明日香出版社について
TOPページ >>
  >>
 ビジネス書 >>
 小さな会社の社長の勝ち方
ビジネス書
小さな会社の社長の勝ち方
小さな会社の社長の勝ち方
この本の感想を書く
著 者
井上 達也
定 価
1500円+税
初版発行
2015.3.9
ISBN
978-4-7569-1759-1
ページ
256
版 型
B6並製

・紹介文

まったくのゼロからのスタートで、25年以上社長業にあたり、業界では知らぬものなしと言われるまで、会社を成長させた。
自身の経験やさまざまな社長を見てきた経験から、経営の鉄則を紹介していく。

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次

はじめに


第1章 会社が潰れるのは「売れないから」だけじゃない

    ルーズな社長とは取引をしない
    新しい取引先には細心の注意を
    あなたのまわりには詐欺師がたくさんいる
    ・詐欺のおかげで空中分解
    ・預金口座は分散する
    ・お金が人を変える
    社員が勝手にルールをつくる
    常識が違う人とは戦わない
    ・モンスターの急増
    ・クレーマーから社員を守る
    ・お客様を攻撃するお客様もいる
    会社経営は短期決戦ではない
    ・マージンは経費なの
    ・交渉の意味とは
    ・美しさに頼らない
    ・イメージは自分のため
    船長は沈没前に乗組員をボートで逃がすのが役目
    Column いろいろな人にアドバイスをする理由


第2章 会社を危うくする「誘惑」に打ち勝つ

    慢心の誘惑
    ・成功に終わりはない
    ・頭が良い人は腐るほどいる
    信念の誘惑
    節税の誘惑
    ・セコイ社長に人望なし
    ・税金を払わないと倒産する確率が高まる
    妻のお金の誘惑
    全国展開の誘惑
    ・飛び回る人に利益なし
    ・足場を固める
    みんなで起業の誘惑
    ・会社の生存率はあまり気にしない
    ・さぁみんなで一緒に会社を立ち上げよう
    ・親族と起業する
    社員愛の誘惑
    ・社員を信頼しても溺愛してはいけない
    継続の誘惑
    情報収集の誘惑
    経営者仲間の誘惑
    裁判の誘惑
    ・裁判は損
    ・高額な請求額なら有力な弁護士に依頼する
    ・訴えられたら必ず弁護士を頼む
    サラリーマンおじいさんの誘惑
    おしゃれの誘惑
    小銭の誘惑
    品揃えの誘惑
    雇用の誘惑
    禁止の誘惑
    お金の誘惑
    自殺の誘惑
    Column 情がなかなか難しい


第3章 「大きな会社」に勝つための小さな会社の戦い方

    銀行は支援機関ではない
    ・銀行選びは慎重に
    ・銀行の融資窓口に立ったら負け
    ・信用調査会社との付き合い方
    大きな組織との戦い方
    ・大きな会社とはFAXで戦う
    ・サラリーマンの弱点
    大企業との契約
    ・短気は損気
    ・大企業との契約は弁護士に依頼する
    市場調査より、まずやってみること
    ベンチャーキャピタルとの契約
    メーカーは販売店の利益も考える
    新商品の出し方
    ・新しいカテゴリーのものは売れない
    ・過渡期は結構長い
    Column レベルの低い社長からのアドバイスは話半分で聞く


第4章 もっともらしいことを疑う

    人脈づくりはパーティなのか
    ・インチキな人脈に惑わされない
    ・人脈は儲けさせてあげることで増えていく
    ・やばい社長は人脈でわかる
    ・てめえの腹を割らない奴に本当のことなんか言えるわけねぇだろ
    誰も疑わないことは結構怪しい
    ・報道されない真実もある
    日本人は集団行動が得意?
    それは本当に当たり前なのか
    結局、見た目だったりする
    ・小さな会社こそ見た目が大切
    ・写真にこだわる
    チャンスと勘
    ・チャンスの女神には長い後ろ髪がある
    ・商売は「勘」かもしれない
    ・勘を養う
    Column 偏見なく考える


第5章 本質をつかむ

    怒りが本質を見失わせる
    経営理念の本質とは社長の生きざま全て
    営業の本質
    常に本質とは何かと自問自答する
    Column アマゾンでの本の買い方


第6章 大きな会社になるために

    社長がすべき仕事はふたつだけ
    ・社長は何でもやる人
    ・現在と未来の仕事
    大きくなる会社と大きくならない会社の違い
    ・大きくなる会社は社員がお金の決裁権を持っている
    ・太鼓持ちの撲滅と本当のことを言う社員の育成
    ・利益は大きさ・スピード・長さで考える
    ・自分より頭の良い社員を採用する
    ・女性社員を採用する
    ・社員をだまさない
    ・損する激励は通じない
    ・社員に軽蔑されることはしない
    ・恨まれない
    ・人のやることは7割くらいで考える
    ・社長も『報連相』が必要
    ・ビジネスは交換作業
    ・税理士はケチらない
    会社を大きくするターニングポイント
    Column あなたの社長力はどのくらい? 


第7章 未来を予測して行動する

    未来は身近でわかる
    ・20年後の業界の姿を逆算する
    ・みんなの心配事は結構、正しい
    ・小さな会社に大チャンスが訪れる
    成功は人によって違う

檄                     

岐阜県 匿名希望 
2015年5月20日 15:41

読み応えがありました。
地に足のついた考え方は大変参考になりました。

愛知県 K.Hさん 男性
2015年7月23日 18:21

起業して1年、不安と闘いながら頑張ってきましたが、この本を読み、すばらしい知恵と勇気をいただきました。
これからの事業に必須のバイブルとなりました。
ありがとうございました。

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/4548
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊

人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
著者/鳥谷 朝代
定価/1400円+税

西郷隆盛その生涯
西郷隆盛その生涯
著者/不破 俊輔
定価/1500円+税

世界標準の仕事の教科書
世界標準の仕事の教科書
著者/福留 浩太郎
定価/1400円+税

CD BOOK 超英語思考リスニング
CD BOOK 超英語思考リスニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1650円+税