書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

英語を習得できた人たちが、 どうやって英語をモノにしていったが、わかって、 とても面白かった。
2017:12:26:15:18:27 2017.12.26更新
かなり簡潔に説明されていたため、短時間で自分のだめな習慣を把握でき、良かった。
2017:12:26:14:51:55 2017.12.26更新









明日香出版社について
TOPページ >>
  >>
 ビジネス書 >>
 あたりまえだけどなかなかできない 60歳からのルール
ビジネス書
あたりまえだけどなかなかできない 60歳からのルール
あたりまえだけどなかなかできない 60歳からのルール
この本の感想を書くファンレター/質問する
著 者
古川 裕倫
定 価
1400円+税
初版発行
2018.1.15
ISBN
978-4-7569-1946-5
ページ
208
版 型
B6並製

・紹介文

定年後も働くのも人生、
リタイアーするのももちろん人生。
ではあるが、やはり働くと充実度が増す。
60代は新たな人生選択のとき。
これからどう生きよう、と思う50代後半~60代に向けて
人生のアニキが等身大で語りかける。

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次

1章やりたいことだけする生き方
定年を楽しく待とう
人生は短いからやりがいがある
今日1日しかないと思って生きよう
時間は年とともに加速する
これから1日をどう過ごすか考えてみよう
"やりきったから、何もしないという選択"
引きこもりにならない
現役時代にイヤだったことから解放される
"お金がなくても幸せな生活も、ある"
幸運よりも幸福を求めていこう
イヤなことは忘れてしまおう
"今やって失敗するのと、やらずに後悔するのとどちらがいい?"

2章 サラリーマン生活からの卒業と新生活の工夫
「○○会社の□□」から卒業する
退職前から準備をしておくこと(年功序列制を忘れる)
退職前から準備をしておくこと(部下とのつき合い方)
退職前から準備をしておくこと(パソコンスキル)
大企業病から脱する
自分を好きに管理しよう
新聞を読むのは朝イチでなくていい
昼から飲んでもいい。早く帰ろう
自前の名刺を持とう
自分の組織を作ればいい

3章 「働く」を楽しむ
イヤな野郎にゴマをすらないでいい働き方をしよう
最近ハヤりの顧問契約でワクワクを取り戻せるか
「ぶら下がり社員」にならない
役職定年制を見返そう
学歴「逆」詐称もいい
若手に感謝される働き方をしよう
生涯現役でピンピンコロリを目指そう
"働き、学ぶがまた楽しい"
60歳からの働く人の幸福3か条
働く喜びを得る
志高く働く
どっち向いて戦うか

4章 今だからできる挑戦
失敗を恐れて新しいことに挑戦する
"いくつになっても夢を持ち、行動しよう"
死ぬまでにやりたいことを持ち続ける
60歳からの人生計画
小さく起業してみる
好きなところに単身移住する
外国に住むのもいい
習うなら作品や成果をアウトプットしよう
SNSに取り組んでみよう
友を集める発信をしよう
自分を定義し直す
新しい人脈を作ろう

5章 好かれるオッサンになる
「晩節を汚さず」の意味を知っておこう
「最近の若いやつ」からの意見にも聞く耳を持とう
利害関係のない友を作ろう
益者三友損者三友
淡交のすゝめ
60歳からの新しいルールとマナー
キレるジジイにはなるな
聞く我慢もしよう
"広がっていく人、萎んでいく人の違いを知っておこう"
今さら~しない(否定形)VS今から~する(肯定形)
素の自分をさらけ出そう

6章 一章持てる学びと遊び
歳をとっても学んでいる人は幸せで楽しい
60歳からの読書のすゝめ
どんな本をどう読めばいいか
良書のすゝめ
幸福論を読んでみよう
下問を恥じず
吉田兼好に学ぶ季節の楽しみ方
学びや趣味の後の一杯を楽しむ
温泉での命の洗濯
遠出と近場の旅を楽しむ
女性との飲み会を大いにやろう

7章 「老い」とのつき合い方
老いの兆し「忘れる」
老いの兆し「探す」
老いの兆し「バランス感覚」
メタボな体と上手につき合う
きもち運動のすゝめ
毎日を大切に生きるために自己コントロールの「見える化」をする
必要なリスクマネージメント
早めに断捨離を始めよう
"親を介護するなら、一緒に自分の行く末を考えよう"
子どもの世話にはならない
やめることも考え始めよう
借金は墓場まで持って行く
60歳からの酒とのつき合い方

8章 家族と社会に遺すもの
家を手放す
株と競馬には手を出すな
家族とも「淡交」がいい
子どもに立派な友人を紹介する
始めること(社会貢献)隠徳を積む
"徳は孤ならず、かならず隣あり"
今後のことを言葉に遺す

あとがき

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/6315
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊
「すぐやる人」のノート術
「すぐやる人」のノート術
著者/塚本 亮
定価/1400円+税




CD BOOK イギリス英語フレーズブック
CD BOOK イギリス英語フレーズブック
著者/ジュミック今井
定価/2700円+税