書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

字ばかりがギッシリと記載されていなかった。 解説がわかりやすく、英語を勉強する気がでた。
2016:12:08:10:51:59 2016.12.08更新
6年女子が 理科好き、本を読むのが好きな子なので、読書として使えそうなので購入。 解説→問題→得話と
2016:12:08:10:29:16 2016.12.08更新






明日香出版社について
TOPページ >>
  >>
 ビジネス書 >>
 残業ゼロだからこそ目標達成!! 本気でやるチーム時短術
ビジネス書
残業ゼロだからこそ目標達成!! 本気でやるチーム時短術
残業ゼロだからこそ目標達成!! 本気でやるチーム時短術
この本の感想を書くファンレター/質問する
著 者
伊庭 正康
定 価
1500円+税
初版発行
2016.5.19
ISBN
978-4-7569-1835-2
ページ
192
版 型
B6並製

・紹介文

短時間で成果を上げるよう、チームは工夫しているけれど、なかなか残業時間は減る様子もない。
時短で成果を上げる方針をチームに浸透させ、1人1人のパフォーマンスを高めていくために、
現場リーダーはどのように考え、マネジメントしていくべきなのか。
リーダーシップを発揮し、部下の主体性を引き出しながら、たのしく「時短」を進める方法を、
著者自身の体験談や実例を交えながら紹介。

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次

はじめに

Chapter1 「成果を出す時短」をメンバーに理解させる
01 できるリーダーは、ワークライフバランスのためと言わない。
02 まず、「なんとかしなきゃマズイ」と思わせる。
03〝例外のルール”を決める。  
04「残業ゼロ」を目指さない。  
05 やることを1つに絞る。  
06 1人ひとりに役割を与える。  
07 デスクのパソコンに”旗”を立てる。
08 お手製のポスターをつくる。

Chapter2 今すぐ、チームのムダを捨てるワザ
01「やめても影響のないこと」はやめる。
02「その人にしかわからない聖域」をなくす。 
03「夜の打ち合わせ」をなくす。  
04 ジャイアンのリサイタルのような会議をやめる。  
05「発言しない人」は、次から会議に呼ばない。  
06「取引先」に快諾してもらう。  
07「上司より先には帰れない」のムードにメスをいれる。  
08「直行」を奨励する。  
09 あえて、「皆勤賞」を褒めない。

Chapter3 1つ1つの「仕事のスピード」を加速させる
01「パワーポイント」を使わない。  
02「スグやります」を禁句にする。  
03「目と目の合う範囲」に座る。  
04「タイムキーパー」を決める。  
05『超』具体的なマニュアルをつくる。  
06 これだけで、月末のバタバタはなくなる。  
07 メール入力の時間を縮める。  
08 やることより「やらないこと」を決める。  
09 トヨタのように、その「移動」を0歩にする。  
10「企画書」は、セントラルキッチンで下ごしらえをする。  
11 周到な準備より、はじめの一歩を踏み出す。  
12 判断に迷ったならば、迷わず「実験」を。
13 SNSを有効に使う。

Chapter4 忙しいプレイングマネージャー必見、許される手抜き
01 口が裂けても「時間がない」とは言わない。  
02 プレマネは朝一番に出社する。  
03 自分の仕事と、リーダーの仕事の適正配分を知る。  
04 はじめの3カ月でメンバーとの信頼関係を築いておく。  
05 ランチタイムを賢く使う。  
06 メンバーから定時連絡をさせる。  
07 代行者をつくって、自分でやらないことを増やす。  
08 相手によって任せ方を変える。
09 任せても「放任」はしない。

Chapter5 新人を早く帰らせる技術
01 最初、「ムダ」なことをたくさんさせた方がいい。  
02 朝に、今日のゴールを決めさせる。  
03 中途半端な状態でも帰らせていいのか?  
04「3週間スケジュール法」で先読み力を鍛える。  
05 1日の終わりを個人に任せない。  
06「飲み会には、遅れるな」と教える。  
07 部下を「呼び捨て」にしない。

Chapter6 「時短」への挑戦を通じて、チームワークを強くする
01 コンテストをひらく。  
02 時短で成果を出したら、みんなの前で表彰する。  
03「うまく行った工夫」は、その週のうちに共有する。  
04 会議はイスに座らず、立ったままで。  
05 ハイタッチを習慣にする。  
06「サンクスキャンペーン」を仕掛ける。 
07 職場から「探しモノ」をなくす。 

Chapter7 絶対に、リバウンドさせない
01 人が不足していない時にこそ、人を募集する。  
02 記録を残し、共有する。  
03 委員会をこれ以上増やさない。  
04 言うだけでなく、評価に反映させる。  
05 時には「時短パトロール」を巡回させる。  
06 仕事のスピードが加速する〝口ぐせ〟を流行させる。

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/5340
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
著者/横山 信治
定価/1400円+税

改訂版 はじめての会社経営100問100答
改訂版 はじめての会社経営100問100答
著者/出口秀樹税理士事務所:編著  出口 秀樹/福澤 康弘/中村 明博:著
定価/1600円+税


やり抜く技術
やり抜く技術
著者/伊東 泰司
定価/1500円+税

CD BOOK 超英語思考トレーニング
CD BOOK 超英語思考トレーニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1600円+税