    
◆ この25年間、国民の所得は増えていない             
◆ 経済の成熟化で耐久財への消費が減り、預貯金は膨れ上がる一途に  
◆ 日本人の貯蓄信仰は政策的につくられてきたもの         
◆ 国の政策に従順に従う国民性で、完璧に機能した間接金融システム  
◆ 貯蓄信仰は、もう捨てよう                   


第 2 章 あなたの預貯金に迫っているこれだけのリスク

1 いろいろ試練が迫っている銀行経営
◆ 不良債権処理が終わって、もう銀行経営は万全?        
◆ 企業倒産はひんぱんに発生する                
◆ 銀行経営はかなり難しくなってきた              
◆ 金利が上昇に転じたら、破産企業が続出する          
◆ 国債の値崩れから暴落は、もう時間の問題           
◆ 住宅ローン破たんが続出する                  
◆ ペイオフなんて信じないこと                  

2 いよいよ始まった預貯金の食い潰し
◆ 貯蓄ゼロの世帯は3割を超えてきた               
◆ 日本の家計貯蓄率は、いよいよマイナス圏に突入してきた     
◆ 家計貯蓄率は、マイナス圏をどんどん下がっていこう       
◆ この現象を甘くみてはいけない                 
◆ 個人や家計の金融資産はみるみる減っていく           


第 3 章 日本の財政、黄信号の点滅が早くなってきた

1 もはや「八方ふさがり」の国家財政
◆ いまは昔                           
◆ 国の予算は膨れ上がる一途となっている             
◆ 年金や医療費不足を、ずっと税金で補ってはいるが……      
◆ 国債費も不気味な存在となってきている             
◆ 国家予算の57%が社会保障費と国債費という異常さ       
◆ これだけヒドい国家財政、いつまで保つのか?          
◆ マイナス金利で日本の国家財政はさらに不健全に         

2 もう金利上昇の流れは止められない
◆ 過去には、4カ月で4%の金利急上昇の例も           
◆ 日銀が金利上昇を抑え込むから大丈夫?             
◆ やはり、日本の財政は破たんする?               
◆ やはり、インフレ? それも、ハイパーインフレか?        
◆ インフレで国の財政は改善する?                


第 4 章 不気味に進むユデガエル現象と成熟経済での生き方

1 25年の長期低迷、その理由はこれだ!
◆ なんとかなるだろうの淡い期待で、25年やってきたが……     
◆ かつては皆が幸せな右肩上がり三角形だった           
◆ その右肩上がり三角形が消滅してしまった            
◆ 「甘え体質」、これが低迷の元凶だ                
◆ 自助自立の精神こそが、右肩上がり三角形の原点なのに      
◆ 頑張っている企業や個人は、日本中あちこちにいる        
◆ 自助努力を忘れ、他力本願となって、徐々にユデ上がっていく   
◆ ユデガエル状況を断ち切らなければ               

2 社会に根を張るゾンビたち
◆ ゾンビ資本主義                        
◆ 税金で食っているだけなのに、日本経済や社会で主役顔している  
◆ 民間企業の間でもゾンビ現象がはびこっている          

3 経済活動や社会の原点をもう一度みなおそう
◆ 日本経済は成熟化した                     
◆ 成熟経済では、それぞれ自分はどう生きていくかが問われる    
◆ 企業も同じこと、自社はどう生きていくかだ           
◆ どうして成熟経済の企業経営はすごくダイナミックなのか?    
◆ 新しいビジネスがどんどん生まれてくる             

4 成熟経済では働き方も違ってくる
◆ 安穏としている人間など、これからは役に立たない        
◆ こんな人材が欲しい                      


第 5 章 長期投資で財産と生活を守るのだ

1 経済低迷でも長期投資こそが資産防衛の早道
◆ 70年代の英国や米国はひどい状況だった             
◆ 経済がマイナス成長でも長期投資は成果を出せる         
◆ では、企業が成長しなかったら、長期投資家もお手上げか?    
◆ 利益の伸びがなくても、長期投資はできる            
◆ 下がったら買い、上がったら売るのリズムこそ、長期投資の命   
◆ これで、長期投資はでき上がり                 

2 暴落相場はゴキゲンの買い増しチャンス
◆ 暴落相場は長期投資家の味方                  
◆ 暴落相場を買うとして、いつ上がるかわからないのでは?     
◆ 積立て投資をしていると、相場の暴落が楽しみとなる       
◆ とにかくファイナンシャル・インデペンデンスまでいってしまおう  


第6章 皆が知らない本当の財産づくり

1 プライベートバンクが誇ってきた運用の基本精神
◆ 最近は、プライベートバンキングが大流行             
◆ 本当のプライベートバンキング・サービスとは            
◆ 顧客と長くおつき合いする                    
◆ プライベートバンクにも時代の流れ                 

2 財産を保全しつつ、殖やしていこう
◆ いざという時に現金化できなくては財産とはいえない         
◆ 財産の保全には順番がある                     

◇◆◇ おわりに ◇◆◇                       

奈良県 S.Tさん 60歳 男性
2016年5月 2日 14:47

澤上氏の話は、長年全くブレなくて、安心信頼できる、
私も出来る限り投資をして、どれほどのリターンが将来生まれるか、確認したい。
それが楽しみ。

岐阜県 F.Nさん 53歳 男性
2016年6月30日 14:27

購入の決め手は作者。
実際に読んでみて納得がいった。

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/5284
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊
イラストでわかる 中学英語
イラストでわかる 中学英語
著者/河原 千夜子
定価/1400円+税

1分で打ち解ける! 戦略的な雑談術
1分で打ち解ける! 戦略的な雑談術
著者/伊庭 正康
定価/1400円+税


仕事ができる人の最高の時間術
仕事ができる人の最高の時間術
著者/田路 カズヤ
定価/1500円+税