書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

入院中でもスラスラとすぐに読んでしまいました。 もう一度読みながら、メモをしていこうと思っています。
2017:07:24:17:22:25 2017.07.24更新
タイプ別に解決策が記載されていてシンプルに読みやすくなっていて、とてもわかりやすかったです。
2017:07:24:14:12:24 2017.07.24更新








明日香出版社について
TOPページ >>
  >>
 ビジネス書 >>
 あたりまえだけどなかなかわからない 働く人のルール
ビジネス書
あたりまえだけどなかなかわからない 働く人のルール
あたりまえだけどなかなかわからない 働く人のルール
この本の感想を書く
著 者
前川 孝雄
定 価
1300円+税
初版発行
2012.3.14
ISBN
978-4-7569-1532-0
ページ
240
版 型
B6並製

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次

1章「社会人」のキホンを理解するルール      
"デキる人への第一歩は、元気に明るく挨拶!から"
"何があっても、遅刻は厳禁"
"ファッションは、相手に不快感を与えないこと"
"メモとペンは、いつも手元に置いておこう"
敬語は英語と一緒。習うより慣れよう
脱!受け身。わからないことを質問できるのも今のうち

突然の体調不良。会社への連絡は「自分で」が原則
2章 「職場ライフのナゾ」を理解するルール
"「私用」メールはお昼休みか、退社後に"
"部長、課長…… 上司の役割を図にしてみよう"
課長を飛び越えて部長に直訴!はメンツを潰さないことが前提
"気の合う同期、親切な先輩ばかりとつるまない"
"上司より先に帰るのは周囲を観察し、一声かけてから"
デスクでコンビニ弁当は仕事中の先輩へ気使いを
営業と企画の仲が悪いのは互いの目的がズレているから
「ランチは皆で」等々妙なルールも逆に楽しもう
"表の上下関係、裏の上下関係。両方をおさえておこう"

3章 「 出世する人」を理解するルール 
安心しよう! 遠い将来が見えている人なんていない
上司や先輩の期待・要望を深く理解すること
今できることから始める。できる範囲は徐々に広がる
目先の仕事をコツコツ工夫し続けた人が最後は勝つ
耳学問より経験が大切。失敗を恐れずに挑戦しよう
朝早い人は仕事の先回りができる人
人がやりたがらない仕事こそ積極的に手を挙げよう
どんな些細な仕事にも意味を見付けよう
"キャリアとは、あとから振り返って気付くもの"
"伸びるための必須能力、「素直力」を身に付けよう"

4章 「人間関係のフシギ」を理解するルール
"相性のよい人とだけ、チームにはなれない"
「勇気を持って自己開示」が人間関係作りの第一歩
親近感を持つには上司・先輩との「共通項探し」を
喜怒哀楽をともにすれば強い絆が生まれる
信頼残高を増やせば人間関係は強くなる
怖いお局様ほど懐に飛び込もう
"相手のために行動すれば、結果、自分に返ってくる"
"フキゲンな先輩ほど、慕われ頼られれば嬉しいもの"
"若手はまず社内人脈、社外人脈は一人前になってから"
掃除のおばさんにかわいがってもらって一人前
テクニックより大切なのは「思い」と「思いやり」

5章 「上司のホンネ」を理解するルール
"上司は先生ではない。でも、部下育成は重要な仕事"
"上司の関心は、やりたい仕事より組織へ貢献してくれる仕事"
上司の頭の中はタテ社会の組織人
見た目の忙しさより上司の仕事のおもしろさに注目!
指示は細かいのに話を聞かない上司は成果を焦っている
"会社での時間軸、空間軸ともに上司の視界はあなたより広い"
部下にとって一対一でも上司にとっては一対多
あなたにかけた一言を上司は案外覚えていない
上司はあなたの助っ人ではない
上司が優しいのは実は不幸!?叱りやすい部下になろう
上司のアドバイスへの甘え過ぎにご用心
上司とて人間。完璧・万能ではない
苦手な上司ほど徹底的に報・連・相しよう

6章 「会議のイロハ」を理解するルール
会議の目的と位置付けを間違わないように
とにかく開始時間に遅れない。3分前には席につこう
若手は書記役をかって出よう
会議の前に会議は始まっている。用意周到な準備を
会議で期待されている役割を取り違えないように
参加メンバーの思惑を踏まえて発言しよう
意見には主語を。相手はどう思うかも付け加えよう
聞けなかったことを放置せず次のアクションを確認
"エレベーター、廊下…… 会議前後のちょっとした時間で雑談を"

7章 「飲み会・イベントのギモン」を理解するルール
飲み会には二種類ある。そのバランスを取ろう
上司に誘われたら学びのチャンスだ
居心地の悪い飲み会・ランチほど自分を成長させる
「無礼講」の意味には表と裏がある
場が凍るNGワードを避けるより場数をこなしていくこと
上司からのfacebook友達申請は自分を知ってもらう機会
上司の誘いに「業務ですか?」合理主義で損するのはあなた
社外の人との飲み会は会社の信用を背負う責任を持って
"セクハラ、パワハラは相談形式で自分の気持ちを伝えよう"

8章 「理不尽・ギャップのリカバー」を理解するルール
会社のやり方に問題。社長にメールだけでは解決しない
プライバシーがない職場は社会生活のトレーニングルーム
想定外の組織変更・人事異動はあたりまえと思っておこう
逆境やピンチはドラマのクライマックスだと考えよう
"失敗して叱られることより、繰り返すことをなくそう"
尊敬できない先輩や上司からでも反面教師として学べる
お客様の無理難題に理屈だけで反論するのは逆効果
断りきれない取引先からの接待で借りを貯めない
オーバーフローの仕事こそ知恵と工夫のしどころ
自分のせいじゃないクレーム対応だから株が上がる
会社のせいにする人は他人に振り回される人生を選んでいる
悔しさやコンプレックスは反骨心のバネにしてしまえ
万事休す。行き詰まったら流れに身を委ねるのも一つの手

9章 「給料・お金のツボ」を理解するルール
初任給20万円は高い? 安い? 価値を生産する立場で考えよう
あたりまえだが給料は会社の売上のなかから生まれる
若手のうちは給料をもらって学ばせてもらっている
売上はお客様の感じる「ありがとう」を測るものさし
ボーナスを次ももらえると考えないこと
手取り額に一喜一憂せず源泉徴収も意識しよう
"貯金は大切。でも、将来のためには使うべきは使う"
時には思い切り使う。後輩がびっくりするほど奢る
公的ローンは借りられるうちに借りておこう
"現在の給料より5年後、10年後の給料のほうが大切"

10章 「働く目的のエッセンス」を理解するルール
仕事を買う人が急増!? それはだれかの役に立ちたいから
お金は必要。でもお金のためだけに働き続けられない
ワークライフバランスを重視しても働きがいは得られない
ドラマより仕事は楽しい。自分が出演しているから
・楽しい・とは・・ではない。苦しいからこそ楽しい
"働くからこそ、かけがえのない出会いがあり、絆が育まれる"
夢や目標で自分を縛り過ぎない。変わっていくほうが自然だ
2~3年ごとにキャリアコンパスを見直そう
「認められたい」人間の根源的欲求が満たされる
"「働く」とは、社会とつながり自分を知っていく旅"

茨城県 S.Tさん 男性
2013年8月 9日 13:53

原因・理由が分かりやすい。読みやすい。
読む毎に、勉強になる。

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/3416
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊
松下幸之助のことがマンガで3時間でわかる本
松下幸之助のことがマンガで3時間でわかる本
著者/吉田 浩
定価/1500円+税

ビジネスマンのための、いつも「ぐっすり」眠れる本
ビジネスマンのための、いつも「ぐっすり」眠れる本
著者/著:岡本 八大  監修:白濱 龍太郎
定価/1400円+税

CD BOOK 台湾語が1週間でいとも簡単に話せるようになる本
CD BOOK 台湾語が1週間でいとも簡単に話せるようになる本
著者/著:趙 怡華  監修:陳 豐惠
定価/1600円+税

相続のことがマンガで3時間でわかる本
相続のことがマンガで3時間でわかる本
著者/西原崇/山内亘/山田麻美
定価/1500円+税