明日香出版社について
TOPページ >>
  >>
 ビジネス書 >>
 これからの教え方の教科書
ビジネス書
これからの教え方の教科書
これからの教え方の教科書
この本の感想を書く
著 者
阿部 淳一郎
定 価
1500円+税
初版発行
2017.1.16
ISBN
978-4-7569-1878-9
ページ
192
版 型
B6並製

・紹介文

部下が自分の思った通り・それ以上の行動をとって成果を出すための、教え方の本。
新人をはじめとした若者に教えていて、「どう教えたらよいかわからない」、「部下が受身で困る」といった悩みを、若手向けの教え方で解決します。
著者がコンサルタントとして見てきた企業の事例を入れていきます。

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次

はじめに


CHANGE1 どんな若手も戦力にする「教え方」とは?

1教えるとは?
自分の哲学を貫く
→ 相手によって教え方を変える
2自発的に動いてほしい
はじめから自分で考えさせる
→ まずは知識と手順を教える
3自信のない部下
「自信を持て」と気合いを入れる
→ (達成感+承認)×回数
4新人が理解してくれない
新人に精神論・抽象論を語る
→ 具体的な行動を伝える
5心がまえを伝えたい
新人に心のあり方だけを語る
→ 心のあり方を行動に翻訳して伝える
6優秀な上司ほど注意!
自分ができたことは誰でもできる
→ 誰もが自分と同じ能力を持っていない
7 人間教育をしたい
人としてのあり方ばかりを説く
→ 技術を高める手助けを通じて説く

CHANGE2 手遅れになる前に報連相にくる「信頼関係」のつくり方
1配属初日は何を話す?①
いきなり業務指示をする
→ まずは5分程度の雑談をする
2配属初日は何を話す?②
職務内容だけを細かく教える
→ 意義や育成ステップも伝える
3チームになじませたい
1人で抱え込む
→ チームの皆で教える
4信頼関係をつくる
必要最低限の業務連絡のみ
→ 小さな会話の量を増やす
5相手のやる気スイッチを知る
自分の価値観を押しつける
→ 相手のやりたいことと業務を紐づける
6やりたいことのない人
チームへの貢献を目指せ
→ 相手の得意なことと業務を紐づける

CHANGE3 自分で工夫して達成していく「目標設定」のさせ方
1すぐできないと言う部下
YES or NOで答えさせる質問をする
→ やらせる or 説明させる
2何をもって達成とする?
真面目にやったか?
→ 身についたか?
3ハードルは高く? 低く?
相手にとって低すぎる、高すぎる目標
→ 適度な不安のある目標
4目標の立て方
会社の利益だけを考えて設定
→ 会社と個人のゴールを考えて設定
5目標達成できそうにないとき
途中で目標の変更を認める
→ 一度決めた目標は、やり遂げる

CHANGE4 一度で伝わる「説明力」
1説明の基本
あいまいな説明をする
→ 「具動客ルール」で説明する
2説明の冒頭のセリフ
先の見えない説明
→ 全体のどこの部分になるかを説明
3指示と違うことをする①
言葉で説明するだけ
→ 「見せる→伝える→やらせる」
4指示と違うことをする②
自分と相手の前提は同じだ
→ 自分と相手の前提は違う
5自分からまったく動かない
「何をするか」のみ説明
→ 「なぜするか」「どうするか」も説明
6同じようなことを聞かれる
教えたことを、また質問される
→ 相手の理解度を確認する
7複雑な説明の仕方
こと細かく説明
→ たとえ話を使って説明
8伝わらない言葉
あいまいな言葉を使う
→ 具体的な言葉を使う
9大切なことを記憶に残したい
ポイントの指摘をせずに、淡々と進める
→ 問いを投げかける
10すぐ理解してくれない
言葉だけで伝える
→ 「なえしこルール」で伝える
11仕事の覚えが悪い
「一度だけ言う」とプレッシャーをかける
→ 安心感を与え、繰り返し実践させる

CHANGE5 部下の行動をよい方向に変える「叱り方」
1叱るとは?
相手の行動をよい方向に変えない「怒る」
→ 相手の行動をよい方向に変える「叱る」
2絶対にNGな叱り方
「存在」に焦点をあてて叱る
→ 「行動」に焦点をあてて叱る
3叱るタイミング
行動後しばらく経ってからチームを叱る
→ 行動してすぐに個別に叱る
4上司の顔色をうかがいすぎ
他人との比較でフィードバック
→ 過去の本人との比較でフィードバック
5部下の行動を変えたい
できなかった理由だけを掘り下げる
→ 建設的な解決策に着地させる
6叱るときの冒頭のセリフ
いきなり怒る
→ 叱る前にクッション言葉を入れる
7真剣に聴いてほしい
座る位置は真正面
→ 座る位置は右斜め
8叱る時間は?
相手を納得させようと、長時間怒る
→ 15分以内で叱る
9叱る場所は?
みんなの目がある場所で怒る
→ 会議室で1vs1で叱る
10言い訳ばかりする部下
言い訳だと切り捨てる
→ 理由に耳を傾ける
11謝るだけの部下
相手に謝らせるだけの言い方
→ 相手の聴く姿勢をつくる言い方
12ヘコんだ若手を元気づけたい
自分の武勇伝を語る
→ 共感できる失敗談から話す
13叱ったあとの振る舞い
いつまでもピリピリする
→ ひきずらない
14過度に打たれ弱い若手 ①
直接本人を叱る
→ 身代わりの人を叱る
15過度に打たれ弱い若手 ②
「そうじゃなくて」と逆接語を使う
→ 「もし私なら」と順接語を使う

CHANGE6 部下のやる気がアップする自然な「褒め方」
1褒め方の基本
何か裏がありそうな「おだてる」
→ 行動を強化する「褒める」
2褒める割合は?
結果が出たときだけ褒める
→ 1回叱るたびに3回以上褒める
3褒めたのに響かない
○○さんはすごいね
→ 私は○○さんをすごいと思っている
4意欲をさらに高めたい
よく頑張っているね
→ よく頑張っていると言ってたよ
5褒める場所は?
褒める場所はみんなの前
→ 褒める場所は2人になれるところ
6相手に響く言葉はどれ?
自分が言われて嬉しい言葉で伝える
→ 相手が言われて嬉しい言葉で伝える


おわりに


大阪府 K.Tさん
2017年5月 1日 15:15

・1つの内容が見開き両ページにてまとまっている為、すごく読みやすい。
・他社にて実際に起きたことを元に説明しており、説得力がある。

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/5734
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊
改訂増補 中国のことがマンガで3時間でわかる本
改訂増補 中国のことがマンガで3時間でわかる本
著者/筧 武雄/馬成三/遠藤 誠
定価/1600円+税


TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 730点突破ガイド
TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 730点突破ガイド
著者/植田 一三:編著  浅井 伸彦/上田 敏子/岩間 琢磨:著
定価/2100円+税

稼げる人が大切にしている話し方
稼げる人が大切にしている話し方
著者/栗原 典裕
定価/1400円+税

脳にこじつけて いつでも引き出す記憶術
脳にこじつけて いつでも引き出す記憶術
著者/並木 秀陸
定価/1400円+税