明日香出版社について
TOPページ >>
  >>
 ビジネス書 >>
 なぜか必ず目標達成できるチームがやっている7つのこと
ビジネス書
なぜか必ず目標達成できるチームがやっている7つのこと
なぜか必ず目標達成できるチームがやっている7つのこと
この本の感想を書くファンレター/質問する
著 者
稲葉 豊茂/石谷 慎悟
定 価
1500円+税
初版発行
2013.12.9
ISBN
978-4-7569-1662-4
ページ
232
版 型
B6並製

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次

序 章 目標達成するために必要な7つのこととは
第1章 チームが迷わないように〝目的・目標を描く〟
1 〝想い〟を認識する
2 〝想い〟を言葉にしてみる
3 〝想い〟を絵で描く
4 〝想い〟を何で測るか決める
5 〝想い〟の数量(目標値)を決める

第2章 メンバーの心をわしづかみにする
1 どのような仲間が必要か?
2 反対者は理解者
3 メンバーのやる気を引き出す
4 共鳴する、共鳴される
5 想いが完全に揃うことはない

第3章 何をするか決めて動く
1 現在の値を把握する
2 埋めるべき差を明確にする
3 差を埋めるために行うことを洗い出す
4 何を実施するか決める
5 作業が行われているか計測する方法
6 行うべき数量(基準値)を決める

第4章 ショート・ミーティングを行う

1 仲間が集まることで〝場〟ができる
2 集まる目的を明示する
3 毎日、短い時間(5~10分)で必ず行う
4 立って行う
5 ミーティングのアジェンダを明確にする
6 全員が発言し協力する仕掛けをつくる
7 本当に集まれないか考える

第5章 作業を見える化し、障害をとり除く
1 その瞬間で起こっていることを把握する
2 各自が行うべき作業を書き出す
3 作業の状態を定義する
4 状態の変化が見える仕組みをつくる
5 正常を定義し、異常を捉える
6 障害を排除する

第6章 〝改善管理サイクル〟を回し、やり方を変えていく
1 問題を正しく認識し、課題を設定する
2 事実を把握する
3 改善目標を設定する
4 原因を追究する
5 解決策を立案する
6 実施計画を立てる
7 実施して、効果を評価する
8 標準化し、定着させる

第7章 〝経過の見える化〟で進捗を管理する
1 経過は〝見える化〟で受け止める
2 行動と結果の連動性を確かめる
3 経過の値だけで一喜一憂しない
4 見えない影響に敏感でいる
5 重要なのは想いを実現すること


終 章 〝目標管理サイクル〟と〝改善管理サイクル〟を極める
1 PDCAサイクルはひとつではない
2 〝目標管理サイクル〟でチームを導く
3 〝改善管理サイクル〟で確実に進める
4 2つのサイクルで成長する
5 サイクルをメンバーに渡していく

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/4067
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊

人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
著者/鳥谷 朝代
定価/1400円+税

西郷隆盛その生涯
西郷隆盛その生涯
著者/不破 俊輔
定価/1500円+税

世界標準の仕事の教科書
世界標準の仕事の教科書
著者/福留 浩太郎
定価/1400円+税

CD BOOK 超英語思考リスニング
CD BOOK 超英語思考リスニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1650円+税