書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

字ばかりがギッシリと記載されていなかった。 解説がわかりやすく、英語を勉強する気がでた。
2016:12:08:10:51:59 2016.12.08更新
6年女子が 理科好き、本を読むのが好きな子なので、読書として使えそうなので購入。 解説→問題→得話と
2016:12:08:10:29:16 2016.12.08更新






明日香出版社について
TOPページ >>
 ビジネス書 >>
 マネジメント・経営管理 >>
 なぜ会社は大きくすると潰れるのか
マネジメント・経営管理
なぜ会社は大きくすると潰れるのか
なぜ会社は大きくすると潰れるのか
この本の感想を書く
著 者
不破 俊輔
定 価
1600円+税
初版発行
2008.5.12
ISBN
ISBN978-4-7569-1193-3
ページ
268
版 型
B6並製

・紹介文

創業したときの300倍の売上を記録した会社がなぜ10年余りのうちに自己破産へ追いやられてしまったのか。生々しい実録を元に、会社を潰さないための考え方を身につける。

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次


第1章 会社を大きくするということ
 ■ NHK『クローズアップ現代』などで破産企業の代表として放映される
 ■ 北海道の経済の現実
 ■ 人は「何もかもたくぎん破たんのせい」というが
 ■「NHKはたくぎん破たんと北海道経済をどうむすびつけるのか」
 ■ 建設業における「本社」と「本店」の意味
 ■ 一度の取材でNHKに3度登場
 ■ 反響の大きさにおののく

第2章 会社の上り坂、下り坂、まさか坂
 ■ 田中管工株式会社・上り坂のころ
 ■ 設備業というもの
 ■「拡張と内部保留」のバランスをどうとるか
 ■ 成功した「札幌進出」で「内部留保」蓄積に失敗
 ■「まさか坂」の放火
 ■「息子の入社は中小企業の担保だ」
 ■ 跡を継いだ息子は「やりすぎ」でちょうどいい
 ■「社長の思い、子に通じず」
 ■ 会社が傾くとともに、親子間にもスキマ風
 ■ 経営者は会社に命をかける

第3章 どんな経営も時の流れには勝てない
(1)いつの時代も経営は政治に左右させられる
 ■ 二〇〇一年度予算が「行政不況」のひきがねか
 ■「営業活動・談合が変わった」
 ■ あるべき取締役会とは
 ■ 経営者の資質(経営者能力=competency)
 ■ 取締役の資格
 ■ 提案のない役員会に意義はあるのか
 ■「全会一致の幻想」から目覚めよ
 ■ 活路を求めて「東京営業所拡充」へ
(2)「まさか坂」の次にまたまた「まさか坂」税務署の来襲

第4章 リストラの日々 手をうったこと
(1)解雇に入る
 ■ さらに大幅なスリム化に着手
 ■「社員25%カットではなく、75%カットをやるべきだった」かも
 ■ 東京支店担当で「うつ」に
 ■ 銀行とのかけひきで、財務と営業が対立
 ■ 「息子を会社に入れるんでなかった」
(2)組織・人事・管理職
 ■ 軌道修正には「内部留保」が不可欠
 ■ 金喰い虫の「社内IT」投資
 ■ 人を見ることの難しさ
 ■ 工事部門の責任者を任せてみたが
 ■ 現場に必要なのは『浪花節』経営だ
 ■ 最後は、人間性の問題だ
(3)「日米年次改革要望書」出身の法規制乱発
 ■「息子の心はすでに沖縄にあった」

第5章 自己破産へ どうなる! どうする!
(1)破局前のドタバタ、ジタバタ
 ■「専務が役員会で暴れるらしい」
 ■ 息子と部長は「自己破産」を検討
(2)破産を決断した日
 ■ 破産にするにも一千万円かかる!
 ■「身内への借金返済も法にふれる」
 ■ 銀行にも社員にも取引先にも内密で準備
 ■ 倒産宣言の臨時役員会であわてる役員
 ■ 給与2か月分振りこんでから全員に「解雇通告」

第6章 破産するとどうなるか
(1)新聞に報道され、温泉へ避難
 ■ 破産手続開始申立て
 ■ 札幌地裁で審尋(しんじん)を受ける
 ■ 破産申立弁護人と破産管財人
(2)社員の再就職と社員の気持『でも、いい会社でしたね』
 ■ 破産後の鬱々(うつうつ)たる日々をいかに過ごすべきか
 ■ 破産して知る、「商売の恐ろしさ」
 ■ 妻に申し訳ない。その妻に救われている
(3)否認対象行為 資金繰りのためにお金を貸してくれた姉への返済を否認される
 ■ 否認された全額(二九○○万円)は和解で一二○万円ですんだ
(4)債権者会議
 ■ 自己破産をして困ること

第7章 再出発
(1)父と子の再出発、息子は沖縄へ
(2)「失敗学」としてのまとめ

おわりに

長野県 K.Sさん
2009年7月 2日 21:27

経営者の責任について、破産の重要な事項をドキュメンタリータッチで、わかりやすい著書でした。企業の社会的責任と人生への思いがよくわかりました。

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/269
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
著者/横山 信治
定価/1400円+税

改訂版 はじめての会社経営100問100答
改訂版 はじめての会社経営100問100答
著者/出口秀樹税理士事務所:編著  出口 秀樹/福澤 康弘/中村 明博:著
定価/1600円+税


やり抜く技術
やり抜く技術
著者/伊東 泰司
定価/1500円+税

CD BOOK 超英語思考トレーニング
CD BOOK 超英語思考トレーニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1600円+税